2010年07月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光 薬師堂(鳴龍)

2010-07-31 (Sat) 07:42[ 編集 ]
日光東照宮を見学。

帰り道にはいります。
totigiheittayo 338.jpg

でも、あれ?チケットがひとつあまってる。

と思ったら最後にもう一ヶ所、

薬師堂というところがありました。
totigiheittayo 339.jpg

ここでの見所は

「鳴龍」というもの。
totigiheittayo 340.jpg

天井に描かれた龍。

ある場所で拍子木を打つと、

龍が鳴くように響いていくのが聞こえました。

やっぱり中は撮影禁止だったので龍の写真は見せられませんが、

天井に大きく描かれた龍がすごかったです。
totigiheittayo 341.jpg

スポンサーサイト

日光 東照宮 家康公墓所

2010-07-31 (Sat) 07:35[ 編集 ]
東照宮を出て、奥院、

家康公墓所へ行きます。

ここは別料金。
totigiheittayo 307.jpg

入ってすぐのところに見られるのがこれ
totigiheittayo 308.jpg

大人気!

眠猫です!
totigiheittayo 309.jpg

小さいので矢印の看板が。
totigiheittayo 310.jpg

これが眠り猫。
totigiheittayo 311.jpg

家康公の墓所にはネズミ一匹通さないとか、

平和の象徴として置かれているとか、説はいろいろあるそうです。
totigiheittayo 312.jpg

totigiheittayo 335.jpg

眠猫をくぐり、階段を登ります。
totigiheittayo 317.jpg

totigiheittayo 318.jpg

けっこう長い階段。
totigiheittayo 319.jpg

上まできました。
totigiheittayo 320.jpg

家康は、戦国時代に終止符を打った、

言わば平和の象徴として祭られているようです。
totigiheittayo 321.jpg

さらに奥へ入ります。
totigiheittayo 323.jpg

ここに家康公が眠っています。
totigiheittayo 326.jpg

totigiheittayo 327.jpg

totigiheittayo 328.jpg

近くの売店では眠猫グッズが売られてました!
totigiheittayo 329.jpg

狛犬。
totigiheittayo 330.jpg

totigiheittayo 331.jpg

階段を降ります。
totigiheittayo 332.jpg

周りの木々と相まって素晴らしい体験ができたと思います。
totigiheittayo 334.jpg

totigiheittayo 338.jpg



日光 東照宮

2010-07-31 (Sat) 07:22[ 編集 ]
大猷院を出ていよいよ東照宮へ。
totigiheittayo 278.jpg

東照宮の入り口近くには馬車も。
totigiheittayo 279.jpg

いよいよ入ります。
totigiheittayo 281.jpg

チケットを渡し、門をくぐります。
totigiheittayo 282.jpg

totigiheittayo 283.jpg

totigiheittayo 284.jpg

totigiheittayo 285.jpg

入ってすぐのところにあったのが有名な・・・
totigiheittayo 286.jpg

見ざる、言わざる、聞かざる です!
totigiheittayo 287.jpg

ここではたくさんの人が写真を撮ってました。
totigiheittayo 291.jpg

totigiheyumicamera 178.jpg

totigiheyumicamera 179.jpg

子どもには悪いことを

「見せない」「言わない」「聞かせない」という教訓ですね。
totigiheyumicamera 180.jpg

ここから東照宮を見上げるのも有名ですね。
totigiheittayo 293.jpg

totigiheittayo 294.jpg

totigiheittayo 296.jpg

階段を登っていきます。
totigiheittayo 297.jpg

陽明門。

すばらしい造りです。
totigiheittayo 298.jpg

totigiheittayo 299.jpg

totigiheyumicamera 182.jpg

totigiheittayo 300.jpg

totigiheittayo 301.jpg

東照宮。
totigiheittayo 302.jpg

平日だったのに、観光客がたくさんいました。
totigiheittayo 303.jpg

totigiheittayo 304.jpg

東照宮に入ります。
totigiheittayo 306.jpg

中はやっぱり撮影禁止でしたが、

漆塗りの床とか、麒麟の絵とか、すばらしかったです。

外に出て、家康公の墓所である奥院へ入ります。
totigiheittayo 307.jpg



日光 大猷院

2010-07-30 (Fri) 06:30[ 編集 ]
二荒山神社の次はすぐ近くにある

大猷院に行きました。
totigiheittayo 250.jpg

ここは家光公の廟があります。
totigiheittayo 251.jpg

門を入ります。
totigiheittayo 252.jpg

totigiheittayo 253.jpg

これは二天門
totigiheittayo 256.jpg

totigiheittayo 258.jpg

少し階段を登って行きます。
totigiheittayo 259.jpg

次に見えてくるのが夜叉門
totigiheittayo 260.jpg

totigiheittayo 261.jpg

豪華なつくりの門です。
totigiheittayo 262.jpg

名前のとおり夜叉(鬼)がいます。
totigiheittayo 263.jpg

そして唐門をくぐると・・・
totigiheittayo 265.jpg

本殿というのでしょうか?

