< ぐりんぱ >の検索結果 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山へサイクリング!!富士山スカイライン~白糸の滝の旅

2008-07-20 (Sun) 14:39[ 編集 ]
富士山へ・・・!

前回の井川への記事は序章に過ぎませんでした。

そう、目標は日本一の富士山!

今回僕が通ったルート藤枝~富士山の地図

注意
ネタバレになりますが、今回の記事では富士山はうつってません。

今回は藤枝市からスタート!
朝6時くらいに出発しました。
jitensyadefujisannheittao 002

宇ノ野峠を越えて静岡市、それから富士方面へ向かいます。
jitensyadefujisannheittao 005

早朝とあって車のとおりも少なく、
部活の高校生の自転車が結構走ってました。
jitensyadefujisannheittao 006

安倍川を越えていきます。
jitensyadefujisannheittao 007

この橋から富士山がよく見えるのですが、
雲で見えませんでした。
夏は雲が多くてあまり富士山が見れません。
jitensyadefujisannheittao 008

静岡市街を走ります。
静岡駅を通り過ぎます。
jitensyadefujisannheittao 009

こういった道が続きます。
信号で立ち止まることが多かった。
jitensyadefujisannheittao 010

ちょっと遅めの朝食。
すきやでうな牛を食べました。
熱中症で倒れてる人が多いので、水分は多めに、
食べるものはちゃんと食べることにしました。
jitensyadefujisannheittao 011

国一。
バイパスに出ます。東名の近く。
交通量がおおいです。
jitensyadefujisannheittao 012

清水区を超え、興津へ。
jitensyadefujisannheittao 014

バイパスは自転車が使えないので脇の道へ。
jitensyadefujisannheittao 016

ここが興津。
ここを左へ曲がると山梨、身延方面へいけます。
jitensyadefujisannheittao 020

興津川。
jitensyadefujisannheittao 021

海が見えます。
ずっと海の近くを走ってたのにここでようやく海を見ることができました。
jitensyadefujisannheittao 022

ここからは自転車で先に進めないそうです。
「太平洋自転車道を通りください」
って書いてあったけどそれってどこ?
それにもうちょっと早く書いてくれないと・・・。
少し引き返し、太平洋自転車道をさがすことに。
jitensyadefujisannheittao 023

ありました。
バイパスの横にできた道。
歩行者や自転車専用です。
jitensyadefujisannheittao 024

海のそばです。
ここって車で走ると気持ちがいいです。
jitensyadefujisannheittao 025

jitensyadefujisannheittao 026

自転車道があるだけうれしいんですが、けっこう道が悪かったです。
jitensyadefujisannheittao 027

渋滞。
ここからは自転車でいけないので、由比の町を行くことに。
jitensyadefujisannheittao 028

桜海老で有名な由比。
ここには広重美術館があります。
広重って浮世絵師の安藤広重です。
jitensyadefujisannheittao 029

この道をずっと進むと富士川の橋に出ます。
jitensyadefujisannheittao 030

けっこう水量が多いですね。
jitensyadefujisannheittao 032

富士市に入り、いよいよ富士山へ向かいます。
山道を登ります。
このへん、写真がないですが、かなりのぼりました。
jitensyadefujisannheittao 034

jitensyadefujisannheittao 035

こういった風景って和みますね。
jitensyadefujisannheittao 036

jitensyadefujisannheittao 037

この道であってるのかな・・・不安がよぎります。
富士って看板が少なく感じます。
jitensyadefujisannheittao 038

裾野方面へ走ります。
ずっと坂道です。
淡々と書いてますが、かなりきつかったです。
jitensyadefujisannheittao 039

ここで不思議な感覚になりました。
坂を上っているはずなのに下り坂を走っているような感覚になりました。
最初自転車がなぜ止まってるのかわけがわからなかったです。
jitensyadefujisannheittao 040

ところどころヒグラシが鳴いてました。
休憩中にとったヒグラシの声。


このとき、かなりきつかったです。
自分の筋力のなさが身にしみました。
富士山はまだ早かった。
もうちょっと体を鍛えてから・・・と、ちょっと後悔し、帰ろうかと思いました。

しかし、今来た道を逆戻りするのも嫌だったので
もうちょっと進むことに。
さらにすごい坂が待ってました・・・。

狭い道。
車とすれすれ、急な坂。
最悪でした。

富士山、こどもの国が見えました。
jitensyadefujisannheittao 042

富士山の周りの自然を生かしたレジャー施設です。
jitensyadefujisannheittao 043

裾野へ入ります。
jitensyadefujisannheittao 044

ここでドライブインを発見!
ここまでお店がなかったので休憩することにしました。
お昼も食べなきゃ。
サファリパークまで3キロか~。
さすがに自転車じゃ入れないだろうな。
jitensyadefujisannheittao 045

