2009年07月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末、富士山へ!

2009-07-30 (Thu) 06:39[ 編集 ]
8月の1日、2日で富士山に登ってきます。

先日、北岳に登ったので登山道は

それよりも遥かに余裕なんですが、

問題は天気です。

こんなに梅雨が長引くなんて・・・。

どっちかでもいいから晴れてほしい。

どうしても山頂へ行かないと。

スポンサーサイト

毎日雨ですね。

2009-07-30 (Thu) 06:26[ 編集 ]
東海、関東地方は梅雨が長引いてます。

毎日雨が降ってます。

今年はほとんどプールに入れてません。

子どもたちはストレス溜めてます。

昨日、お庭にできた水溜りでどろんこ遊びをしたら、

お昼寝はみんなたっぷりしてくれました。

雨が嫌いなわけじゃないんですが、

たまには晴れてくれないと・・・。

お好み焼き焼いてます。

2009-07-27 (Mon) 18:59[ 編集 ]
20090727185912
今日もお疲れ様!

今お好み焼き焼いてます!

楽しみ~!

保育園の夏祭であきらがあかちゃんマンに!

2009-07-26 (Sun) 15:07[ 編集 ]
先日、保育園で夏祭りがありました。

職員による出し物があるのですが、

今年はアンパンマンがテーマ!

それぞれの職員がアンパンマンのキャラクターになりきります。

ほとんどの先生はかぶりものやお面をつけるのに、

なぜかあかちゃんマンは頭に帽子をつけるだけ。

服装は赤の上下に前掛け、おしゃぶり。。。

なんで僕にはこういうのが多いんだ・・・。

とても人には見せられません!

北岳登山!その12 北岳からの生還!大樺沢をおりる。

2009-07-26 (Sun) 08:06[ 編集 ]
大樺沢ルートを使って広河原方面へ。

いよいよ最終ルートです。

kitadaketozann 496.jpg

大樺沢ルートは川沿いを歩きます。
kitadaketozann 497.jpg

木の中を歩いたり、バリエーションが面白いです。
kitadaketozann 498.jpg

橋。
kitadaketozann 499.jpg

kitadaketozann 500.jpg

kitadaketozann 503.jpg

kitadaketozann 504.jpg

南アルプスの森林を歩くのは気持ちよかったです。
kitadaketozann 506.jpg

kitadaketozann 507.jpg

しかし、下りを降りるので少しずつ膝などに負担がかかっていきます。
kitadaketozann 508.jpg

疲れも出てきますが、それでも楽しんで歩きます!
kitadaketozann 509.jpg

kitadaketozann 508.jpg

kitadaketozann 509.jpg

このルートは本当に面白かったですよ!
kitadaketozann 512.jpg

木々、そして滝のように流れる渓流からのマイナスイオンが力をくれます。
kitadaketozann 515.jpg

kitadaketozann 519.jpg

kitadaketozann 521.jpg

山肌から流れる滝のような川。

気持ちよかった~!
kitadaketozann 523.jpg

kitadaketozann 526.jpg

倒れた木があちこちに・・・。

倒れた木からは苔が生い茂り、新しく木も生えてくる。

自然界に無駄なものはない。
kitadaketozann 528.jpg

kitadaketozann 530.jpg

kitadaketozann 532.jpg

大迫力の大樺沢コースでした!
kitadaketozann 533.jpg

kitadaketozann 541.jpg

楽しかった北岳登山も、そろそろ終わり。
kitadaketozann 548.jpg

kitadaketozann 549.jpg

分岐点に到着。

昨日は、ここから、御池小屋コースへと登りました。

なんだか懐かしい感じがします。昨日のことなのに。
kitadaketozann 555.jpg

kitadaketozann 557.jpg

広河原到着!

吊橋を渡ってバス停へ!
kitadaketozann 559.jpg

バス停到着!

無事に下山できました!
kitadaketozann 560.jpg

13時くらいに帰れました。

ここから、駐車場の芦安までバスで行くのですが、

帰りは乗り合いタクシーに乗っていきました。

ワゴン車のような車。

バスの料金より100円高いですが、バスより早く出発し、

バスより早く芦安まで行ってくれるとのことなので利用しました。

帰りはまた長い時間、来るまで帰ることも考え、

タクシーの中で少し眠りました。

芦安到着!
kitadaketozann 561.jpg

北岳山荘では、もう二度と登りたくないとすら思いましたが、

また登ってみたいと思うようになりました。

不思議です。

静岡県に帰ったら、焼肉を食べました!

またいつか登ります!
kitadaketozann 326




北岳登山!その11 霧の北岳!頂上からの下山

2009-07-25 (Sat) 06:19[ 編集 ]
今回紹介するルート



頂上から下山。

相変わらず雲の中。

でも、雨はやみました。

やっぱり南アルプスの神々は僕たちに微笑んでいるようです。

雨が降ったのはきっと北岳がもうひとつの美しい風景を僕たちに見せたかったからです。

きっとそうです!