金閣殿に入ります。
totigiheittayo 266.jpg

中には家光公の像が特別展示されていました。

やっぱり撮影は禁止。

唐門の上には龍が。
totigiheittayo 267.jpg

皇嘉門
totigiheittayo 269.jpg

totigiheittayo 270.jpg

totigiheittayo 272.jpg

おりていきます。
totigiheittayo 273.jpg

totigiheittayo 275.jpg

totigiheittayo 276.jpg

いよいよ日光東照宮へ向かいます。
totigiheittayo 278.jpg



日光 二荒山神社

2010-07-29 (Thu) 20:45[ 編集 ]
長い杉並木道を歩き、二荒山神社に到着。
totigiheittayo 219.jpg

鳥居をくぐっていきます。
totigiheittayo 220.jpg

totigiheittayo 221.jpg

近くにあった縁結びの木
totigiheittayo 222.jpg

totigiheittayo 223.jpg

これが二荒山神社。
totigiheittayo 225.jpg

中に入れましたがやっぱり撮影禁止でした。

ここにはいろいろな杉の木が見られました。
totigiheittayo 226.jpg

神社の脇の方から神苑というところに入ります。

ここはチケットの共通券が使えないので別料金で入ります。
totigiheittayo 229.jpg

ここは健康をお祈りするところ。

健康が一番ですね。
totigiheittayo 231.jpg

totigiheittayo 232.jpg

totigiheittayo 235.jpg

この灯篭には刀の切り傷がついてました。
totigiheittayo 236.jpg

神輿が飾られていました。
totigiheittayo 233.jpg

totigiheittayo 234.jpg

お菓子の神様が祭られているところも。
totigiheittayo 237.jpg

ここにはお菓子占いというおもしろいものがありました。

これを回して止まったところのお菓子によって運勢を占います。
totigiheittayo 238.jpg

東屋と呼ばれる茶屋。
totigiheittayo 239.jpg

ここは名水なのかな。

工事中で飲めませんでした。
totigiheittayo 241.jpg

totigiheittayo 243.jpg

totigiheittayo 244.jpg

縁結びの笹
totigiheittayo 246.jpg

totigiheittayo 247.jpg

totigiheittayo 248.jpg

僕たちはまだ子宝に恵まれてないので

ここでおまいりしました。
totigiheittayo 249.jpg

totigiheyumicamera 167.jpg

この丸い石・・・。

どことなく僕が教えた泥団子に似てるな。。。
totigiheyumicamera 173.jpg




日光 杉並木

2010-07-29 (Thu) 20:18[ 編集 ]
輪王寺を出ました。
totigiheittayo 209.jpg

まっすぐ行けば東照宮なんですが、

東照宮は最後に行くことにして、

二荒山神社、大猷院廟へ行くことにしました。
totigiheittayo 210.jpg

長い杉並木の道を歩きます。

大きな木がたくさん!
totigiheittayo 211.jpg

パワースポットと呼ばれる所以か、植物も元気なようです。
totigiheittayo 217.jpg

水路を流れる水。
totigiheittayo 218.jpg

風情があっていいですね。

長い道かと思いましたが、

木々を見ながら歩き、あっという間に

二荒山神社の入り口に着きました。
totigiheittayo 219.jpg


日光 輪王寺

2010-07-29 (Thu) 20:00[ 編集 ]
逍遥園を出て、順路に沿って日光をまわることに。

輪王寺というところに入ります。
totigiheittayo 201.jpg

輪王寺の近くにあった桜の木。
totigiheittayo 202.jpg

totigiheittayo 203.jpg

入ります。
totigiheittayo 204.jpg

残念なことに、中は撮影禁止。

三仏堂と呼ばれる、3体の仏像は圧巻でした。

外に出たところにあった護摩堂。
totigiheittayo 206.jpg

totigiheittayo 207.jpg

totigiheittayo 205.jpg

totigiheittayo 208.jpg


日光山 逍遥園

