2006年10月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSお料理ナビ初体験!! カルボナーラ!

2006-10-31 (Tue) 20:46[ 編集 ]
20061031202915.jpg


今日は代休のため、お仕事はお休みでした。
しかし、週末は作品展があるので準備をしていました。
お買い物に出かけました。いつもならどこかによってお昼を食べるのですが、以前買ってまだ一度も使ってない「DSお料理ナビ」を使ってお昼ご飯を自分でつくることにしました。
僕はお料理はほとんどできません。さすがにこのままじゃやばい。

で、まず最初にどうしてもつくりたかった「カルボナーラ」に挑戦!
カルボナーラはお店ではよく食べるし、大好きなので、どうしてもつくってみたい!カルボナーラを自分でつくれるとかっこいいに違いない(たぶん)!
DSお料理ナビでカルボナーラの材料と使用する調理器具を確認。

20061031202858.jpg


「さあ、おいしいカルボナーラをつくりましょう」
「ベーコンを切ってください」
など、シェフが声で教えてくれます。ちょっとぎこちない声ですが。
次の手順に行くときはDSにむかって「OK!」と言えばいいのです。ちょっと恥ずかしい。

20061031202928.jpg


手順通りやれば間違いなくできる!
1カップとか、よくわからない量が出てくるのでわけがわからないこともありますが…。1カップってどのくらいなんだろう。

…しかし!僕はここで大失敗をしてしまう。
お料理ナビのレシピではパスタが一人前80グラムだったが、80グラムでは絶対に足りなくなる!
ここで、僕は血迷ってスパゲッティを200グラム茹でてしまう。
卵のクリームと混ぜてつくるのだが、スパゲッティの量が多すぎてからまりきらず、大失敗してしまった。やっぱりレシピ通りにつくらなくてはだめなんだ…。当たり前か。
下の写真が完成品なんですが…ひどいでしょう?まずそう!スパゲッティがもうあふれんばかりになっています。卵のクリームも熱が多すぎて部分的に固まってしまいました。
しかし、味は確かにカルボナーラ!
多すぎるスパゲッティをかき込んで食べました。
またいつかリベンジします!

20061031202940.jpg

スポンサーサイト

カブトムシの幼虫!!

2006-10-30 (Mon) 21:50[ 編集 ]



保育園のお部屋で飼っているカブトムシの幼虫。
幼虫が大きくなるように、たくさんの土を入れています。
しかし、よく見てみると、土がかなりスカスカになっていました。
土と言っても、木くずなんかを混ぜたやつです。
幼虫はもりもり食べて大きくなります。逆に食べなければいつまでも小さいままです。小さな幼虫のままでは来年子ども達がガッカリする!
ちょうど、用務員の先生が焼却所で腐葉土をもらってきたので、それをもらうことにしました。
飼育ケースはいくつかあります。

20061030212418.jpg


新聞紙を広げて、飼育ケースをひっくり返すと子ども達から歓声に近い声が。「幼虫いたー!」
見てみると、かなり大きな幼虫。子ども達も僕もびっくりしました。

20061030212343.jpg


この分だと大きな幼虫がかなりいるはず!
…と思ったのですが、他にも出てきた幼虫は大きさはバラバラでした。
下の写真がそれですが、大きさが違いすぎです。

20061030212230.jpg


考えてみれば、7月に生まれた幼虫もいれば9月に生まれた幼虫もいます。こういった虫にとってはそのくらいの短い期間もかなりの差になるわけです。
腐葉土をいれ、たくさん食べてもっともっと大きくなることを願います。
小さなケースに入れたやつが姿を見せてくれました。小さなケースでは幼虫はのびのび大きくなれないかもしれませんが、子ども達に土の中の幼虫の様子を見せたくてそうしています。モグモグやっているのがよく見えました。

20061030212253.jpg


たくさん食べて、どんどん大きくなって、来年大きなカブトムシになってくれることを願っています!
しかし、ほったらかしでいいと思ってましたが、これならシーズンの時に捕まえに行った方が楽かもしれない…。と思ってしまいました^^