視界不良でも、幻想的な雰囲気を楽しめましたよ。
kitadaketozann 428.jpg

濡れた高山植物も見ていてよかったです。
kitadaketozann 429.jpg

肩ノ小屋もこんなに近くに来るまで見えませんでした。
kitadaketozann 431.jpg

すぐ目の前に小屋があるんですが、わかりますか?
kitadaketozann 432.jpg

kitadaketozann 433.jpg

これ、道じゃなくて急斜面です。

もちろん下は見えません。
kitadaketozann 435.jpg

kitadaketozann 437.jpg

kitadaketozann 439.jpg

ここまでくれば小太郎尾根も、あと少し。
kitadaketozann 440.jpg

下りは怖いと思ってましたが、
案外平気でした。

小太郎尾根の終わりの方に生えていた植物。
kitadaketozann 442.jpg

kitadaketozann 444.jpg

kitadaketozann 448.jpg

ここから急坂を下っていくことになります。

北岳山荘から2時間くらい。

その前に栄養補給。

ウイダーinゼリー。
kitadaketozann 450.jpg

実は、クッカーセット、バーナーも持ってて、

食べ物も持ってきてたんですが、天候が不良で調理できませんでした。

登山でウイダーinゼリーを持ってく方が増えてるそうですよ。

そして、草すべりへ・・・。
kitadaketozann 451.jpg

昨日も見たお花畑。

なんだか幻想的ですね。
kitadaketozann 452.jpg

昨日は草すべりを登ってきましたが、今日は草すべりの途中から行ける

二俣の方へ行きます。
kitadaketozann 455.jpg

北岳山荘でとなりにいた登山家の方が

こっちの道の方が歩きやすいと教えてくれました。
kitadaketozann 456.jpg

kitadaketozann 457.jpg

昨日とは別のルート。

いろいろな登山道があって面白いですね。
kitadaketozann 458.jpg

本当は八本歯のコルというルートを通りたかったのですが、

雪がとても危険な状態のため通行禁止になってました。

なので、帰りは二俣、大樺原ルートへ。
kitadaketozann 460.jpg

草すべりをそのまま降りるよりはいいかもしれませんが、

それでも急な坂には変わりありません。
kitadaketozann 461.jpg

霧が晴れてきました。

向かい側に見える山がきれい。
kitadaketozann 462.jpg

下の方に見える白いのは雪渓です。

今年は雪が溶けるのが例年より遅いのだとか。
kitadaketozann 465.jpg

kitadaketozann 468.jpg

霧に浮かぶ遠景・・・
kitadaketozann 472.jpg

kitadaketozann 473.jpg

雪渓が近づいてきました。
kitadaketozann 475.jpg

雪渓。
kitadaketozann 479.jpg

ここからこの雪渓沿いを歩いて下山します。
kitadaketozann 480.jpg

雪渓から流れてくる風が気持ちよかったです。
kitadaketozann 481.jpg

上を見上げると、絶壁が僕たちを見下ろしています。
kitadaketozann 483.jpg

kitadaketozann 485.jpg

二俣、下の方に見えるのはバイオトイレです。
kitadaketozann 486.jpg

ここから、八本歯のコルという道へいけるのですが、

通行止めになっていた理由がわかりました。
kitadaketozann 488.jpg

雪の下が溶けて川になっている・・・!
kitadaketozann 489.jpg

つまり、雪渓の表面はそのまま凍っていて、
下の方は空洞になっているということ。

この上をもし歩いたら、穴が開いて危険です!!
kitadaketozann 491.jpg

この、雪解けシーズンが一番危険なんだそうです。
kitadaketozann 494.jpg

ここから、大樺沢コースを歩きます。
kitadaketozann 495.jpg

最後の下山ルートです!

次回、いよいよ最終回です!!



北岳登山!その10 決死の下山!?再び北岳山頂へ!キタダケソウ

2009-07-24 (Fri) 22:07[ 編集 ]
のどかな北岳が、翌日は牙をむく!!

死ぬかもしれない!

でも、必ず生きて帰る!


なんて書くと、大げさに感じますでしょうか?

でも、その時の僕の気持ちはそんな感じでした。


北岳登山2日目


朝、外を見たら真っ白。

天気予報は当たり、雨の様子。

風もありそう。

朝食は朝5:00

もうすでに準備を整えて、合羽を着てご飯を食べている方を見た。

一緒に行った方はなんとご飯をおかわりしていた。

無事に下山ができるか心配していた僕でしたが、

これを見て少し安心しました。

彼女の方がしっかりしているとすら思いました。

僕たちも身支度を整えて山荘を出発!

山荘のみなさん!ありがとう!
kitadaketozann 401.jpg

外はやはり雨、そして風!そして霧!
kitadaketozann 407.jpg

下山するには、再び山頂へ行かなくてはなりません。

またあの山道を登るのか・・・。
kitadaketozann 410.jpg

霧で視界が悪く、少し前にいる人もよく見えませんでした。

崖のところに立ち止まっている人がいました。

よく見たら、山荘で寝ていたときに隣にいた方でした。

その方が

「キタダケソウがあるよ!」

と教えてくれました。
kitadaketozann 404.jpg

これが!!キタダケソウか!
kitadaketozann 403.jpg

もう、キタダケソウのシーズンは終わっていたと聞いていましたが、
見られて本当にラッキーでした。
kitadaketozann 402.jpg

でも、昨日もここを通ったので目には入っていたはずです。

今日ここでこうして見られたのは、

親切に教えてくれた方のおかげです。

本当にありがとうございす!
kitadaketozann 405.jpg

キタダケソウを見られたという幸運!

出かける前の緊張感は薄れ、

山道を楽しめるようになってました。
kitadaketozann 410.jpg

天気が良いことにこしたことはありませんが、

考えようによっては、北岳の二つの顔が見られてよかったと

思えるくらいのほうがいいですね。

前を行く人が鎖を掴んで歩いています。

すぐ横は崖です・・・。
kitadaketozann 412.jpg

霧の中の崖、お花畑。
kitadaketozann 413.jpg

kitadaketozann 414.jpg

がけっぷち。
kitadaketozann 416.jpg

山頂の近く。
kitadaketozann 417.jpg

kitadaketozann 418.jpg

昨日もきた山頂!

真っ白!
kitadaketozann 424.jpg

kitadaketozann 427.jpg

kitadaketozann 428.jpg

山頂から下山していきます。

続きはまた今度!


北岳登山!その9 北岳山荘にて!最後の夕日!!

2009-07-24 (Fri) 21:38[ 編集 ]
北岳山頂を後にして、

やっとの思いで北岳山頂に到着!(16:00)

かなり雲が出ていて、さすがにちょっと疲れた。
kitadaketozann 358.jpg

この前にある建物。

これ、トイレなんですよ・・・。
kitadaketozann 359.jpg

入り口はここから。
kitadaketozann 360.jpg

宿泊する場合は紙が置いてあって記入して受付に提出。

僕たちは宿泊、夕、朝食付き、一人7900円のコース。

水1ℓの無料券つきでした。

洗面所はありますが、山荘での水は有料。

なので、この水の無料券を使って顔を洗ったり歯磨きをしたりするのです。

ちなみに、水1ℓは100円。

山荘の玄関はこんな感じ。
kitadaketozann 365.jpg

僕たちの泊まる部屋は

「間の岳」という広部屋。

もうすでに何人かいましたが、空いてるほうなんでしょうね。

荷物を整理して、着替えをします。
kitadaketozann 361.jpg

ここで、さっきまで元気だった一緒に行った方が頭痛を訴えました。

言葉が少なくなって顔色も悪い・・・。

大丈夫かな。。

偏頭痛持ちの方なので、バファリンを飲んで布団で休ませます。

部屋から見えた風景。
kitadaketozann 362.jpg

しばらくすると、一緒に行った方も

少しずつ元気を取り戻しました。

17:00

夕食のアナウンスがはいります。

食堂
kitadaketozann 364.jpg

夕食はボリュームがあっておいしかったです。

ご飯のおかわりは自由でした!
kitadaketozann 363.jpg

一緒に行った方も夕飯を食べられるまでに元気になってました。

でも、再び部屋に戻ると布団で休憩。

疲れが出たんだろうな・・・。

僕はふと窓の外を見るときれいな夕日が見えてきました。
kitadaketozann 369.jpg

おおおおおお!!

僕が一緒に行った方に

「外へ行こう!夕日がきれい!」

と言いましたが、ぐったりしていてあまりいきたくない様子。

よっぽど疲れてたんだろうな・・・。

せめてと、窓から景色を見せると・・・


「すごい!行きたい!」


と、とても元気に!

