2010年09月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショールーム見学

2010-09-30 (Thu) 20:37[ 編集 ]
家を建てるにあたり、

間取りなどを決めるのも大事ですが、

お風呂や台所のものを決めるのも大事です。

カタログで選ぶのも1つの手なんですが、

やっぱり実際に見に行ってみないと・・・。

ということで、ショールームの見学に行ってきました。
natunobamen 040.jpg

お風呂の種類や色などを選びます。
natunobamen 041.jpg

最初にカタログでめぼしをつけていたものと実物がちょっと違うことに気がつきました。

やっぱり面倒でも、実際に見てみたほうが良いかもしれませんね。
natunobamen 042.jpg

色も色々。迷うな~。どんなのが良い感じになるのかな~。
natunobamen 043.jpg

これは洗面台。
natunobamen 044.jpg

キッチンの色も決めるのは大事ですね。
natunobamen 045.jpg

決めることがいっぱいですが、楽しんでやってます!

スポンサーサイト

ハウスメーカー決定!

2010-09-30 (Thu) 06:26[ 編集 ]
ハウスメーカーはアエラホームに決まりました。

ハウスメーカーもいくつか見てきました。

各会社、いろいろと特色があるようで、

特に、耐震に対してはどこも力を入れているようです。
iewokaou 007.jpg

鉄筋、コンクリート、木造・・・

いろいろありますが、

やっぱり日本人だからでしょうか?

木の家に入ったときの感じが気持ちよく感じました。
iewokaou 008.jpg

モデルハウスってどこも素敵に見える。
iewokaou 014.jpg

広い台所。
iewokaou 015.jpg

太陽光発電の情報がわかるモニター。
iewokaou 016.jpg

寝室
iewokaou 020.jpg

自分たちの家がこんな感じになるのは想像しがたいですが。
iewokaou 023.jpg

ハウスメーカーはアエラホームに決まりました。

あまりCM見ませんが、

バカバカCMやって家の値段を上げてるところよりかえって好感が持てます。

これがCMの動画


高気密、高断熱が売り。

エアコンをあまり使わなくても快適な住まい空間を作り出すのだとか。

かなり自信があるらしく、審査などは自社ではなく外の会社が審査を行うのだとか。

床暖房にしたのに、家の中が暖かく、床暖房が無駄になったというエピソードも。

まあ、どのくらい効果があるかは実際に住んでみないとわからないかも知れませんが・・・。

マイホーム計画、一歩前進です!

土地の見学

2010-09-30 (Thu) 06:07[ 編集 ]
土地の見学に行きました。
iewokaou 001.jpg

実家から少し近く。

数年前にでき始めた住宅地。
totigiheyumicamera 074.jpg

大きな通りから離れているので他よりも少し値段も安く、

不動産の方に聞いたらもう少し安くしてくれるそう。

やかましい大きな通りから離れているというのはむしろ僕たちにとっては好都合。

工場が近いのですが、騒音がするわけではないので気にならないレベル。

いろいろと土地を見てきましたが、ここに決定しようかな!