2010-07-25 (Sun) 22:41[ 編集 ]
東照宮のチケットを買った僕たちは

参拝図のとおりに行くことにしました。

最初は入り口近くにあった

逍遥園というところ。
totigiheittayo 184.jpg

ここには江戸時代からあるといわれる日本庭園がありました。
totigiheittayo 186.jpg

雨がやんでいてよかった。
totigiheittayo 187.jpg

totigiheittayo 188.jpg

ここは茶室かな。
totigiheittayo 190.jpg

紅葉のときにきても良さそうだけどものすごく混むらしいです。
totigiheittayo 191.jpg

植物が生き生きとしていました。
totigiheittayo 194.jpg

totigiheittayo 195.jpg

梅雨時は植物も元気なようです。
totigiheittayo 197.jpg

totigiheittayo 200.jpg

totigiheyumicamera 161.jpg

美しい庭園を見ることができました。
totigiheyumicamera 164.jpg

逍遥園のなかには宝物殿もありました。

撮影は禁止でしたが、

徳川家光が書いた絵とか書がありました。


日光東照宮へ!

2010-07-22 (Thu) 21:27[ 編集 ]
以前から行きたいと思っていた日光東照宮!

近くの駐車場に車を停めていきます。
totigiheittayo 177.jpg

駐車場から階段を歩いていきます。
totigiheittayo 178.jpg

totigiheittayo 179.jpg

日光東照宮の観光というと、

二社一寺の観光が一般的ですが、

僕はあまり詳しくはありません。
totigiheittayo 180.jpg

近くにあった地図。
totigiheittayo 181.jpg

どうしようかと思ってましたが、

入場券を買うと順路に沿って全てまわることができるようです。
img179.jpg

詳しいことがわからなくても、一通りまわれるようで一安心。

美術館や他のお堂なども見られるようです。
totigiheittayo 185.jpg

totigiheittayo 182.jpg

totigiheittayo 183.jpg

順路に沿ってまわることにしました。

日光「小さなホテル森のうた」で一泊

2010-07-22 (Thu) 21:07[ 編集 ]
中禅寺湖を後にして、再びいろは坂を下ります。

日光の東照宮の近くで夕食を食べることにしました。

お店とか詳しいことは知りませんが、

世界遺産のある日光の東照宮の近くだからきっといいお店があるはず!

・・・と思って行ったのですが、真っ暗!

お店はほとんど閉店でありませんでした。

やっとみつけたのがファミリーレストラン・・・。

本当はこっちのおいしいお料理を食べたかった・・・のですが、

贅沢はいえません。

でも、いつもファミリーレストランで食べるよりも少し豪華に・・・。
totigiheittayo 161.jpg

なにせ、光る泥団子の講座が無事に終わったのでそのお祝いです。

お腹がいっぱいになったところで本日予約をしていたホテルへ・・・。

ペンション風の

「小さなホテル森のうた」

というところへ行きました。

大きな地図で見る

雨が降っていてもう暗かったので夜の写真は撮れなかったのでこれは翌朝の写真。
totigiheittayo 176.jpg

素敵な建物です。
totigiheittayo 175.jpg

totigiheittayo 174.jpg

フロントの飾りなど、かなりこだわっている様子。
totigiheittayo 167.jpg

吹き抜け階段。
totigiheittayo 166.jpg

totigiheittayo 165.jpg

部屋は広くはないのですが、赤毛のアンに出てきそうな素敵な部屋で

寝るだけなら十分な広さです。
totigiheittayo 162.jpg

疲れていましたが、夫婦で入れる貸切のお風呂が最高に気持ちよかったです。

ぐっすり休みました。

そして翌朝。

朝食。
totigiheittayo 170.jpg

クロワッサンが最高に美味しかったです!
totigiheittayo 173.jpg

後で知ったのですが、ここはお料理が美味しいことでも有名らしいです。

夕食もここで予約をとればよかったな。
totigiheittayo 172.jpg

朝食を食べてからすぐに出発しました。

この日は日光東照宮に行く予定です!


日光の猿

2010-07-22 (Thu) 06:11[ 編集 ]
戦場ヶ原を後にして、山をおりていくことに。

走っていると・・・
totigiheittayo 147.jpg

!?

今何かいた!!