彼女のおもいで

2006-10-29 (Sun) 22:19[ 編集 ]
今日はちょっとお出かけしましたが、ものすごく疲れました。
お出かけする前に「彼女のおもいで」という映画を見ました。
薔薇の花が象徴的にでてくる映画です。
お出かけしたときも薔薇をみました。
また写真を載せたいのですが、今日は眠いのでおちます。。。

フィギュア

2006-10-28 (Sat) 20:58[ 編集 ]
20061005205034.jpg


今日は出勤でした。
土曜日の保育はいつもよりなぜか疲れる感じがします。

全然関係ありませんが僕の部屋にはドラゴンボールやルパンのフィギュアがあります。
別にオタクとかじゃありませんが、前にコカコーラのおまけで付いてたやつが集まってこんな数に…。
ドラゴンボールは好きだし、置いておくだけで元気が出ます。

子どもとミーティング♪

2006-10-26 (Thu) 22:28[ 編集 ]
今日は写真がないです。

今日は子ども達とミーティング。
12月の発表会の内容をどうするのか話し合いました。
発表会の内容とかそういったことって保育士が決めることが多いと思いますが、僕は子ども達の話を聞いてからどうしていくか決めることがほとんどです。子ども達が自分からやりたいと思ったものをやらないと意味がないと思っているからです。
保育園によっては方針が厳しかったり、伝統みたいのがあって子ども達は以外とそういったことは喜んでやっていないのが多いみたいです。
合奏や鼓笛などが良い例で、好きな人には良いのですが嫌いな子にとっては地獄です。嫌な子は卒園してから楽器もさわるのも嫌になるそうです。もし、教育の名の下に、子どもをひどく傷つけている保育園があるのなら、考えてほしいと思います。
…って言っても伝統になっちゃうと難しいんですよね…。そういうところで働いている保育士さんと話をしたことがありますが、やっぱり厳しく、遊ぶ時間を削って楽器演奏などをさせるのは抵抗があるようです。でも、上には逆らえないみたいなんですね…。特に私立が…。
方針に沿わなかったらクビとかもあるみたいで…。

僕は公立の保育園なので、自分の考えに沿って保育をすすめられるからのびのびしてていいです。やっぱり自分の信じた道をすすまなきゃ!

僕のクラスは好きなお話を劇でやることになりました。

可愛い双子のこども

2006-10-25 (Wed) 21:32[ 編集 ]
20061024212104.jpg


双子の子どもって言っても人形です。
保育室にいるうさぎの耳がキュートな子どもです。
名前はこももちゃんと言います。
とっても可愛いので子ども達には大人気で毎日かわいがられてます。
写真は…なんだか恐いかも。
前に人形が外を見るように並べて置いたところ、外から見たら誰かが窓から外を覗いているように見えてさらにこわそうに見えました。
そんな風に置いた僕が悪いのですが…^^;

祖父母参観!気の滅入る劇

2006-10-24 (Tue) 22:44[ 編集 ]