奥様の住まい見学 家へのこだわり

2010-09-30 (Thu) 05:59[ 編集 ]
マイホーム計画。

僕の奥様は吹き抜けのある家にこだわりがあるようで、

奥様の友達の家が吹き抜けのある家だったらしく、見学に行ったようです。
totigiheyumicamera 083.jpg

家にはそれぞれのこだわりがあって、

どれもやろうとすると大変なことになります。

でも、一番は自分たちが住みやすい家になるかどうかですね。


着工日

2010-09-27 (Mon) 22:59[ 編集 ]
以前からお伝えしていましたが、

我が家のマイホーム計画。

ついに着工となりました。

いろいろと経緯などを紹介したかったのですが、

時間がなく、できませんでついにこの日を迎えてしまいました。
tyakkou 112

仕事帰りに見に行くと、コンクリートで枠ができていました。

今後、この日に至るまでの経緯を簡単に紹介していきたいと思います。

下呂温泉 岐阜県

2010-09-26 (Sun) 10:01[ 編集 ]
乙女渓谷、小秀山、キャンプに来た予定の僕たちですが、

下呂温泉が近くにあるということなので、

せっかくなので下呂温泉に行ってみることにしました。
DSC00234.jpg

温泉の前に待ちの中をブラブラ歩くことに。
DSC00235.jpg

大きな旅館が立ち並んでいます。
DSC00236.jpg

DSC00238.jpg

川のすぐ近くにある温泉。
DSC00239.jpg

この川は・・・もちろん温泉ではありません。
DSC00240.jpg

DSC00242.jpg

DSC00243.jpg

チャップリンの像。
DSC00244.jpg

DSC00247.jpg

ゆあみ屋に立ち寄りました。
DSC00248.jpg

ここでは足湯に浸かることができます。
DSC00252.jpg

温度は結構熱め。

入ってると慣れてきますが、全身がポカポカしてきます。
DSC00251.jpg

ここで食べたアイスが美味しかった!
DSC00253.jpg

温泉街らしい町並み。
DSC00254.jpg

ここにも足湯。
DSC00256.jpg

DSC00258.jpg

DSC00259.jpg

温泉博物館もありました。
DSC00261.jpg

お昼は名物の飛騨牛のほうば焼きを食べました。

初めて食べたけど、美味しかった。
P1040380.jpg

P1040381.jpg

そして温泉に浸かり、昨日の登山の疲れを癒します。

いろいろと大変なところもありましたが、

楽しい旅行ができました!



乗政大滝

2010-09-26 (Sun) 09:39[ 編集 ]
キャンプ場で朝食を食べた後、

キャンプ場の近くに滝があるというのでお散歩に行きました。
otometokohide (302).jpg

P1040369.jpg

P1040371.jpg

朝の散歩にはちょうど良い感じの道。
otometokohide (304).jpg

P1040373.jpg

しばらく歩いていると、滝の音が聞こえてきます。
otometokohide (305).jpg

これが乗政大滝
otometokohide (307).jpg

ここの水は岐阜の名水50選にえらばれているそうです。
otometokohide (310).jpg

僕たちはタンクを持っていったので水を汲んでいきました。
P1040375.jpg

P1040376.jpg

山の神々が宿ると言われるこの水。

しばらくうちではご飯炊いたりするのに使いました。


乗政キャンプ場にてキャンプ!

2010-09-26 (Sun) 07:13[ 編集 ]
登山を終えて、乗政キャンプ場でキャンプをして一泊することになりました。

大きな地図で見る

乗政キャンプ場
otometokohide (301).jpg

奥様はかなり足が痛かったようですががんばって準備。
otometokohide (287).jpg

今年もダッチオーブンに活躍してもらいます。

なにを作ってるのでしょう。あけてからのお楽しみ!
otometokohide (288).jpg

otometokohide (290).jpg

今年はテーブルと焼肉用のグリルも用意しました。
otometokohide (289).jpg

ご飯も炊けました。
otometokohide (293).jpg

焼肉が最高においしい!
P1040355.jpg

P1040359.jpg

ダッチオーブンの中は・・・

久しぶりにつくった鳥の丸焼きです!
otometokohide (294).jpg

おいしそう~!

でも、僕たちはすでに焼肉でお腹いっぱいになっていたので

鳥の丸焼きは明日の朝食べることにしました。
otometokohide (295).jpg

キャンプ場の夜が更けていきます。
otometokohide (297).jpg

そして朝。

雨がパラパラしていて早く目が覚めてしまいました。

天気予報だと晴れだったのに・・・。

でも、あまり降らず助かりました。

すぐに朝食の準備。
otometokohide (298).jpg

昨日作った鳥の丸焼きを温めます。

写真を見てわかると思うのですが・・・

鶏肉がなんだかしぼんでしまっているように見えます。

油とか出ちゃったのかな。

やっぱりできたてが美味しいようですね。
otometokohide (299).jpg

豪華な朝食!
otometokohide (300).jpg

P1040362.jpg

P1040365.jpg

P1040366.jpg

P1040368.jpg

今年はキャンプができないと思っていたのでできてよかったです!

小秀山登山 岐阜県

2010-09-25 (Sat) 15:48[ 編集 ]
乙女渓谷からさらに奥・・・
P1040295.jpg

小秀山の登山道に入り、登ります!

大きな地図で見る

otometokohide (28).jpg

二の谷ルートと呼ばれる登山道。
otometokohide (173).jpg

目の前には一見崖にしか見えないような道・・・。
otometokohide (174).jpg

う~ん。これは思っていたよりも大変な登山かも・・・。
P1040324.jpg

こんな道も。
otometokohide (175).jpg

そして夫婦滝の男滝の上へ。
otometokohide (178).jpg

ここから滝へと水が注がれるんだ!
otometokohide (179).jpg

P1040325.jpg

ここには子滝があります。
otometokohide (181).jpg

otometokohide (182).jpg

きれいだな~!
P1040328.jpg

otometokohide (183).jpg

otometokohide (184).jpg

さらに上へ行くと・・・
otometokohide (188).jpg

これが最後の滝。孫滝
P1040330.jpg

ここが最後の水場。

少し飲んでみたらおいしかったです。
otometokohide (187).jpg

さらに上を目指します。
otometokohide (190).jpg

鎧岩。
otometokohide (191).jpg

otometokohide (193).jpg

otometokohide (195).jpg

展望台の看板
otometokohide (196).jpg

展望台って・・・これ?
otometokohide (197).jpg

いくつか、景色の良いところがあります。
otometokohide (201).jpg

来るときに見あげた岩とかも、いつの間にか見下ろす高さに・・・。
otometokohide (202).jpg

otometokohide (204).jpg

otometokohide (205).jpg

遠くまで見渡せます。
otometokohide (206).jpg

そして、いよいよ、二の谷ルート最大の難所!