引き返してみてみると・・・

猿がいました!
totigiheittayo 154.jpg

橋の上にいました。
totigiheittayo 150.jpg

有名な(?)日光の猿ですね。
totigiheyumicamera 154.jpg

しばらく僕たちの車を見つめていました。

なにか餌がもらえると思ったのかな。

こういう野生の猿の食べ物をあげるのは禁止ですね。
totigiheyumicamera 156.jpg


戦場ヶ原

2010-07-22 (Thu) 05:47[ 編集 ]
中禅寺湖、竜頭の滝の奥の方に

戦場ヶ原というところがあります。

三本松園地というところに車を停めていきます。
totigiheittayo 145.jpg

totigiheittayo 146.jpg

この辺にはハイキングコースなどがあるそうですが、

今回は戦場ヶ原を見るだけ。
totigiheittayo 138.jpg

こういった遊歩道を歩いていくと・・・
totigiheittayo 139.jpg

着きました。
totigiheyumicamera 150.jpg

とても広い湿原。

本当に戦場になったわけではないようです。
totigiheittayo 140.jpg

totigiheittayo 141.jpg

totigiheittayo 142.jpg

雨が降り、もう夕方だったので僕たち以外誰もいませんでした。
totigiheittayo 144.jpg

広々とした湿原、人の足が入らないので野鳥の楽園みたいです。
totigiheyumicamera 149.jpg



竜頭の滝

2010-07-21 (Wed) 22:15[ 編集 ]
中禅寺湖で華厳滝を見ましたが、

竜頭の滝にも行ってみることにしました。

大きな地図で見る

totigiheittayo 119.jpg

駐車場に近いところから見えた滝。
totigiheittayo 121.jpg

totigiheittayo 124.jpg

これはとても素晴らしい!

totigiheittayo 125.jpg

さらに高いところへ行って見えるのが竜頭の滝。
totigiheittayo 127.jpg

totigiheittayo 128.jpg

龍の鱗っぽいのかな。
totigiheittayo 129.jpg

上流の方まで行って見ました。
totigiheyumicamera 143.jpg

totigiheyumicamera 142.jpg

totigiheittayo 135.jpg

中禅寺湖

2010-07-20 (Tue) 13:06[ 編集 ]
華厳滝に水を注ぐ大きな水がめといえば

中禅寺湖です。
totigiheittayo 116.jpg

夕方になり、雨も降っていて人は少なかったです。
totigiheittayo 117.jpg

ボートの小屋があったり、

ちょっとしたリゾート地のようでした。
totigiheittayo 155.jpg

静寂に包まれた中禅寺湖を見ることができました。
totigiheittayo 156.jpg


華厳滝

2010-07-20 (Tue) 08:40[ 編集 ]
栃木にきたらぜひ見たいと思っていたところ。

それが

華厳滝です。
totigiheittayo 098.jpg

日本三大瀑布と呼ばれているものの1つですね。

大きな地図で見る

いろは坂をようやく登りました。
totigiheittayo 085.jpg

遠くに見えるのが男体山。
totigiheittayo 086.jpg

近くの駐車場で車を停めて滝へ向かいます。
totigiheittayo 087.jpg

ここが滝の入り口。
totigiheittayo 088.jpg

ここから滝が見えるようです。
totigiheittayo 089.jpg

上から滝を見下ろす形。

すごいです。
totigiheittayo 090.jpg

でも、なんといっても見所は

エレベーターを降りて滝を正面から見たところでしょう。

昇降券を買います。
totigiheittayo 091.jpg

この日は夕方でしたが、普段はたくさん人が来るんだろうな~。
totigiheittayo 092.jpg

エレベーター乗り場。
totigiheittayo 093.jpg

エレベーターはゆっくり下へ・・・。
totigiheittayo 094.jpg

通路を通って滝へ・・・!
totigiheittayo 096.jpg

見えました!

華厳滝です。
totigiheittayo 098.jpg

威風堂々とした滝の姿に圧倒されました。
totigiheittayo 100.jpg

totigiheittayo 102.jpg

totigiheittayo 103.jpg

totigiheittayo 104.jpg

totigiheittayo 108.jpg

カップルもけっこういましたよ。

僕たちを含め、いい思い出になったでしょうね。
totigiheittayo 109.jpg

totigiheittayo 110.jpg

totigiheittayo 111.jpg

totigiheittayo 113.jpg

紅葉のシーズンはものすごい人になるそうです。

いつか見にきたいな。
totigiheyumicamera 121.jpg


いろは坂

2010-07-20 (Tue) 08:07[ 編集 ]
日光、中禅寺湖へ向かいます。
totigiheittayo 082.jpg

中禅寺湖には急坂を登っていきます。

のぼりとくだりで道が違います。

この急坂をいろは坂と言います。

大きな地図で見る

totigiheittayo 083.jpg

いろは坂というのは名前のとおり

47もの急なカーブがあります。

カーブには看板があり、いろは順に字が書いてあります。
totigiheittayo 084.jpg

いろはにほへと ちりぬるを

わかよたれそ つねならむ

うゐのおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑひもせす

いろは歌を歌うようにいけるので、

長い道も飽きずにいけました。
totigiheittayo 160.jpg

カーナビを見ると・・・すごいことに!!
totigiheyumicamera 158.jpg


日光へ向かう!