今日は祖父母参観でした。
僕は行事担当で、司会もやりました。
はじめの挨拶で来てくれた祖父母のみなさんの笑いをつかむことができ、さいさきの良いスタート。
自分の担当のクラスの子ども達もステージの上で元気良く歌や手遊びができて良かったです。
問題はその後の職員のアトラクション。
急遽「かさじぞう」の劇をやることになりました。
昔話のカセットテープをかけながらキャストが体を動かすだけなんですが…。
その昔話のカセットテープ、おじいさんとおばあさんの生活がかなり悲惨なのです。
雪の降り積もる山奥の一軒家におじいさんとおばあさんが住んでいます。とても貧しくて、お金もなく、食べるものもなく、お正月が近いのに何も準備ができていないというアナウンスが入ります。そしておじいさんがわらじをつくっておばあさんと、このわらじが売れたらどうするか、いろいろ考えるのです。なんだか幸せそうですが、パッと見た感じ可哀想です。
だって、そんな寒い冬にわらじなんか買う人がいるでしょうか?この話を知ってる人はわかると思いますが、当然このわらじは売れません。それを知ってるだけに…。
意気揚々とわらじを持ってでていくおじいさん。途中、降り積もった雪を見て「これが全部米だったらいいのに…」なんてぶつぶつ言いながら歩いていきます。
町に着いたおじいさんはいきなりやる気がありません。「わらじ~、わらじはいらんかね~…。わらじ…」消え入りそうな声。町の喧騒に消されて声は聞こえず、わらじは売れません。ここでかさをもったおじいさんとぶつかります。このかさをもったおじいさん、声が低すぎて何をしゃべっているのかさっぱりわかりません。とりあえず、わらじとかさを交換するのをジェスチャーで表現。
わらじをかさと交換し、とぼとぼ帰るおじいさん。意気揚々と出かけただけに「ばあさんになんて言ったらいいか…」と独り言を言います。
妙な哀愁を漂わせる曲が流れ、もう聞くに堪えません。
かさを地蔵さまの頭にかぶせ、おじいさんは家に帰ります。そんなおじいさんを、おばあさんは笑顔で迎え入れるのです。もしかして、このおばあさん、最初からわらじが売れるなんて思ってなかったんじゃ…。などとすら思ってしまいます。
まあ、そんな心の優しい夫婦に、お地蔵さんが宝物を持って現れるのです。

注意 
僕は「かさじぞう」の話は大好きです。
この劇の時のテープの内容がちょっとおかしかったです。
上の写真は劇の時に使った写真です。
ちょっと祖父母参観の話題とは違ってしまいました…。

トラノオ

2006-10-22 (Sun) 15:18[ 編集 ]
20061006213932.jpg


今日は僕の部屋の観葉植物の紹介をします。
上の写真…。一時期はやった(らしい)トラノオです。正式名称は忘れました。知ってる方がいたら教えて下さい。確かトラノオという意味の言葉だったような気がします。
小さな鉢に入れて育ててた(わりとほっといても大丈夫)のですが、横の方から株分けしたのか新しいのがはえてきました。
黄緑色が若々しくてきれいです^^
親子みたいですね。
この鉢じゃちいさいですね…。

祖父母参観プレゼント

2006-10-21 (Sat) 23:56[ 編集 ]
20061021235318.jpg


さあ…これは何かというと、来週の祖父母参観の時にきてくれたおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントです。もちろん途中です。
ハサミの使い方がとても上手になった僕の担当児達(3歳児)。
口の形や鼻をつくります。
あらかじめつくっておいた台に貼り付けて、動物のお顔の起きあがりこぼしのできあがりです!
どんな動物かわかるかな?

20061021235333.jpg


おじいちゃん、おばあちゃん達、よろこんでくれるといいな!
子ども達も渡すのを楽しみにしているようです^^

超忙しい!

2006-10-20 (Fri) 23:16[ 編集 ]
20061018200305.jpg


ここのところ忙しくてしょうがない。
運動会が9月の後半に終わったというのに、毎日行事やら準備やらで大変です。
そんな中、お部屋に置いてある植物、オジギソウがなんとも心を和ませてくれます。
葉に触れると葉が二つに折り畳まれ、くたりと垂れる姿がお辞儀をしているところにそっくりなんです。
こんなにはっきりと植物が動くっていうのは凄いと思います。
僕が子どもの頃凄く好きだったので保育園のお部屋でも育てています。
お盆の時に土が乾いて枯れてしまったのですが、水を与え続けたら別の部分から葉が生え始めて見事に復活しました。
子どもにも、保護者にも、大人気のオジギソウなのです。
熱帯の植物らしいので、もうそろそろ枯れていくのかな…。
どんなに大変でも、お部屋に植物があると安らぎますね。
いつかは僕の部屋にある観葉植物も紹介したいと思います。

行事の準備

2006-10-19 (Thu) 22:28[ 編集 ]
20061018200425.jpg

今月の行事担当。
来週は祖父母参観です。
子ども達が祖父母の前で小さな発表会をします。
…もう行事ばっかり。
子ども達だけ発表だと不公平なので、職員も小さな劇をやります。
お月見会の時も劇をやったんだけど。
内容は…写真を見てわかった方は凄いです。