山の美しい風景って、人を元気にする力があるんですね・・・。

外へ出ると、かなりの風。

少し寒くすら思いました。
kitadaketozann 370.jpg

さっきまで重いザックを背負っていたので身軽に動けました。

山頂の方を見てみると、再び晴れてきたようです。

山のてっぺんで雲と晴れているところがくっきり分かれてますね。
kitadaketozann 372.jpg

北岳山荘を見下ろす。
kitadaketozann 374.jpg

稜線の向こうには、日本で4番目に高い間の岳へ行けます。
kitadaketozann 375.jpg

すごい!!

夕日がきれい!!
kitadaketozann 378.jpg

kitadaketozann 380.jpg

夕日を見ている僕。

べ、別にかっこつけてるわけじゃないんですよ。。
kitadaketozann 381.jpg

kitadaketozann 382.jpg

雲がどんどん登ってくる!
kitadaketozann 383.jpg

山頂にはどんどん雲が巻きついていきます。
kitadaketozann 388.jpg

そろそろ日が沈む!
kitadaketozann 390.jpg

北岳山荘。
kitadaketozann 393.jpg

この山荘、黒川紀章さんの設計だそうです。
kitadaketozann 395.jpg

kitadaketozann 394.jpg

kitadaketozann 396.jpg

最後に・・・もう一度丘を駆け上り、

夕日を見ます!
kitadaketozann 397.jpg

雲がかかり、太陽が消えていく・・・。
kitadaketozann 398.jpg

これが、北岳で見た、最後の太陽となりました。

ものすごい勢いでのぼってくる雲。

ものすごい風!

山荘が揺れる。

山小屋に戻った僕たち。

山小屋の中は暗くなってました。

消灯時間はまだのはず。

発電機の異常で、一部にしか電気が供給されないとのこと。

部屋の中も暗くなってました。

「明日は雨らしい」

そんな声が聞こえてきました。


暗いので、もう眠るしかできません。

布団に入る僕たち。

風の音が聞こえる。

僕たちはもしかしたらとんでもないところに来てしまったのではないだろうか。

明日は一緒に来た方が怖がっていた道をまた戻らなくてはならない。

なんとしても、彼女を守らなくてはならない!



不安が僕を襲う。

疲れているはずなのに、なかなか眠れない。



今日はのどかな北岳の姿を見ることができました。

翌日は、天候不良!

北岳のもうひとつの顔を見せる!!


果たして、無事に下山することができるだろうか!?


続きはまた今度。


北岳登山!その8 山頂から北岳山荘へ!雷鳥の親子!!

2009-07-24 (Fri) 19:13[ 編集 ]
山頂から北岳山荘へ・・・。
今回のブログで紹介するルートです。


山頂ではあまりのんびりはできませんでした。
kitadaketozann 334.jpg

強風が吹き、天候も崩れ、それに、

山小屋にはなるべく早い時間に到着しなくてはならないそうです。

北岳山頂から山小屋を見下ろす。
kitadaketozann 339.jpg

写真の中央にある赤いのが山小屋の屋根です。
kitadaketozann 340.jpg

なんだか近くに見えるのですが・・・

山荘まで結構時間がかかりました。

岩の急斜面を下っていくのです。

この岩!
kitadaketozann 343.jpg

かなり危ない道で、

一歩踏み外したら転落するような場所がたくさんありました。

こんな道だったなんて・・・。

一緒に行った方は高いところが怖いらしく、手をつないで降りていきました。

山小屋は見えているのに、近くなった感じがしない・・・。

おまけにガスも発生!
kitadaketozann 344.jpg

僕と一緒に歩いていた方、かなり疲れてしまいました。

先が見えないのもなんだか怖かった・・・。

そんな時!!

すごいものが見られました!!!!!

稜線を歩いていたら、道の上を歩くもの・・・

雷鳥です!!
kitadaketozann 345.jpg

しかも親子!!
kitadaketozann 348.jpg

親鳥が一羽、子どもが3羽いました!
kitadaketozann 350.jpg

実は、2007年に、雷鳥は特別天然記念物!
北岳では絶滅されたとされていたそうです。

2008年に生息が確認されたそうなんですが、

もしかしたら、これって、ものすごく貴重な体験だったのでは!?

子どもはピヨピヨと鳴き、親は低い声で鳴いてました。
kitadaketozann 352.jpg

疲れと山道を歩く緊張感・・・。

雷鳥の親子の姿にすっかり癒されました。
kitadaketozann 354.jpg

雷鳥の親が子どもたちを自分の体に隠すのが見えました。

天候がさらに崩れるのか・・・?

それにしても、こんな岩場に生息する雷鳥という鳥は不思議です。

いつまでも雷鳥を見ていたかったのですが、

先を急ぎます。
kitadaketozann 356.jpg

鐘が見えてきました。

山荘が近いのかな?
kitadaketozann 357.jpg

山荘がようやく見えました!
kitadaketozann 358.jpg

さすがにちょっと疲れました。

山荘に無事に着いて、胸をなでおろします。


山荘については

また今度!

北岳登山!その7 いよいよ山頂へ!!

2009-07-24 (Fri) 07:17[ 編集 ]
肩ノ小屋を後にした僕たち。

いよいよ山頂を目指します!
kitadaketozann 292.jpg

岩の道はさらに険しくなります。
kitadaketozann 293.jpg

少し登ったところから肩ノ小屋を見下ろす・・・。

青い屋根がきれい。
kitadaketozann 294.jpg

kitadaketozann 295.jpg

こんなに大きな岩がなんでこんな高いところに・・・

なんて不思議に思っちゃいます。
kitadaketozann 296.jpg

さらに登ったところから肩ノ小屋を見下ろす。
kitadaketozann 298.jpg

kitadaketozann 299.jpg

標識はすぐに壊れてしまうものもあるようで

壊れていたり、新しいものがあったり・・・。
kitadaketozann 300.jpg

kitadaketozann 302.jpg

kitadaketozann 303.jpg

あともう少しだ~!

いつのまにかガスもなくなってきてる!!
kitadaketozann 307.jpg

山の脇からチラッと見えた赤い屋根・・・。

あれが今夜泊まる北岳山荘。
kitadaketozann 311.jpg

南側から雲が登ってくる。
しかし、北からは強風が吹き、雲は再び戻され、渦巻いていた・・・。
kitadaketozann 312.jpg

岩が槍のようにそびえる・・・。
kitadaketozann 314.jpg

道の横はこんな崖!

落ちたらやばい!

生と死はまさに紙一重・・・。
kitadaketozann 317.jpg


そして・・・


つきました!!