ざるそばを食べました。
こないだもそば食べたな~。
そばって力が出るのかな・・・。
jitensyadefujisannheittao 046

十分に休憩した跡、ドライブインでこの辺の地図を見せてもらいました。
このままいまきたとこを引き返すのも嫌なので
富士山スカイラインというところをとおってぐるっと回っていこうと思いました。

富士山方面へ向かいます。

この辺は別そう地でおしゃれできれいな建物がたくさんありました。
jitensyadefujisannheittao 047

避暑地らしくてとても気持ちがいいです。
標高が高いと涼しく、あまり汗も出ませんでした。
jitensyadefujisannheittao 048

赤いきつね!?
・・・ってことは緑のたぬきも!?
と、思ったのは僕だけじゃないはず。
jitensyadefujisannheittao 050

こういう別そう。
貧乏人の僕には縁がないだろうな。
jitensyadefujisannheittao 049

演習場が近くにあるらしく、大砲のような音が時々鳴り響きました。
jitensyadefujisannheittao 054

看板がありましたが何がなんだかさっぱりわかりません。
jitensyadefujisannheittao 055

大きなイヌがいる別そうがありました。
僕に吼えまくってました。
jitensyadefujisannheittao 056

モアイ像・・・
遠くまできたと思ったらこんなとこまで。
jitensyadefujisannheittao 058

さあ、進め進め~!!
jitensyadefujisannheittao 059

ぎゃあ~すごい坂!
写真ではわかりにくいですが、果てしなく続く坂道!!
jitensyadefujisannheittao 060

ここに料金所があったのかな。
jitensyadefujisannheittao 061

ここから先、地獄のような光景が待ってました。
急な上り坂がずっとずっと続くのです。
しまったと思いましたが、もう遅かったです。
曲がり角を越えるとさらに急坂。この繰り返しです。

キャンプ場の近くで写真撮影をしている家族がいて、
お父さんが僕に興味を持ったみたいで話しかけてきました。
「根性あるな~」だって。
ほめられちゃった!
本当は死にそうだったけど。
jitensyadefujisannheittao 064

料金所。
ここって有料道路だったのか。
350円。
自転車で有料道路をとおるのは初めてです。
jitensyadefujisannheittao 065

富士山はすぐそばにあるはずなのに
雲で全然見えませんでした。
jitensyadefujisannheittao 066

ゆうえんち
ぐりんぱ
jitensyadefujisannheittao 069

jitensyadefujisannheittao 070

スキー場、Yeti!!
ここきたことある!
こんなとこまで自転車でこれちゃうなんて。
感動です。誰もいませんでしたが。
このスキー場。
夜来ると夜景に向かって滑っているようで気持ちがいいんですよ。
jitensyadefujisannheittao 071

標高約1500メートル!!
jitensyadefujisannheittao 072

ちょっと休憩して先へ進みます。

富士山スカイラインへ出れば後は下り坂です。
jitensyadefujisannheittao 073

富士市方面へ向かいます。
jitensyadefujisannheittao 074

富士市に入ります。
jitensyadefujisannheittao 076

ここを右に曲がると富士山五合目。
富士登山をするときはここを通るのです。
ここからものすごい急坂を下ります。
以前、ここまで自転車で来ることを冗談で思いましたが、
まさか本当に来ることができてしまうとは!!
jitensyadefujisannheittao 077

気温21℃
涼しいはずです。
自転車をたくさんこいでも汗をかきませんでした。
このひんやり感がいいですね。
jitensyadefujisannheittao 079

さあ、くだっていきますよ!
jitensyadefujisannheittao 080

jitensyadefujisannheittao 081

急坂を下る時の動画。
その1


その2


この苔むしたような道がいいですね。
jitensyadefujisannheittao 082

かなりおりたと思いましたが、
富士の市街はまだ下のほうに。
jitensyadefujisannheittao 084

jitensyadefujisannheittao 085

このまま富士の市街まで出て帰ろうとも思いましたが・・・

今回、ここまで来たのに観光地っぽいところへ行ってないということに気がつきました。

ちょっと回り道になりますが白糸方面へ行くことにしました。
白糸といえば・・・有名なものがありますね!