正解は「笠地蔵」です。
ここから顔をマジックで描いていきます。
セリフはテープに入っているので、それにあわせて体を動かせばいいのですが…。
おじいさんのセリフが弱々しくて、聞いてるだけで切なくなってきます。最後にパーッと踊りをやるのですが、全体的に重々しくて場が持つかどうか心配です。
20061018200410.jpg

プレコが死んだ。

2006-10-18 (Wed) 20:22[ 編集 ]
5年くらい飼っていたプレコが死んでしまった。
仕事から帰って、水槽を覗いたらプレコが水槽の底で不自然な形でぐったりしていた。
えらのあたりが少し動いていたが、もうすぐ死ぬ寸前だったのかもしれない。しばらくしたら、全く動かなくなってしまった。
変な考え方だが、まるで僕が帰ってくるのを待っていたような、そんな感じだった。
熱帯魚屋で買ったときは小指よりも小さな大きさだったが、みるみるうちに30㎝くらいまで成長した。そんな成長を見てきたせいか、とても愛着があった。僕の水槽の主役でした。
死んでしまってとても悲しくなりました。
本当に悲しい…。

やっと終わった…。

2006-10-15 (Sun) 15:05[ 編集 ]
保育園での仕事がやっと終わりました。
保育園は持ち帰りの仕事が多くて大変です。
事務処理なんて保育中はほとんどできません。
当たり前ですが…。
とりあえず、息抜きに遊びに行ってきます。
明日からまた仕事だし!

ホテイアオイ!

2006-10-13 (Fri) 17:59[ 編集 ]



ホテイアオイを育てていたら、夏のはじめには一つしかなかったものが半年もしないうちにかぶわけにかぶわけを重ねていっぱいになってしまいました。
このホテイアオイは川でとってきたものです。メダカの産卵ようにちょうど良いので重宝しました。多くなりすぎたので、ほとんどのホテイアオイを元の川へ返しに行きました。
すると、その川で育ったホテイアオイの大きいこと…。やっぱり大きなところで育てると大きくなるんですね。条件にもよると思いますが。
お花が咲いていたので写真を撮ってきました。
ホテイアオイの花ってきれいですよね。

子育てや保育においても同じことが言えるかもしれませんが、なんでも容量を大きくしてあげることが大事なのかもしれないな、なんて思いました。狭い場所では小さなホテイアオイしか育たないのです。広々した場所で、よい条件だからこそ、大きなホテイアオイが育ったんですね。

浜松フラワーパーク!親子バス遠足!

2006-10-12 (Thu) 21:18[ 編集 ]
20061012203152.jpg


今日は待ちに待った親子バス遠足です。
行き先は浜松市のフラワーパーク、動物園です。
僕は自分の担当児の親子達と一緒に歩きました。
駄々をこねてしまったり、動かなくなった子を次へと促すのはある意味保護者よりも保育士のほうがうまく行くことがあります。お家の方と一緒だと、どうしても甘えが出ちゃいますね。
キリンの前でお弁当を食べました。

お弁当の後はフラワーパークです。
お弁当を食べて元気いっぱいになってテンションのあがった子ども達はまさに無双乱舞。ゆっくり談笑しながら歩く保護者にはお構いなしに、どんどん先へ行ってしまう子ども達。あとを追いかける保育士…。
あれ、今日は親子バス遠足だったような…。
フラワーパークは、動物園よりも子ども達の興味を引くものはないかな…なんて思いながら歩いていると、子どもたちの目の前に、霧があらわれました。

20061012203209.jpg


それは、噴水の所から出ている水を霧状にしたものでした。本当に細かくて煙のようになっていました。その中に入るととても気持ちよく、走り回って熱くなった体にマイナスイオンがしみこんでいくのがわかりました。しばらくすると、勢いよく噴水のショーが始まりました。

大興奮で噴水のいけのまわりを走り回ったり、階段を上ったり降りたり…。

20061012203234.jpg


他にも、お花でできたクジャクを見たり、温室で珍しい花を見たり、とても楽しい一日を過ごすことができました。
「今度は好きな人ときなよ」と、他のクラスの先生に言われました。