北岳山頂!!
kitadaketozann 322.jpg

三角点!
kitadaketozann 319.jpg

いい感じで晴れてくれました!
kitadaketozann 323.jpg

南アルプスの山の神々が僕たちに微笑んでくれました!
kitadaketozann 327.jpg

山頂はちょっと広くて、休憩をしている方もいました。

バットレスという崖を登ってきた方もおられました。

静岡県側は雲の海!
写真の中央に雲海に浮かぶ富士山があるのがお分かりでしょうか・・・?
kitadaketozann 320.jpg

この雄大な眺めを見ながら、山頂到着のご褒美にとっておいた

冶一郎のバウムクーヘンを食べます!
kitadaketozann 330.jpg

kitadaketozann 331.jpg

南は雲海に浮かぶ富士山。

北は八ヶ岳など、いろいろな山が見えました!
kitadaketozann 326

休憩したあとは今夜とまる北岳山荘へ・・・。
kitadaketozann 328.jpg

近いようで・・・かなり大変な道が僕たちを待ち受けていました!!

つづきはまた今度!




北岳登山!その6 岩場の小太郎尾根!肩ノ小屋へ!

2009-07-23 (Thu) 21:12[ 編集 ]
草すべりを登っていよいよ尾根へ!

いい眺めです!
kitadaketozann 243.jpg

遠くに見える山々。
kitadaketozann 247.jpg

kitadaketozann 249.jpg

ここにきて、誤算だったのは尾根へ出てしまえば楽だと
思い込んでいたこと・・・。

そう、ここからがまた大変でした!

岩の道!!
kitadaketozann 254.jpg

尾根沿いに見えるこの壁は・・・?
kitadaketozann 252.jpg

よく見ると誰か登ってる!!

あんなところを登るのか~!

あそこへ今から行くのか・・・。
kitadaketozann 252-up.jpg

尾根沿いもたくさんの花が見られました。
kitadaketozann 257.jpg

尾根に出てから昼食です。

お腹すいた~!

おにぎりがおいしい!!

おにぎりの向こうには山頂が見える!!
kitadaketozann 255.jpg

突き出た岩。
この間に登山道があります。
kitadaketozann 258.jpg

岩の間に咲くきれいな花。
kitadaketozann 259.jpg

高山植物は小さいけれど、力強さを感じます。
kitadaketozann 260.jpg

風が強くて肌寒くなってきました。
kitadaketozann 263.jpg

足を踏み外せば崖下にまっさかさま。
崖にもたくさんの高山植物が!
kitadaketozann 264.jpg

写真ではわかりにくいですが、
ここも花がきれいに咲いていました!!
kitadaketozann 266.jpg

山頂を目指せ!
kitadaketozann 267.jpg

kitadaketozann 272.jpg

小屋まであと2分だそうです。
kitadaketozann 276.jpg

kitadaketozann 277.jpg

見えました!

肩ノ小屋です!!
kitadaketozann 278.jpg

宿泊したり、テントを設営して休むこともできるそうです。

お昼過ぎだったのでここで昼食を食べている方もいました。
kitadaketozann 279.jpg

標高3000メートルか・・・。
ずいぶん登ったな~。
kitadaketozann 283.jpg

北岳の山頂近くの山小屋は肩ノ小屋と

北岳山荘があります。

肩ノ小屋に泊まることも考えていたのですが、

今回は北岳山荘に泊まることにしました。
kitadaketozann 284.jpg

中をちょっとのぞきました。
kitadaketozann 287.jpg

山頂へはこの肩ノ小屋の脇から登っていきます。
kitadaketozann 288.jpg

kitadaketozann 290.jpg

山頂はあと少し・・・。

でも、山頂付近はガスが発生しました。

山の天気は変わりやすいって言うけど、

さっきはあんなに晴れてたのに・・・。

せっかくここまで来たんだから晴れてほしい~!!
kitadaketozann 289.jpg

続きはまた今度!

次回、いよいよ山頂へ!!

北岳登山!その5 草すべり上部、お花畑へ!

2009-07-23 (Thu) 20:40[ 編集 ]
つらい草すべりを登りっていくと、

周りの木々が一気に開けました!
kitadaketozann 204.jpg

崖一面に咲く花!
お花畑です!!
kitadaketozann 206.jpg

ここにはいろいろな種類の花が咲いていました。
kitadaketozann 207.jpg

kitadaketozann 208.jpg

kitadaketozann 210.jpg

お花畑を見下ろす・・・。
kitadaketozann 212.jpg

kitadaketozann 213.jpg

kitadaketozann 216.jpg

このお花畑のところも、急な坂道には変わりありません。
kitadaketozann 220.jpg

kitadaketozann 223.jpg

尾根に出るまではまだまだ急な坂を上りますが、

花を見ながらゆっくり登りました。
kitadaketozann 224.jpg

高山植物って、あまり興味はなかったんですが、
こうして見ているといろいろ知りたくなってきます。
kitadaketozann 229.jpg

遠くに見えるのは・・・富士山だ!!
kitadaketozann 232.jpg

kitadaketozann 233.jpg

kitadaketozann 234.jpg

写真ではわかりにくいと思いますが、

本当にすばらしい光景でした。
kitadaketozann 235.jpg

kitadaketozann 236.jpg

草すべりルートもそろそろ終わり・・・。
kitadaketozann 237.jpg

この光景。目に焼き付けました。
kitadaketozann 238.jpg

いよいよ尾根に出ます!
kitadaketozann 239.jpg

尾根を通り、山頂を目指します!!
kitadaketozann 242.jpg

続きはまた今度!




北岳登山!その4 草すべりを登れ!!

