カブトムシ日記 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら!カブトムシ!

2009-09-08 (Tue) 20:36[ 編集 ]
今年も子どもたちを楽しませてくれたカブトムシ!
sozaisonota 006

ケンカしたせいか、角が折れてしまったのもいます。
sozaisonota 005

夏が終わるので、子どもたちに話して逃がしてあげることに。

土を掘っていると、卵をちゃんと産んでありました。
sozaisonota 011

今年は乳児担当で、前年度のように管理ができないのと、
手間がかかるので卵もそのまま放すことにしました。
sozaisonota 010

もちろん、ちゃんと捕まえた場所で・・・。
sozaisonota 031

カブトムシを捕りにきたときは、なんだか楽しかったな~。

でも、逃がすときはなんだかさみしい。

子どもたちを楽しませてくれてありがとう。
sozaisonota 032

スポンサーサイト

今年もカブトムシの幼虫をとりに行きました!

2009-04-30 (Thu) 07:30[ 編集 ]
家でも、保育園でも、カブトムシを育ててますが、
土が足りないので山へとりに行きます。

そこでもカブトムシの幼虫がとれるのですが・・・
富士山周辺を楽しんできました! 002

今年は二匹しかとれませんでした。

先客がいたのかな・・・?
富士山周辺を楽しんできました! 001

野生のものは、家で育てたやつより大きいです!

成虫が楽しみ。

保育園へ持っていくと、二歳児の子どもたちも真剣に見てました。

カブトムシの土換えの時にアップ写真を撮ってみました。

2009-03-15 (Sun) 20:25[ 編集 ]
注意!
カブトムシの幼虫のアップが写ってます。
苦手な方は見ないようにしてください!!




カブトムシの土換えをしました。

あまり大きくなってなくて残念。
栄養が足りなかったかな。

大きな幼虫の写真を撮ってアップしたりしてみました。
カブトムシの春 009

大迫力!
カブトムシの春 009-kao

体毛!
幼虫に土が付着しないできれいでいられる理由がわかりました。
カブトムシの春 009-sippo

カブトムシの春 010

足はちっちゃいけどがんばってかき分けていくんですよね。
カブトムシの春 010-up

気門。
ここで呼吸してるんですよね。
カブトムシの春 011-kimonnda

夏が待ち遠しいですね!
カブトムシの春 012


カブトムシが土に潜るところをずっと動画で撮ってみました。
あまりにゆっくりなので8倍速に編集してあります。



カブトムシの土かえ

2008-10-21 (Tue) 22:54[ 編集 ]
このブログには虫の写真があります。
内容には見る人によっては
不快に感じるものもあるので
気をつけてください。










今年飼っていたカブトムシが卵を産み、
幼虫が生まれました。

しかし、しばらくほっといたので土はかなりスカスカ。

きっと幼虫も小さいんだろうな・・・なんて思ってみたら

こんなに大きな幼虫が!
2008_1018撮った写真0033

よく大きくなったな~。

今年の夏、ダムで拾ってきた木のチップを熟成させておいたのを
使います。
一応、陽に当てておきます。
2008_1018撮った写真0024

すると、熟成させておいたつもりのこの木のチップの中から・・・
2008_1018撮った写真0025

ヤスデです!
2008_1018撮った写真0026

この土の中で繁殖してしまったようです。
拾い集めたら結構いました・・・。
人間に害はないと思うのですが、
これだけいると気持ち悪い・・・。
2008_1018撮った写真0030

それからこれ・・・
なんだこれ・・・ウネウネ動いてる・・・
2008_1018撮った写真0028

わかりにくいですか?
アップにしてみました。

2008_1018撮った写真0028nannjakoryaa

ミミズの赤ちゃん?
これだけ見ると何かの寄生虫みたい。

衣装ケースに入れます。
ホームセンターで一番安いのを買いました。
2008_1018撮った写真0031

さあ、栄養たっぷりの土!
たくさん食べて大きくなってね!

↓幼虫が土にもぐっていく動画です。
  じれったいので4倍速にしてみました。





ホームページ公開中!
男性保育士あきらのホームページ


   拍手↓よかったらクリックしてください。参考、励みになります

カブトムシ山へ帰る。

2008-08-18 (Mon) 21:00[ 編集 ]
真夏の保育室を盛り上げてくれたカブトムシ

musihimushihishimushiso 002

まだまだシーズンは続きますが、
子どもたちと相談して逃がしてあげることにしました。

ひと夏しか生きられないカブトムシ。

狭い飼育ケースに入り、
子どもたちとたくさん遊んでくれたカブトムシ。

感謝の気持ちをこめ、広々とした山へ。

musihimushihishimushiso 004

これまでいた狭い飼育ケースに比べると
一気に広くなった世界に戸惑っているのかな。
musihimushihishimushiso 007

逃がすとなると、なんだか切ない感じもします。

いいんだよ。
もう遠くへ行っていいんだよ。
musihimushihishimushiso 010

保育園の飼育ケースには
いくつか卵が生んでありました。
もうすぐこのカブトムシたちの子どもたちがうまれてくるのです。
musihimushihishimushiso 012

ありがとう!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。