20061012203302.jpg


「そこにならんで!」と、記念写真の撮影会がはじまります。
保護者も、子ども達も、本当に楽しく行って来れました。僕も、一日笑いっぱなしでした。
帰りのバスの中も、テンションのおさまらない子ども達は元気いっぱい過ぎて保護者に叱られてました…。
楽しい思い出ができたと思います。

保育園に帰った僕は、荷物運び、部屋の整理、パソコンを使っての事務処理、遅番の仕事と、たくさん仕事がありました。
大変だ~なんて思ってましたが、今日一番大変な思いをしたのは朝早く起きてお弁当をつくったり、準備をしてきた保護者でしょうね…。

20061012203319.jpg

↑子ども達を撮っている保護者さん達。
動物園をまわりながらも、我が子の可愛い姿を撮ろうと一生懸命でした。20061012203248.jpg

明日は動物園!

2006-10-11 (Wed) 23:23[ 編集 ]
明日は親子遠足で動物園に行きます。
少しさみしいのは、平日の親子遠足故、どうしても行けない子がいるのです。
だから、いまいち盛り上がりには欠けちゃいます。
みんなで盛り上がったら、行けない子がかわいそうなんですよ。
その子は明日はお休みして行けません。
僕としてはみんなで行きたかった…。
せめてこどもだけでも僕が…と思ったのだが。

暑いです。

2006-10-10 (Tue) 22:03[ 編集 ]
朝は涼しいけど、昼はまだまだ暑い。
今日は自転車で仕事場まで行きました。
行くときはジャージを履いていきますが、保育園に着くと短パンに履き替えます。
今日はものすごく疲れたので、ものすごく睡魔が襲ってきます。

富士山!!

2006-10-09 (Mon) 15:38[ 編集 ]



山を登っていたら多くの人が車を止めて写真を撮ったりしていた。
ふと見てみると、富士山がきれいに見えていた。
雪もてっぺんの方に少しかぶっていた。
やっぱり日本人って富士山が好きなんだな、と思った。

ビームサーベル

2006-10-08 (Sun) 23:52[ 編集 ]
20061005205117.jpg


今日は夕方友だちと遊びに行ったりした。
サラダおかわり自由のお店に行って野菜をたくさん食べました。
その少し前、僕の部屋に以前ゲームセンターでとったガンダムのビームサーベルが出てきた。まだ実際に使ったことはないのだが…。
しかし、こんなもの普段の生活では絶対に使わない。
かといって仕事でも微妙…。
あんまりガンダム詳しくないから、どっちかって言えばスターウォーズのライトセイバーの方がよかったな~。
って、あんまり変わらないかな

旅立つ妹。涙はどこからやってくる?

2006-10-07 (Sat) 22:25[ 編集 ]
僕の妹が関西の方へお嫁にいく。
しばらく自宅にいたのだが、今朝、嫁ぎ先へと旅だった。

結婚式は来月。
もともと関西の方に行っていて、ここ数ヶ月だけ実家に帰っていた。

とはいえ、自分が生まれ育った家を離れ、遠くに嫁ぎに行くというのはどんな気持ちなんだろう。
僕としてはかわいい妹だった。ちっちゃい頃はふざけていじめてしまうこともあったけど、自分なりの愛情表現…といったら虫がいいかな。
妹が誰かにいじめられてるって聞いたら駆けつけて助けに行ったこともある。
最近の思い出は一緒に映画に行って、初めてカウンターでお寿司を食べたことだ。

僕が保育士という仕事を選び、朝早く家を出て、夕方暗くなった頃に疲れて帰ってくる。あまり話をしなくなった。妹は妙に悟ったところがあって、なにか話そうと思っても、うまく話をすることができなかった。身内なだけに、なおさら…みたいなものもあったかもしれない。