2009-07-23 (Thu) 08:09[ 編集 ]
今回のブログで歩いた地図。



距離は短いですが、1キロあたりに600メートルも登ってます。



御池小屋で休憩したあと、

僕たちの目の前に現れたのは・・・

草の壁!!
kitadaketozann 149.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

遥か上の方に人がいます。

ここが

草すべり!
kitadaketozann 151.jpg

一瞬ひるみましたが、がんばって登ります!
kitadaketozann 151.jpg

草すべりの道の脇にも花がたくさん咲いてました。
kitadaketozann 150.jpg

kitadaketozann 157.jpg

たくさんの草。

ほとんど崖です。
kitadaketozann 158.jpg

見下ろすと白根御池が見えました。
kitadaketozann 159.jpg

草すべりから見えた花。
kitadaketozann 160.jpg

kitadaketozann 164.jpg

kitadaketozann 166.jpg

kitadaketozann 167.jpg

高山植物とか、ちゃんと勉強してけばもっと面白かったかも。

帰ったら図鑑で調べてみよう。。

なんて思いながら歩きました。
kitadaketozann 171.jpg

草すべりの上部。
kitadaketozann 173.jpg

kitadaketozann 174.jpg

空を見あげるとこんな感じ。
kitadaketozann 176.jpg

山道を歩いていきます。

すぐ横は崖。

上から降りてくる人も結構いていそぐと危ない。

この道は降りるほうがきっとこわいだろうな。
kitadaketozann 177.jpg

たくさん登ってきたはずなのに・・・

山頂はまだあんなに遠い。
kitadaketozann 179.jpg

バットレスが見えました。
kitadaketozann 183.jpg

バットレスはロッククライミングのメッカのようなものらしく、

よくみると・・・誰か登ってる~!!
kitadaketozann 184-up.jpg

僕にはできません!!
kitadaketozann 184.jpg

狭い道。

転落したら大怪我かもしくは・・・
kitadaketozann 186.jpg

花がきれい。
kitadaketozann 188.jpg

一緒に行った方が

「花に励まされる」

と言ってました。
kitadaketozann 190.jpg

kitadaketozann 192.jpg

この、寄り添うように咲いていた花がきれいでした。
kitadaketozann 193.jpg

今にして思えば、ここが今回の登山で一番きつかったように思います。
kitadaketozann 200.jpg

いつの間にか見あげていたまわりの山々が

同じ目線くらいになってました。
kitadaketozann 201.jpg

草すべりの上の方は・・・

急坂を登ったご褒美とも言える、きれいなお花畑が広がっていました!
kitadaketozann 204.jpg

続きはまた今度!






北岳登山!その3 御池小屋にて休憩

2009-07-23 (Thu) 06:56[ 編集 ]
御池小屋にたどりついた僕たち。
kitadaketozann 136.jpg

ここで水を補給したりトイレに行ったりできます。
kitadaketozann 137.jpg

一緒に行った方が粉のポカリスエットをつくってました。

南アルプスの水で作るポカリはある意味豪華!

ザックを降ろして休憩。

テントでここへ泊まった方も結構いたみたいです。
kitadaketozann 138.jpg

テントを担いで登山か・・・。

やってみたいけど僕のスキルでは厳しいな。
kitadaketozann 139.jpg

きれいな小屋でした。

ここへ泊まって北岳に登る方も多いようです。

僕みたいに早朝2時に車を走らせるより余裕ができそうですね。
kitadaketozann 140.jpg

おやつを食べながら山頂を見る・・・。

まだまだ高い!
kitadaketozann 141.jpg

休憩を終えて、小屋をあとにします。
kitadaketozann 144.jpg

御池小屋の「御池」というのは

この白根御池に由来しているのでしょう。
kitadaketozann 146.jpg

水溜りのような感じでした。
雪渓が見えます。
水辺のテントがなんだかいい感じ。
kitadaketozann 145.jpg

先を進もうとする僕たちの目の前に飛び込んできたもの・・・

それは想像を絶する緑の壁!!

草すべりでした!!
kitadaketozann 149.jpg

続きはまた今度!




北岳登山!その2 御池小屋への道

2009-07-23 (Thu) 06:27[ 編集 ]
広河原から御池小屋へ

今回の登山ルート



広河原へ到着した僕たちは身の回りの支度を整えて

登山道の入り口である吊橋を渡ります。
kitadaketozann 032.jpg

この吊橋が冒険心をかきたててくれます。
kitadaketozann 042.jpg

吊橋を渡ってすぐのところにある広河原山荘。
kitadaketozann 044.jpg

この山荘に泊まってから北岳にのぞむ方も多いそうです。

キャンプ場もありました。
kitadaketozann 046.jpg

ここでトイレをすませ、いよいよ登ります。
kitadaketozann 047.jpg

期待、そして本当に登れるのかと緊張感があります。
kitadaketozann 048.jpg

いきなりの急坂。
kitadaketozann 051.jpg

きついな~なんて思ってましたが、
これから先はもっとすごいことに・・・。
kitadaketozann 054.jpg

川を渡って・・・
kitadaketozann 055.jpg

kitadaketozann 057.jpg

kitadaketozann 058.jpg

北岳登山の楽しみの一つは高山植物です。

今回は花にも注目していきたいと思います。
kitadaketozann 059.jpg

夏の北だけは花の最盛期らしいです。
kitadaketozann 061.jpg

高山植物を目当てに登る方も多いとか。
kitadaketozann 062.jpg

崩れて倒れそうな岩。
kitadaketozann 063.jpg

kitadaketozann 064.jpg

ザックが重い・・・。
kitadaketozann 066.jpg

きれいでした。
kitadaketozann 068.jpg

kitadaketozann 069.jpg

山道をどんどん登ります。
kitadaketozann 070.jpg

分かれ道に出ました。
kitadaketozann 072.jpg

北岳登山にはいくつもの登山ルートがあります。

川沿いの「大樺沢ルート」と

山道を通る「御池小屋ルート」

今回は御池小屋ルートを進みました。
kitadaketozann 073.jpg

北岳山荘へ電話して聞いた情報によると大樺原ルートは

積雪があるとのことだったので、御池小屋ルートを選んだのですが、

実際には大樺原も大丈夫でした。
kitadaketozann 075.jpg

さらにすごい急坂!
kitadaketozann 076.jpg

木の密度が濃い。
kitadaketozann 078.jpg

尾根のようになっている道を歩きます。
kitadaketozann 079.jpg

両端は崖。
kitadaketozann 081.jpg

うっかりしたら崖に落ちそうです。
kitadaketozann 082.jpg

こういったはしごのある場所も。
kitadaketozann 085.jpg

一見危なそうですが、丈夫に作ってあって

安定感がありました。
kitadaketozann 087.jpg

このように崖崩れしているところも。
kitadaketozann 088.jpg

木の隙間から見えた遠くの山。
kitadaketozann 089.jpg

途中にあったベンチ。
kitadaketozann 090.jpg

休憩している方もいました。

僕たちも水分を補給します。

背中にはものすごい汗が出ています。


休憩は長くしすぎないようにしました。


キノコ
kitadaketozann 092.jpg

道はどんどん険しくなっていきます。
kitadaketozann 096.jpg

上から降りてくるかたもいました。

危ない場所なのでお互い譲り合いです。
kitadaketozann 098.jpg

花が僕たちを励ましてくれました。
kitadaketozann 100.jpg

途中にあった看板

見えにくいかもしれませんが

「御池小屋まで1時間」と書いてあります。
kitadaketozann 105.jpg

あ・・・あと一時間も!
kitadaketozann 106.jpg

倒れた木。

地盤が弱く、木が倒れやすいんでしょうね。
kitadaketozann 107.jpg

kitadaketozann 108.jpg

ようやく急坂が終わりました!
kitadaketozann 110.jpg

ここから御池小屋まで高低差の少ない道。
kitadaketozann 111.jpg

山がきれい!

晴れててよかった~!
kitadaketozann 112.jpg

kitadaketozann 113.jpg

汗はいっぱい出てましたが、気持ちよかったです。
kitadaketozann 114.jpg

kitadaketozann 115.jpg

これはなんていう植物なのかな・・・。
kitadaketozann 117.jpg

kitadaketozann 119.jpg

梅雨時でしたが、この日は久しぶりに
天候に恵まれたそうです。
kitadaketozann 120.jpg

木の板の道
kitadaketozann 123.jpg

水辺の近くに咲いていた花
kitadaketozann 127.jpg

ジャングルのようなところ。
kitadaketozann 132.jpg

kitadaketozann 134.jpg

前の方に建物が・・・!
kitadaketozann 133.jpg

ようやく、最初の目的地、御池小屋に到着!
kitadaketozann 136.jpg

本格的な登山はまだまだこれから!

