おすすめ☆映画☆DVD☆ 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラノーマル・アクティビティを見ました。

2011-02-02 (Wed) 22:43[ 編集 ]
少し前に話題になった映画。

パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ [DVD]パラノーマル・アクティビティ [DVD]
(2010/12/22)
ケイティ・フェザーストーン、ミカ・スロート 他

商品詳細を見る


CMでは観客の怖がる様子が衝撃的でした。

実際に見てみました。

気分が悪くなりました。

いえ、

ホラー的な意味ではなく、

車酔い的な意味で。

映画の内容は固定カメラ、ハンドカメラによる映像です。

ハンドカメラによる撮影と言うことは・・・

揺れまくりで見てるとだんだん酔うような気分になります。

それに、内容も気になるところばかりです。

ええ、これもホラー的な意味ではなく。

「なぜこの若いカップルはこんなモデルハウスみたいな家に住めるのだろう」

「生活感が感じられない家」

「なぜドア全開で寝ているのだろう」

「なぜこんなに怖いところに住めるのだろう」

全体的に不自然な点が多く、わざとやってるのかと思うくらいでした。

最後まで見ましたが、

あのCMで観客の人が驚き、怖がるような場面はありませんでした。

あのCMはやらせなのかな・・・。

それとも、ただびっくりしただけかな。

突然音がすれば誰でもびっくりする。

特にラストは見る人によっては笑ってしまうかもしれません。

悪いところばかり書いてしまいましたが

きっと映画館で見ればこわいのでしょう。

たぶん。

一時期、ホラー映画にはまっていた時期があるので、

こういった手のものには免疫があったせいかもしれません。

肝試し感覚で見るのもおもしろいかもしれません。



スポンサーサイト

借りぐらしのアリエッティ見てきました!

2010-08-14 (Sat) 15:54[ 編集 ]
奥様と一緒にジブリ映画

借りぐらしのアリエッティを見行きました。

予告動画


色彩、画面のあちこちまで見たくなるような絵は

さすがジブリという感じでした。

原作にそって作られたからかもしれませんが、

いろいろとその後どうなった?

と気になる場面もありました。

その後の展開を想像するのも面白いかもしれませんが、

上映時間も短かったしもう少しいろいろあってもよかったかなと思いました。

この話、とてもいいと思ったのですが、

盛り上がる場面はありません。

起承転結がないような感じもしました。

きっと原作がそうなってたんでしょうが・・・。

でも、小さい人って昔はいると思ってたなぁ。

夜ふと目が覚めたとき、

一階と二階の間に誰かいるんじゃないかって思って

床に耳を押し付けていたことがあります。


あ、ちなみに少年がその後どうなったかについては、

予告編をよく見ればわかります。


アバター見てきました!

2010-01-04 (Mon) 21:51[ 編集 ]
アバター見てきました!

内容はよくありがちな環境を問題にしたようなもので

真新しさはありませんでしたが、

映像がきれい。

そして3D映画としても話題を集めています。

3D映画というと、あのメガネをつけての観賞になるのですが、

上演されている映画館が決まっているので見たい方は注意。

正直あまく見てましたが、はじまってからもう映画の世界に

入ったような錯覚になりました。

奥行き感とかすごかったです。

ただ、僕たちが行ったときは映画館は満席!

とれた席がなんと一番前でした・・・。

なので登場人物の顔のアップとかはきつかったです。

酔います。

終わった後、隣の席のカップルがしばらく座ったままでした。

真ん中か後ろの方の席で見たかったな~。

でもおもしろかった!

予告編です!


ガリレオ 容疑者Xの献身

2009-10-30 (Fri) 07:03[ 編集 ]
あなたは誰かにつくすとき、

見返りを求めますか・・・?



以前、月9のドラマとして放送されていた

「ガリレオ」

の劇場版

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/18)
福山雅治柴咲コウ

商品詳細を見る


ドラマは全部は見てなかったのですが、

好きな科学的な謎解きが面白くて好きなドラマでした。

劇場版をこのごろやっと見ることができました。

容疑者Xの献身。

内容はドラマとちょっと趣向が違ってました。

孤独な天才数学者がある女性の殺人を隠蔽する。

しかし、その見返りに数学者が彼女に求めたもの・・・

ストーカーのようになっていく数学者に戸惑いを見せる女性。

しかしそれには大きな意味がありました。

その意味を知ったとき、僕は大きな感動に包まれました。

内容がドラマの軽いノリと違い、ちょっと重苦しい感じですが

見る価値はありますよ。

ただ、犯罪は犯罪です。


20世紀少年 トモダチから地球を救え!! 

2009-08-30 (Sun) 08:39[ 編集 ]
2009・8・30 選挙に行ってきました!

ふざけて

政党名「友民党」

なんて書く人がいると予想。

僕のブログは立場上、政治的なことは禁止にしてます。

なぜこんなことを書いているかというと、

最近やっと「20世紀少年」をみたからです。

ものすごく気になってる映画なんですが、見れないでいました。

理由は忙しいこともありましたが、

3部作できっと見たら続きが気になってしょうがなくなるから。

今度、最終章が公開され、あるきっかけで映画のチケットを手に入れました。

最終章から見てもわけわかんないのでDVDをレンタルして

見てみました。

20世紀少年
「第一章 終わりの始まり」予告


20世紀少年
「第二章 最後の希望」予告


そして、

20世紀少年
「最終章 ぼくらの旗」予告


内容は、簡単に書くと主人公が少年時代に描いた

空想の未来が何者かによって実現されていくというもの。

細菌がばらまかれ、ロボットが暴れます。

ここで謎となるのが、首謀者であろう「トモダチ」の正体。

主人公の少年時代の誰かが「トモダチ」である。


・なぜトモダチは忍者ハットリ君のお面をかぶってるのか?

・教科書に載っていた血の大晦日のロボットに立ち向かおうとする
 主人公たちの写真は誰が撮ったのか?

・トモダチは第二章の終わりでなぜ声が変わっているのか?

・そういえば消息がどうなったかはっきりわからない人物がいる!

・少年時代のあだ名・・・。


いろいろと疑問点をあげていると、なんとなく

トモダチが誰かわかったような気がします!

外れてるかもしれないし、

もしかしたら僕のあてずっぽうがあたってしまうかもしれない。

だからここでは書きませんが、最終章がとても気になります!

以前、僕はある映画で

映画が始まって早々友達に

「この人が犯人だよ~」

なんて冗談を言ったら本当にその人が犯人だったので気まずかったことがあります。


はやく最終章見たいな~!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。