2010-07-20 (Tue) 07:56[ 編集 ]
泥団子の講座が無事に終わり、

ほっと胸をなでおろしたところで日光へ向かいます。
totigiheittayo 079.jpg

せっかく栃木に来たのですから、

前から行きたいと願っていた日光へ行くことにしました。
totigiheittayo 080.jpg

この日はもう夕方になりかかっていたので、

中禅寺湖の方へ行き、

日本三大瀑布と呼ばれる

華厳の滝に行くことにしました。
totigiheittayo 081.jpg


宇都宮餃子を食べました!

2010-07-20 (Tue) 07:47[ 編集 ]
静岡県の餃子といえば浜松餃子が有名(消費量日本一)ですが、

宇都宮といえば宇都宮餃子が超有名ですね!

餃子の専門店に行って食べました!

焼き餃子一皿200円

水餃子一皿200円

注文してから焼くスタイルみたいです(普通そうか)。

おいしそう!
totigiheittayo 068.jpg

餃子専門店のため、ご飯とかありませんでした。

焼き餃子
totigiheittayo 067.jpg

水餃子
totigiheittayo 069.jpg

めちゃくちゃおいしかったです!
totigiheittayo 070.jpg

この値段だったらもっと頼めばよかった~!


大谷観音 宇都宮市

2010-07-20 (Tue) 07:40[ 編集 ]
鹿沼市からすぐ近くの宇都宮の北西部。

大谷観音というところがあります。


大きな地図で見る

totigiheittayo 015.jpg

門をくぐると、岩が社を覆うようになっていました。
totigiheittayo 017.jpg

totigiheittayo 019.jpg

この中に大谷観音があるのですが、中は撮影禁止。
totigiheittayo 020.jpg

壁に彫られた像が歴史を感じました。
totigiheittayo 023.jpg

totigiheittayo 024.jpg

岩の形がすばらしかったです。
totigiheittayo 025.jpg

totigiheittayo 025.jpg

totigiheittayo 030.jpg

庭園。
totigiheittayo 031.jpg

この池にはかつて毒蛇がいたそうなのですが、

空海が退治して改心し、白蛇になったのだとか。
totigiheittayo 032.jpg

totigiheittayo 033.jpg

観音の足元に合ったという、縄文人の人骨も

宝物館で見ることができました。

撮影禁止だったので、これはチケットの写真。
totigiheittayo 036.jpg

totigiheittayo 038.jpg

totigiheittayo 039.jpg

totigiheittayo 040.jpg

このあたりの岩は本当に特殊です。
totigiheittayo 043.jpg

大谷観音を出ます。
totigiheittayo 045.jpg

近くの大谷石の石切場のあとを見に行くことにしました。
totigiheittayo 046.jpg

近くには大谷石で作ったかえるが売られていました。
totigiheittayo 047.jpg

これはとても縁起の良いものらしいので

カエル好きの父と自分たち用に買いました。

切り出した石で谷のようになっていました。

西洋の城壁にも見えます。
totigiheittayo 048.jpg

大谷石は

・耐火性にすぐれている。

・石の重量が軽い。

・石質が柔らかいため、加工が容易である。

という特徴があります。

塀や壁に使われることが多いようです。

totigiheittayo 049.jpg

ここにあったのが平和観音。
totigiheittayo 050.jpg

高さ26メートルもあるそうです。
totigiheittayo 051.jpg

親子がえるの岩。
totigiheittayo 053.jpg

totigiheittayo 054.jpg

totigiheittayo 055.jpg

岩の間にいるのは僕の奥様です。
totigiheittayo 056.jpg

平和観音の上に登れるそうなので行ってみました。
totigiheittayo 058.jpg

totigiheittayo 061.jpg

totigiheittayo 062.jpg

totigiheittayo 063.jpg

泥団子の講座が始まる前だったので、

講座がうまくいきますように!

と、お参りしてきました。


鹿沼市文化活動交流館

2010-07-20 (Tue) 06:43[ 編集 ]
栃木県の鹿沼市に到着しました。

ちょっと早く着きすぎたので

宇都宮にある奥様のお父さんの実家へ結婚の挨拶に行ってきました。

奥様の伯父さんにあたる方は足が悪く、結婚式へこれなかったのです。

鹿沼市の方に呼ばれ、偶然にも奥様のお父さんの実家の近くということで、

これもなにかの縁ですよね。

そして、挨拶が終わってもうすぐ

光る泥団子の養成講座が始まります。

会場は

鹿沼市文化活動交流館というところ。
totigiheittayo 071.jpg

それでもまだ時間があったので中を見せてもらいました。

鹿沼市で行われるお祭の屋台などを見ました。
totigiheittayo 072.jpg

そしていよいよ緊張の養成講座の開始!
totigiheyumicamera 114.jpg

かなり緊張しましたが皆さん真剣でとてもいい泥団子ができました。

2日間にわたって行われました。

僕自身もとても良い経験になりました。
totigiheittayo 078.jpg

この時の詳しい記事はこちら

栃木到着! 佐野ラーメンとレモンミルク

2010-07-20 (Tue) 06:02[ 編集 ]
栃木県に入りました!