続きはまた今度!




北岳登山!その1 早朝!芦安から広河原へ!

2009-07-22 (Wed) 22:36[ 編集 ]
北岳登山!!

ずっと前から行きたいと思ってました。

早朝、14:00に起き、

国道52号線を北上して南アルプス市、

芦安を目指します!
kitadaketozann 008.jpg

天気はよさそうで一安心!

楽しい登山になりそう!

kitadaketozann 009.jpg

ようこそ!南アルプスへ!!
kitadaketozann 010.jpg

芦安の地図

大きな地図で見る

なぜ芦安というところへ行くのかというと、

南アルプス、北岳の登山口である広河原には

マイカー規制のため、車でいけないからです。

芦安というところからバスに乗って広河原へ行くからです。

でも・・・満車の看板。
kitadaketozann 012.jpg

バス停のすぐそばの駐車場に車を停めることができました。

7月の連休中は大変混雑したそうです。

僕たちが行ったのは翌日が平日だったため、それでも空いているほうでした。
kitadaketozann 011.jpg

登山シューズに履き替え、ザックを背負い、バスへ!

チケットを買って、バスへ乗り込みます。
kitadaketozann 013.jpg

ホームページでは料金は1000円となってましたが、

環境保護のための100円がプラスされ、

料金は1100円。

僕たちが乗ったのは5:10のバス。

結構ギリギリでした。

まあ、乗れなくても次があるんですが・・・。
kitadaketozann 015.jpg

広河原までは山道。

僕は車に酔うのでなるべく寝ようとしましたが、

興奮していて眠れません。ちょっと酔いました。
kitadaketozann 016.jpg

広河原のバス停に到着!
kitadaketozann 020.jpg

バス停にあったバス。
kitadaketozann 021.jpg

広河原の地図
kitadaketozann 022.jpg

近くにあった営業所。
kitadaketozann 026.jpg

気象情報とか、レスキューの拠点になってたりするようです。

レスキューの方のお世話にならないようにしたいです・・・。

トイレをすませ、ザックから最終の荷物の確認。

これを背負って歩きます!
(僕のは右)
kitadaketozann 025.jpg

北岳の登山道を目指します。
kitadaketozann 027.jpg

まだ、早朝でしたが、人は結構いました。
kitadaketozann 028.jpg

このゲートをくぐっていきます!
kitadaketozann 029.jpg

麓から見えた北岳山頂。

このときは「意外と近いんじゃない?」なんて余裕でした。

このときは・・・。
kitadaketozann 030.jpg

kitadaketozann 031.jpg

この吊橋を渡れば、北岳登山がスタート!
kitadaketozann 032.jpg

どんな冒険が待っているのか・・・!!

ワクワクします!!
kitadaketozann 037.jpg


続きはまた今度!

皆既日食

2009-07-22 (Wed) 22:07[ 編集 ]
今日は皆既日食。

保育中だし、曇りだったので見れないかと思ってましたが、

水遊び中、雲から太陽がかけていくのが見えました。

いい具合に雲がフィルターのようになり、

くっきりと・・・。

三日月みたいな形をしてました。

子どもたちも見てましたが・・・

わかったかな。

この花をみて、僕がどこへ行ってきたかわかりますか?

2009-07-21 (Tue) 22:54[ 編集 ]
この花を見ただけで僕がどこへ行ってきたのか?

わかった方はすごいです!!



kitadaketozann 402

これは

キタダケソウです!


そう、北岳に行ってまいりました!

日本で二番目に高い山!

なんとか無事に帰ってこれました。

またブログに登山の様子はのせます!


ららぽーと磐田にきてます。

2009-07-19 (Sun) 14:19[ 編集 ]
20090719141858
磐田にできた

ららぽーと磐田。

有名な治一郎のバウムクーヘンを

買ったのはよかったんですが、

ものすごく混んでて

今食べるところで並んでます。

2時過ぎたのにこういうとこじゃ

あんまり関係ないのかな。

いよいよ!北岳へ・・・!!

2009-07-18 (Sat) 19:27[ 編集 ]
長くからの夢だった、

北岳

にいよいよ登ることになりました。

20日、21日の二日間かけて!

21日は平日なんですが、休日に仕事が入ったのでその代休です。

これはチャンス!!

下の写真はグーグルアースで北岳を見たところ。
北岳登るよ

このごろのグーグルアースは時刻によって太陽も動かせるようで、
このように日の出予想も見れました。

こんな風景が見られるだろうか・・・。

北岳からの日の出予想

上の写真の右に見えてる山は富士山です。

初めて登る山。

遭難者も出ている山なので、十分に注意していきたいと思います!

今日は準備をしてました。

もう夏休みですか?

2009-07-18 (Sat) 18:21[ 編集 ]
このごろ、テレビで夏休みのことが話題になってます。

夏休みにどこへでかけるかとか、子どもの自由研究のおすすめとか。

あれ?もう夏休み?

と思ってましたが、

新聞をみたら先日終業式でもう夏休みにはいった学校があるとか。

そうか~。

もう夏休みのシーズンになるのか・・・。

子どものころって、夏休みと言っても

毎日遊んでたわけじゃなく、

朝は宿題、
10:00に再放送するアニメを見る
お昼、
ダラダラして夕方を迎える。。

という、今思えばなんともつまらない日々。

今それだけ休みがいっぱいあればやりたいこといっぱいあるのにな。

なんて思っちゃったりしました。

僕は今、子どものころより子どもっぽいようなそんな気がします。

あ~夏休みかぁ~。。。
うらやましい。

保育園には夏休みはありませんが、

夏休みを迎える子どもたちには楽しいお休みを迎えてほしいですね!


回転寿司

2009-07-16 (Thu) 20:24[ 編集 ]
20090716202425
寿司を食べてあと一日をがんばる!

今年も!カブトムシをとりに行きました!

2009-07-14 (Tue) 22:53[ 編集 ]
毎年恒例となってきたカブトムシとり。

昨夜は晴れ!

今朝も晴れ!

こういう日はカブトムシがいる!