とはいえ、旅立ちの朝は笑顔で見送ろう。
そう思っていた。

妹が車に乗り込む前に「じゃあね」と言った。
妹はすでに泣いていた。
僕は「むこうへいってもがんばれよ!」…と言ったつもりだったが、信じられないことに自分の目からも涙が出ていた。
一瞬だが、妹との思い出が頭の中を駆けめぐっていた。
ほんの一分も前には泣くなんてことは絶対にないと思っていた。

不思議だった。
この涙ってどこからきたのだろう。

僕が心の中で思うことよりも、ずっとずっと奥の方。
心のずっと奥の方から涙がやってきたのだと思う。
ブルーハーツの「情熱の薔薇」を思い出した。

生きるって、楽なことじゃない。
みんながみんながんばっていると思う。
この先、何度も壁にぶつかって、くじけることもあると思うけど、元気よくがんばってほしい。
ひどい兄ちゃんだったかもしれないけど、ずっとずっと、妹の味方でいたいと思う。
兄妹って、そういうものだと思う。

やったぜ!!中秋の名月!!

2006-10-06 (Fri) 21:49[ 編集 ]



今週はずっと天気が悪くて残念でした。
今日は僕の行事担当、お月見会がありました。
いろいろ準備して、なんとか無事に終わることができました。
お星ちゃんとお月さまが一緒に遊んで、かくれんぼをするところが盛り上がりました。やってて楽しかったです。
僕はお月さまの役でした。
僕はある劇団に入ってますが(最近活動中断)、その役は悪役なので、今日はその正反対の役です^^演じるのって楽しいですよ!

行事も終わって、少しリラックスしています。
でも、後半には祖父母参観(これも行事担当)が待っています。
がんばります!

がんばったから、せめて月が見えないかな~なんて思ってちらっと空を見たら、なんと雲の合間からきれいな満月が!!
やった!!
月が大好きな僕にとっては最大のご褒美です!

写真は…ちょっと悪いのですが、見られなかった方、どうぞご覧になって下さい。

今日がまさに
「月々に 月見る月は おおけれど 月見る月は この月の月」
なんです!
…ところで、この短歌って、誰の作品でしたっけ??

ホームスター!

2006-10-05 (Thu) 21:00[ 編集 ]



ホームスターが買えない貧乏な僕は、ちょっと前某雑誌に付録としてついていたプラネタリウムを買いました。
明日は中秋の名月だというのに、天気が悪そう。
ちょっと部屋の雰囲気にあわないけど明日はこれで星空を眺めようかな。
明日のお月見会で使おうとも思いましたが、電力が相当強くないとよく星が見えないのでやめました。
でも、これ買った人けっこういるんじゃないかな…。

お月見会の打ち合わせ!

2006-10-03 (Tue) 22:12[ 編集 ]
20061003220336.jpg


今日は今週末にあるお月見会、そして誕生会の打ち合わせです。
ペープサートやら、寸劇やらやります。
昔、四角だったお月さまがお星ちゃんを助けるために天の川に入って顔が星で顔が削れちゃって今のような丸い形になった。天の川がきれいなのはその時に削れたお月さまのかけらがキラキラ輝いているからだよ!…といった内容の劇です^^
ちょっと無理があるかな?

写真は天の川がきれいになったバージョンです。
筆をはじいて作りました。
前に公園できれいな星空を芝生に寝転がってみました。
あの星空には全然かないません。
今日は乾かして、明日はキラキラのお星様を貼り付ける予定です!

ぴあの

2006-10-02 (Mon) 19:04[ 編集 ]
20061002190722.jpg


僕の保育室には年代物のぼろいオルガンが一台ある。
・鍵盤を叩いた後の余韻もなし(指を話したとたん音が消える)。
・いくつかの鍵盤はワンオクターブずれた音が出る。
・ペダルはもちろんなし。
・音が子どもの歌声より小さい。
・立ったままでないと弾けない。

…など、問題ありありのオルガンなのだ。
買い換えてはもらえないです…。
っていってもあまり実力もないのでピアノがよくてもあんまり生かしきれませんが…。

写真は自宅のピアノです。
母が使っていたものですが、現在は僕が練習用に使うくらいです。
せめて、このくらいのピアノが保育室にはほしいな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。