遠かった~!

佐野SAで名物の佐野ラーメンを食べます。


大きな地図で見る

totigiheittayo 010.jpg

人気があるらしく、朝なのにラーメンを食べてる方が多かったです。
totigiheittayo 011.jpg

味はさっぱり系で食べやすかったです。

これなら朝ラーメンでもいいかも。
totigiheittayo 012.jpg

そして、栃木といえばレモンミルク!

もちろん飲みましたよ。

初体験です。
totigiheittayo 013.jpg

酸っぱいものを想像していましたが、

とても甘く、ミルクセーキみたいな味がしました。

佐野SAでゆっくりし、再び出発!

栃木県の鹿沼市へ向かいます!


栃木へ行ってきました!

2010-07-20 (Tue) 05:58[ 編集 ]
栃木へ行ってきました!

先日もお伝えしたとおり、

光る泥団子の作り方を教えるために行きました!

首都高を通っていくので、渋滞に巻き込まれるのが

嫌だったので早朝3時起き!
totigiheittayo 001.jpg

まだ梅雨明けしてませんでしたが、

この日は富士山が見えるくらいいい天気でした!
totigiheittayo 004.jpg

奥様と、

「今富士山御来光が見えてるかね~」

なんて話しながら・・・。
totigiheittayo 005.jpg

朝はトラックばかりでしたが、明るくなるにつれて

乗用車もちらほら見えてきました。
totigiheittayo 007.jpg

totigiheittayo 009.jpg

首都高は一部渋滞していました。
totigiheittayo 357.jpg

でも、思っていたよりも早く栃木に着くことができました。

フェレット

2010-07-19 (Mon) 13:23[ 編集 ]

ホームセンター行ったら
フェレットが売られてました。

かわいいです。

思わず買ってしまう人もいるかも。

お世話大変そうなので僕には無理かな。

光る泥団子の講師をしてきました!

2010-07-17 (Sat) 06:50[ 編集 ]
ピカピカに光る泥団子!
blogyou 049

光る泥団子を作ってみよう!