出発!
早朝3:30

山の中へ
kabutomusiwotorini 014

ここが目当ての木。
kabutomusiwotorini 015

いるかな~。
ワクワクしますね。
kabutomusiwotorini 016

いた!
kabutomusiwotorini 017

流れ出るような樹液。
ここにカブトムシが何匹もいます。
kabutomusiwotorini 020

子どものころ、こういう光景にあこがれました。
kabutomusiwotorini 022

つかまえた!
kabutomusiwotorini 025

kabutomusiwotorini 027

木から落ちたカブトムシ。
kabutomusiwotorini 029

交尾を迫るオス。
kabutomusiwotorini 033

しかし、このあとオスはメスに逃げられてしまいました・・・。
kabutomusiwotorini 034

オス6匹 メス3匹 捕まえました。
kabutomusiwotorini 041

今日、早速保育園へ持っていったら・・・

2歳児は怖がってました。。




愛鷹山登山 最高峰・越前岳へ!

2009-07-14 (Tue) 18:40[ 編集 ]
愛鷹は「アシタカ」と読みます。

富士山の南にある山です。

下の写真で言うと、富士山の右側。
写真の中央にある山です(この写真は日本平から撮ったもの)。
20090107054112[1].jpg

いくつも山が連なっていて、愛鷹連邦とも
呼ばれています。

地図

大きな地図で見る

今回登った山は正確には愛鷹山ではなく、
愛鷹連邦の最高峰、越前岳に登りました。

ややこしいかな・・・?

「一富士二鷹」の「鷹」は、一説によれば富士山の近くにあるこの

愛鷹の「鷹」と言われています。もちろん、数ある説のひとつですが。

いつか行ってみたいと思ってましたが、今回ようやく登山!