途中、奇石博物館がありました。
いろいろ珍しい石が展示されてます。
昔行ったことがあります。
jitensyadefujisannheittao 086

白糸へ着いたらコンビニでアイスをかいました。
jitensyadefujisannheittao 087

観光客がたくさんいました。
jitensyadefujisannheittao 088

jitensyadefujisannheittao 089

jitensyadefujisannheittao 090

観光地らしく、お土産やがいくつかありました。
(このときは自転車をおりてます)
jitensyadefujisannheittao 091

しばらく行くと轟音が聞こえてきました。
これが音止めの滝です。
jitensyadefujisannheittao 092

あだ討ちで有名な曽我兄弟が密談をするとき、滝の音がうるさかったので
天に祈ったところ、滝の音が止まったのだとか!?
jitensyadefujisannheittao 093

↓さあ、どれほどの轟音なのか、聞いてみましょう!


音止めの滝のすぐ近くにもうひとつ滝が・・・。
jitensyadefujisannheittao 094

お土産やの近くにあるテラス。
ここから滝を見ながら食事ができるらしい。
こういうのいいですね。
jitensyadefujisannheittao 095

音止めの滝から歩いて数分。
白糸の滝へ向かいます。

見えてきました。
あれが白糸の滝。
jitensyadefujisannheittao 096

せっかくなので階段をおりて近くまで行ってみましょう。
jitensyadefujisannheittao 099

滝の近くにも売店が・・・
jitensyadefujisannheittao 100

周りの崖から水がしみだすように滝となって出てくるのです。
jitensyadefujisannheittao 101

jitensyadefujisannheittao 102

jitensyadefujisannheittao 103

「白糸」と呼ばれる由縁がわかるでしょうか?
この眺めはすばらしいです。
jitensyadefujisannheittao 106

jitensyadefujisannheittao 107

jitensyadefujisannheittao 108

jitensyadefujisannheittao 111

jitensyadefujisannheittao 113

jitensyadefujisannheittao 109

それではおまちかね(?)
白糸の滝の周囲を見渡した動画です!


白糸の滝
カメラ固定バージョン


滝の付近にいるニジマス
近くの売店の方が餌をあげたら出てきました。
jitensyadefujisannheittao 110

大きい!!
jitensyadefujisannheittao 112

おまけ
ニジマスの動画


流れ出た滝が川となって流れる・・・。
とても迫力があります。
いつまでも見ていたい・・・。
jitensyadefujisannheittao 116

もっと見ていたかったけど・・・。
帰ります。
jitensyadefujisannheittao 117

さらば。
富士山!!
今度はその姿を見せてね!
jitensyadefujisannheittao 118

まだしばらく下り坂が続きます。
富士山の上のほうにいたときに比べ、かなりじと~っとした感じ。
今日は暑い日だったことを実感。
jitensyadefujisannheittao 119

おぉ!
富士宮やきそばだ!
B級グルメ日本一のやつです!!
静岡県は富士宮やきそば。
静岡市のおでん。
浜松市の餃子(消費量日本一!)
と、B級グルメの宝庫らしいです。
残念ながらこのお店はまだ準備中。
またくるね。。
jitensyadefujisannheittao 120

来た道とはちょっと違う。
富士川を渡って静岡方面へ向かいます。
jitensyadefujisannheittao 121

jitensyadefujisannheittao 122

あ~いいなこういうとこ。
泳いでみたいな。
jitensyadefujisannheittao 123

ここで道を間違えたりしちゃいましたが順調に静岡へ向かいます。
jitensyadefujisannheittao 126

由比の町を通っていきます。
もうけっこう足が痛いです。
jitensyadefujisannheittao 128

jitensyadefujisannheittao 131

興津へ着くころには夕日が・・・
jitensyadefujisannheittao 132

静岡市街。
もうこのときにはあたりが暗くなってました。
jitensyadefujisannheittao 134

夕飯はラーメン。
嵐 にんにくげんこつラーメンで疲れを吹き飛ばし、最後までがんばります!
けっこう長く休憩しちゃいました。
jitensyadefujisannheittao 136

岡部町。
jitensyadefujisannheittao 138

岡部町では花火大会がちょうどやっていました。
写真にはうまくとれなかった(とってる暇がなかった)けど、
自転車で走りながら花火を見ることができ、感動でした。
がんばった僕へのごほうびみたいな感覚でした。
jitensyadefujisannheittao 140

ようやく出発点の藤枝市へ。
僕は体力的にはかなり低いのですが、今回の旅は
精神的に鍛えられたような気がします。

もっと体力をつけて、再び富士山に挑戦したいと思います!!







FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。