栃木県の鹿沼市、

鹿沼ファミリー劇場さんから依頼があり、

光る泥団子の作り方を教えることになりました。

僕なんかで本当にいいのだろうかと思いつつ、

栃木に向かい、2日間にわたって光る泥団子作りを教えてきました。

正式な講座の名前は、

「光るどろだんご指導者養成講座」

つまり、ただ泥団子をみんなで作って楽しむのではなく、

今後、光る泥団子作りの指導をする方に僕が作り方を教えるといったものです。

なので、参加者は殆どの方が大人の方でした。

ここが会場の

鹿沼市文化活動交流館 広場
totigiheittayo 071.jpg

参加者の人数の予定は20名でしたが、それ以上集まり、驚きました。

簡単な講習を行い、実際にやってみることに。
totigiheyumicamera 112-bokasi.jpg

今回作る泥団子は2種類です。

1つ目は、僕が保育園などで普段作る土のみを使った泥団子。

2つ目は、石灰のクリームを使った泥団子。

二つとも、作り方がぜんぜん違うので間違えないように注意。

そして、できなくてもあきらめないことも伝えました。

僕だって何度も失敗していますからね。

僕が教えたからって必ずしもできるわけではないし、

泥の感覚とか、コツは自分自身で掴んでほしいと思っています。

いよいよ作るところ。
totigiheyumicamera 113-bokasi.jpg

土は地域によって差があるようです。

なので、市販されているものを使用することにしましたが、

これがかなり大変でした。

いろんな土を試しましたが、いい土がみつかりません。

いっそのこと、普段つかっている保育園の土を持っていこうかとも

思いましたが、さすがにそれはまずいのでやりません。

いろいろ試した結果、荒木田土という土を使うことにしました。

荒木田土というのは、田んぼで使われる土です。

水を含むと水分がしぼってもなかなかでず、

水を含みすぎるとドロドロになりすぎてしまうのです。

いくら硬めに作っても、内部がぐにゃぐにゃした感じになっているので

粉をかける段階でヒビが入っていってしまいます。
totigiheyumicamera 008.jpg

あきらめかけましたが、うまくやる方法が見つかりました。

その方法をみつけたのが今回の講座をやる数日前。

こんな切羽詰った感じでよくこの講座を引き受けたと思いますね。

これは僕です。
totigiheyumicamera 113-up.jpg

作り方については後日報告しようと思います。

僕がブログの中で紹介している泥団子作りとはまた別の方法です。
totigiheyumicamera 114-bokasi.jpg

みなさん、質問が多くてびっくりしました。

みんな本当に真剣なんですね。
totigiheyumicamera 114-up.jpg

僕のやり方や、土の固さの加減など、わかりにくいところもあったようです。

やわらかすぎたまま泥団子を作り始めてしまった方は

やりなおすということになったりしました。

一日目は泥団子の下地作りをして終了。

泥団子をビニール袋に入れます。

明日はいよいよ光る泥団子作り。

みなさんうまくいってくれるといいな。

難しいといいながらも、

手の中で光り輝く泥団子ができていく感動を皆さんにも味わって頂きたいという

願いはあります。


そして翌日。

泥団子作り2日目。

開始一時間前に到着しましたが、

早く来る方もいてびっくり。

「昨日作った泥団子が心配」

だったとのこと。

わかるな~。この気持ち。

作ってるとわかるのですが、長い時間をかけて泥団子を作っていると、

泥団子に愛着がわいてくるのです。

ビニール袋に入れたのに、ひび割れてしまっている方もいました。

簡単に説明をして、みなさん、磨いています。
totigiheittayo 077-bokasi.jpg

古いストッキングを足につけ、磨く方。
totigiheittayo 077-up.jpg

厚手のフリースで磨く方もいました。

この厚手のフリースはいいと思いました。
totigiheittayo 077-upbokasi.jpg

大の大人が泥団子に夢中になる・・・。

すごい光景ですね。
totigiheittayo 077-upni.jpg

みなさん、思っていた以上に素晴らしかったです!

初めてでこんなにすごいのができちゃうなんて、

僕の失敗した数々ってなんだったんでしょう。
totigiheittayo 078.jpg

まあ、失敗した数がおおいからこそこうやって教えることができるのかな。

これは僕の奥様。

奥様も泥団子の講座に参加していました。
totigiheittayo 076-up.jpg

土のみの光る泥団子作りができたら、

今度は石灰のクリームをつかった泥団子作りです。

石灰のクリームは「タナクリーム♯200」というものを使いました。
totigiheyumicamera 116.jpg

石灰クリームの光る泥団子作りも今後紹介したいと思います。
totigiheyumicamera 117.jpg

好きな色をつけられるのが特徴かな。
dangosakuhinnsyuuu 016.jpg

時間が過ぎても光を失わないのも大きな特徴。

こうやって玄関の飾りにするのもいいかも!?
dangosakuhinnsyuuu 025.jpg

みなさん、磨くのに夢中で講座が終わっても、

黙々と磨く方がいました。

修了書をわたして終わり。

みなさん、喜んでくれたようで、うれしかったです。

本当にうれしかった!

僕の奥様も楽しかったと言ってました。

最初はすごく不安でしたが、

きてくれた皆様から教えてもらうことも多く、

自分自身のためにもよかったと思いました。

この機会をあたえてくださった鹿沼ファミリー劇場の方々には

本当に感謝しています!



とは言っても、うまくいかないのが泥団子。

同じ作り方をしたつもりなのにぜんぜん駄目な日もあったりします。

たくさん練習をしておいてほしいと思います。


明日から栃木に行きます。

2010-07-09 (Fri) 21:07[ 編集 ]
明日から栃木へ行きます。

栃木は初めて。

ある団体のかたに、

光る泥団子の作り方を教えてほしいという

依頼がありました。


場所も遠いし、

僕なんかで本当にいいのか不安ですが、

団体の方の熱意に負け、

行くことになりました。

がんばってきます!

七夕にブラックシアター

2010-07-07 (Wed) 21:02[ 編集 ]
これはよくあるパネルシアターに見えますが・・・
iewokaou 035

あることをするとこんなにきれいに大変身!
iewokaou 032

ご存知の方も多いと思いますが、

ブラックライトを利用したブラックシアターです。
iewokaou 036

今日は七夕の会があり、僕が担当でした。

お部屋を暗くして、ブラックパネルシアターをやってみました。

お部屋を暗くするだけで、普段と違った雰囲気に子どもたちはドキドキ!
iewokaou 033

ブラックライトをつけて、暗い所で浮かび上がるきれいな星に

子どもたちは声を上げて喜んでくれました。
iewokaou 034

七夕にはおすすめですよ!


今日は七夕でしたが、織姫、彦星は会うことができたでしょうか・・・。

僕の今の願い事は・・・

立派なマイホームができることです!