今回の登山ルート



曇り空でしたが、富士宮市から少しだけ富士山が見えました。
asitakayamanite 001.jpg

十里木の駐車場に車を停めます。

十里木は富士山こどもの国とサファリパークの間くらいにあります。
asitakayamanite 002.jpg

僕たちが行ったときはもうすでに何人か登ってました。

登山シューズに履き替えて、いよいよ出発!
asitakayamanite 003.jpg

愛鷹山登山ですが、今回登るのは愛鷹連山最高峰の越前岳。
asitakayamanite 004.jpg

まず、一番はじめの目的地である展望台までは二つのルート。
右ルートと左ルート。
asitakayamanite 005.jpg

僕たちは少し遠回りの右ルートから行きました。
asitakayamanite 007.jpg

asitakayamanite 009.jpg

いきなり急坂の道です。
asitakayamanite 011.jpg

少し登ったところで下を見下ろす。
asitakayamanite 012.jpg

asitakayamanite 014.jpg

アザミが咲いていて蜂がいました。
asitakayamanite 015.jpg

木々の間を通ります。
asitakayamanite 018.jpg

曇り空で残念だったんですが、雨が降らなかっただけましかな。
asitakayamanite 019.jpg

展望台が見えてきました。
asitakayamanite 021.jpg

展望台
asitakayamanite 023.jpg

ここまで歩いて帰る人も多いかな。
asitakayamanite 024.jpg

展望台からの眺め。
晴れてると富士山がきれいに見えたんだろうな~。
asitakayamanite 025.jpg

今回は山頂を目指してるのであまり休まずにどんどん進みます。
asitakayamanite 026.jpg

この矢倉のような建物、下から見えてました。
asitakayamanite 027.jpg

asitakayamanite 028.jpg

この日はとても暑かった~。
asitakayamanite 031.jpg

asitakayamanite 034.jpg

開けたところに到着。
asitakayamanite 036.jpg

ここが「馬の背」
asitakayamanite 041.jpg

いい眺めでした。
晴れてればもっとすごかったかな。
asitakayamanite 043.jpg

風が気持ちよかったです。

ここから山頂まで、急坂の連続!
asitakayamanite 049.jpg

岩場、崖のような道を登る。
asitakayamanite 050.jpg

時々晴れて、木々の間からこぼれる光がきれい。
asitakayamanite 051.jpg

こんな感じの道が延々続きます。
asitakayamanite 052.jpg

asitakayamanite 053.jpg

大変でしたが、休憩はほとんどしませんでした。
asitakayamanite 054.jpg

asitakayamanite 057.jpg

asitakayamanite 058.jpg

山頂近く。
草が迷路みたいになってます。
asitakayamanite 062.jpg

看板
asitakayamanite 063.jpg

目の前が明るくなってきました・・・!
asitakayamanite 067.jpg

やったー!
山頂に到着!
asitakayamanite 068.jpg

越前岳山頂。
標高1507m
asitakayamanite 069.jpg

三角点
asitakayamanite 074.jpg

しかし、やっぱり雲で景色は見えません。
asitakayamanite 070.jpg

このまま引き返してもいいのですが、
せっかくなので須山方面へ行きます。
asitakayamanite 076.jpg

ここからは下り道です。
asitakayamanite 077.jpg

楽な道かと思いきや、結構急な場所もあって大変でした。

道の真ん中に沼みたいのができてる~。
asitakayamanite 078.jpg

asitakayamanite 079.jpg

asitakayamanite 082.jpg

なにやら見えてきました。
asitakayamanite 084.jpg

富士見台到着。
asitakayamanite 086.jpg

でも富士山はやっぱり見えませんでした。
asitakayamanite 088.jpg

先を進みます。
asitakayamanite 089.jpg

道が悪かったです。
asitakayamanite 090.jpg

ここから鋸岳が見えるみたいですが・・・
asitakayamanite 091.jpg

山の下の方だけしか見えませんでした。
asitakayamanite 092.jpg

asitakayamanite 095.jpg

木々の間を歩きます。
結構滑るので危なかった。
asitakayamanite 098.jpg

やっと歩きやすい道に・・・
asitakayamanite 099.jpg

看板があります。
この看板の前の下り道を降りて山神社方面を歩きます。
asitakayamanite 100.jpg

asitakayamanite 101.jpg

ここがまた急坂。
asitakayamanite 103.jpg

崖みたいになってて滑り落ちると危ない・・・!
asitakayamanite 104.jpg

このような場所に着きました。
ここに愛鷹山荘があります。
asitakayamanite 105.jpg

愛鷹山荘の入り口。
asitakayamanite 106.jpg

これが愛鷹山荘
asitakayamanite 107.jpg

愛鷹山荘は無人の山小屋。
小屋の中には毛布やストーブ、寝泊りするものがありました。
無料で使えるようですが、、マナーは守るのは基本ですね。

ここでテーブルを借りて昼食にしました。
asitakayamanite 109.jpg

ガスバーナーとクッカーを使って・・・
asitakayamanite 110.jpg

つくるのはやっぱりラーメン!
おいしかった~!
asitakayamanite 111.jpg

コーヒーもいれてみました。
asitakayamanite 114.jpg

愛鷹山荘、ありがとう!
asitakayamanite 115.jpg

愛鷹山荘を少し離れた場所からみたところ。
asitakayamanite 116.jpg

先を進みます。
もう少しでこの山道も終わりのはず。
asitakayamanite 117.jpg

はしごの道はちょっと怖かったです。
asitakayamanite 118.jpg

岩がゴロゴロしてました。
この辺は落石が多いようです。
asitakayamanite 120.jpg

後ろを振り返ると・・・なんとも趣きのある道。

きれいです!
asitakayamanite 121.jpg

くだりの道、結構滑って危なかったです。
asitakayamanite 124.jpg

asitakayamanite 125.jpg

このあたりの苔についていた幼虫。
何の虫だろう。
asitakayamanite 127.jpg

山道を降りたところに神社が。
asitakayamanite 128.jpg

山神社
asitakayamanite 130.jpg

山神社のまわりは大きな木がたくさんありました。
asitakayamanite 132.jpg

asitakayamanite 134.jpg

asitakayamanite 135.jpg

asitakayamanite 136.jpg

asitakayamanite 137.jpg

ここからは道路です。
ここから越前岳に登る人もいると思います。
asitakayamanite 138.jpg

たくさんの木。
まっすぐ伸びてました。
asitakayamanite 139.jpg

asitakayamanite 140.jpg

ここからは交通量が多くなって歩くのもちょっと怖かったです。
asitakayamanite 145.jpg

富士サファリパークを通り過ぎ、最初の十里木の駐車場に戻ります。
asitakayamanite 153.jpg

再び、先ほどの越前岳が見えました。

山の峰、さっきはここを登ったんだ・・・。
asitakayamanite 154.jpg

ようやく、最初の十里木の駐車場へ。
asitakayamanite 158.jpg

がんばって歩きました!!
asitakayamanite 159.jpg



ダッフィーとお出かけ♪

2009-07-13 (Mon) 20:19[ 編集 ]
20090713201854
今からダッフィーと

お出かけします。

一昨日からうちにきてたんですが、

服をつくってくれた

もうひとりのご主人に

会いたいそうです。

これから出かけます。

面白い地図。ALPSLAB ROUTE

2009-07-13 (Mon) 18:57[ 編集 ]
僕のブログはお出かけしたこととか、

サイクリング、山道などを紹介することがあります。

ルートの紹介をしたいのですが、

Googleマップだとどうもうまくいかない。
道に沿ってやるには面倒なこともある。

そこで、ある方が教えてくれたのが

「ALPSLAB route」

というサイト。

ここでは、自分で地図さくせいしたり、
歩いたところなどを道に沿って作ることができます。

ちゃんと自分が行った道がでる。これは便利。

以前、富士山一周した道を作成してみました。



富士山一周サイクリング


さらに!

地図の中の

「写真・標高グラフ付きの大きな地図を見る」

をクリックすると、

どれだけの高さを走ったとか、誰かが投稿した地図周辺の写真を見ることができます。

これはすごいです!

自分がどれだけ高いところまで歩いたとか一目でわかります。

良かったら見てみてください!

ちなみに、富士山一周サイクリングは
ゴールが富士宮市になってしまってますが、
富士山一周まわって、合流してからスタート地点までまた同じ道なので
合流地点がゴールになってしまってます。

ダッフィーが家にきた! 最高の誕生日

2009-07-11 (Sat) 06:17[ 編集 ]
昨日は誕生日だったのでご飯を食べに出かけました。

「にんにくや」というお店。

ここのエビチリが最高です!

最後の仕上げは目の前でしてくれる!
tanjoubide 086

辛くておいしい!
tanjoubide 088

大根サラダ
tanjoubide 089

揚げたにんにく
tanjoubide 090

にんにくチャーハン

にんにくばっかりですね!
tanjoubide 091

誕生日企画で、アイスクリームをもらっちゃいました!
tanjoubide 092

家に帰ると、ダッフィーも一緒にきました。

以前、ディズニーシーに行ったときにシーからついてきたダッフィー。

一緒に行った方のうちでお世話になっていました。

こんなにいい服まで着せてもらって。
tanjoubide 095

ダッフィーが持ってきてくれたプレゼント。
tanjoubide 096

一緒にいた方がアルバムをくれました。
tanjoubide 099

そして・・・
tanjoubide 100

誕生日のケーキ!
tanjoubide 103

こういうの、何年ぶりだろうか・・・

ろうそく吹き消すなんて、久しぶりでちょっと恥ずかしかった。
tanjoubide 104

おいしかったです!
tanjoubide 107

最高の誕生日になりました!


20代最後の夜

2009-07-09 (Thu) 21:11[ 編集 ]
気がつけば明日は誕生日。

いよいよ僕も30代突入です。

10年って短いようですが、いろいろなことがありました。

保育士になりました。

それ以外は身上に大きな変化もなく、

ただ好きなことをして生きてきました。

あげていけば、いろいろあったんだと思いますが、

今はそれをいろいろと思い出して感傷的になる気分ではありません。

僕はその辺の中学生や高校生よりもまだ若いつもりです。

むしろ、子どものころには無理だと思っていたことにいろいろ挑戦したい

そんな気持ちが強いです。

むしろ10代はあまり勉強ができなかったとはいえ、

束縛が強かったような気がします。

山登ったり、知らない土地に出向いたり、

冒険したいという気持ちは強いです。

まだまだ精神的に幼稚なんですね。

それは僕にとってはほめ言葉でもあるんですが。

こういう気持ちがあるときって、年をとらないような、そんな気がします。

死ぬほどさみしいころってありました。

今の僕は毎日が楽しいです。

つらい日もあります。

でも、それも僕にとって大事な一日です。


まあ、最後だからって特に何もないんですが。


もともと、ブログをはじめたのが、

一時期はまったオンラインゲームが、

このままはまり続けたら危険だということに気がつき、

やめたのがきっかけです。

僕にも暇でしょうがないときがあったんですね。

あのままオンラインゲームなんかにはまってなくてよかった!

いい気分で30を迎えられるのはそれなりに20代を楽しめたからかな。

後悔するのは嫌だから、とりあえず、やれることはやった!


7月10日 地球消滅 「ノウイング」

2009-07-09 (Thu) 07:21[ 編集 ]
最近、CMで見る

「7月10日 地球消滅」

というキャッチフレーズ。

これはもちろん本当のことではなく、

「ノウイング」という映画のキャッチコピーです。

地球が消滅するという内容の映画が7月10日に公開されるということ。

別にかまわないんですが・・・

7月10日は僕の誕生日!

このCMが流れたときは

「ちょっと~!僕の誕生日に地球消滅~!?」

と思ってしまいました。

主演のニコラスケイジは好きなので見に行きたい気もしますが。

最近、地球が消滅するといった内容の映画が多いような気がします。

映画「ノウイング」の予告トレイラー


今日は七夕ですね!

2009-07-07 (Tue) 22:37[ 編集 ]
今日は七夕の日ですね。

保育園でも七夕やりましたよ。

2歳児には七夕の話はちょっと難しい感じもしますね。
oomorida 003

みなさんは七夕にどんな願いことをしますか?

子どもたちや皆さんの願い事が星に届くといいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。