旅の終わり!我が家へ! (9日目)

2010-07-04 (Sun) 08:30[ 編集 ]
飛行機を降りて成田エクスプレスへ。
itariaryokou 4070.jpg

まっすぐ我が家へ帰ります。
itariaryokou 4071.jpg

駅弁を買って新幹線に乗り換え。
itariaryokou 4073.jpg

itariaryokou 4074.jpg

itariaryokou 4075.jpg

駅弁がとても美味しく感じました。
itariaryokouyumityannokamera 954.jpg

itariaryokouyumityannokamera 955.jpg

itariaryokou 4076.jpg

駅からタクシーで自宅へ。
itariaryokou 4077.jpg

とても思い出深い新婚旅行になりました。

かえってすぐにぐったりするわけでもなく、

お土産を整理したり、

洗濯をしたり、忙しかったです。

急に現実に帰った感じがしますね。

ブログのイタリア旅行の記事もすごいことになりました。

ブログを見てくださった方に

少しでもイタリアに行った気分になってくれたらうれしいです。

ただいま日本! (9日目)

2010-07-04 (Sun) 08:20[ 編集 ]
飛行機は高度を下げ、成田空港に到着!
itariaryokou 4059.jpg

日本は雨です。
itariaryokou 4060.jpg

イタリアも日本も、世界中で天候が不安定らしいです。
itariaryokou 4063.jpg

日本に帰ってすぐに感じたのが、じめじめしてるということ。
itariaryokou 4065.jpg

地に足をつけて歩くのが幸せ。
itariaryokou 4066.jpg

itariaryokou 4068.jpg


旅行最終日の朝は飛行機内で! (9日目)

2010-07-04 (Sun) 08:17[ 編集 ]
朝になりました!
itariaryokou 4028.jpg

日の出。
itariaryokou 4033.jpg

itariaryokou 4034.jpg

itariaryokou 4038.jpg

itariaryokou 4041.jpg

大陸を離れ、日本海に。

もうすぐ日本。
itariaryokou 4045.jpg

ここで機内食。
itariaryokou 4047.jpg

昨日で終わりと思ってたハムとチーズがここにも。
itariaryokou 4050.jpg

コーヒーが妙においしかった。
itariaryokou 4051.jpg

日本に到着。

飛行機は高度を下げていきます。

日本は雨みたいです・・・。
itariaryokou 4053.jpg





さらばイタリア! (8日目)

2010-07-04 (Sun) 08:05[ 編集 ]
飛行機に乗りました。
itariaryokou 3943.jpg

いよいよイタリアとおさらば。

飛行機の中は相変わらず狭いです。
itariaryokou 3944.jpg

隣に座っていたおばさんは15日間のイタリア旅行で、

南イタリアをまわったそうです。

南イタリアも魅力ありそうです。
itariaryokou 3945.jpg

添乗員さんからアンケートを渡されました。

アンケートを書くお嫁様。
itariaryokou 3947.jpg

出発!
itariaryokou 3949.jpg

そして離陸!

イタリアバイバイ!
itariaryokou 3953.jpg

itariaryokou 3954.jpg

itariaryokou 3957.jpg

帰りは思う存分外の景色を楽しめました。
itariaryokou 3973.jpg

itariaryokou 3975.jpg

itariaryokou 3976.jpg

itariaryokou 3978.jpg

itariaryokou 3981.jpg

すぐに出てきたお菓子。
itariaryokou 3984.jpg

itariaryokou 3988.jpg

行きを思いだすなあ。

思い返せばあっという間。
itariaryokou 3990.jpg

itariaryokou 3994.jpg

そのあとすぐに機内食が。

こんなにすぐ出るなら空港でピザ食べなくてよかったかも。
itariaryokou 3995.jpg

itariaryokou 3997.jpg

白ワインを飲みました。
itariaryokou 4007.jpg

窓の外ばかり見る僕。
itariaryokou 4008.jpg

itariaryokou 4009.jpg

窓のブラインドを閉めるように指示があり、

しかたなく前のモニターで映画鑑賞。

日本ではまだ公開中(当時)のシャッターアイランドが見れる!
itariaryokou 4012.jpg

内容は・・・

「え?いまどきそんな使い古されたオチ?」

といったものでしたが時間つぶしにはなりました。

時々ブラインドをこっそり開けて外を見ます。
itariaryokou 4015.jpg

夕焼けになってきました。

帰りは太陽に向かって飛ぶので日没が早い。
itariaryokou 4020.jpg

itariaryokou 4022.jpg

夜になりました。

見下ろすとかすかに町の灯が見えました。

星空も見えました。

こういう光景、子どもの頃からの憧れでした。
itariaryokou 4026.jpg

旅行の疲れもあり、ブラインドを閉めて休むことにしました。

明日には家に帰れます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。