カモシカ渡りが姿を現します!
otometokohide (207).jpg

看板の矢印の方向には崖しかないけど・・・
P1040336.jpg

ここを登るの!?
otometokohide (208).jpg

ほぼ垂直の崖を数メートル登るのです!
P1040337.jpg

otometokohide (210).jpg

実は、このルートのこと、一緒に行った奥様には秘密でした。
otometokohide (211).jpg

言うと「怖い」と言って行くのをやめてしまいそうでしたから。
otometokohide (212).jpg

otometokohide (214).jpg

高い。
otometokohide (215).jpg

奥様はなんとか登れた模様。
otometokohide (216).jpg

otometokohide (217).jpg

落ちたら大変なことになるな。
otometokohide (219).jpg

登った後の景色は格別!
otometokohide (218).jpg

ここからはしばらく少し緩やかな道。
otometokohide (220).jpg

otometokohide (221).jpg

あれが兜岩。

ここからあそこまで登ります。
otometokohide (222).jpg

otometokohide (223).jpg

otometokohide (224).jpg

しばらく歩くと登山道の分岐が。

気がついた方もおられるかもしれませんが、これまでの登山道で紹介した道は

下るにはとても危険です。下りは三の谷ルートから行くのがいいのです。
otometokohide (225).jpg

先を進みます。目指すは頂上!

分岐から急坂が続きます。
otometokohide (227).jpg

ロープを使って登るところも!
otometokohide (228).jpg

大きな岩が見えてきました。
otometokohide (229).jpg

otometokohide (231).jpg

このあたりは崖が多いので注意。
otometokohide (233).jpg

景色は良いけど落ちたらまずいことになる。
otometokohide (234).jpg

兜岩に到着!
otometokohide (235).jpg

otometokohide (237).jpg

P1040342.jpg

岩の上に立つ!
P1040344.jpg

岩を飛び越えて向こうの岩へ。

落ちないように気をつけて・・・。
P1040345.jpg

P1040347.jpg

ここが山頂ではありません。

まだまだ先があります。

あともう一息!
otometokohide (242).jpg

otometokohide (244).jpg

otometokohide (245).jpg

otometokohide (247).jpg

少しだけ起伏のある道を歩きます。
otometokohide (248).jpg

あの山小屋が山頂の近く。
otometokohide (249).jpg

P1040349.jpg

P1040348.jpg

otometokohide (250).jpg

最後の坂の先には山小屋が・・・!
otometokohide (252).jpg

この山小屋はできたばかり。

中にはたくさんの登山客が休憩していました。
otometokohide (253).jpg

そして・・・
otometokohide (255).jpg

山頂に到着!!
otometokohide (258).jpg

P1040351.jpg

眼前には御嶽山が!!
otometokohide (256).jpg

otometokohide (259).jpg

先に来ていた登山客の方が

「運がいいですね。さっきまで御嶽山、ガスってて見えなかったんですよ」

と言ってくれました。

本当に幸運です。ここまできたら見なきゃね!
otometokohide (264).jpg

ここで昼食。
otometokohide (265).jpg

そして、サービスエリアで買ったカレーパン。
otometokohide (267).jpg

おいしかった~!
otometokohide (266).jpg

山小屋が見えました。

なんか不思議な光景。
otometokohide (269).jpg

御嶽山にバイバイ!
P1040350.jpg

いつか登るよ!
otometokohide (270).jpg

オコジョの巣があるらしい。
otometokohide (257).jpg

P1040353.jpg

ここまできて、御嶽山を見られなかった方のために写真が。
P1040354.jpg

それでは下山スタート。
otometokohide (271).jpg

下山は先ほどの分岐のところ。

三の谷ルートで降ります。
otometokohide (272).jpg

otometokohide (274).jpg

otometokohide (273).jpg

下山は楽!

・・・と思いきや、奥様の膝が限界だったようでかなり痛そうでした。
otometokohide (275).jpg

それに、景色も二の谷ルートに比べ、それほどいいとはいえませんでした。

でも、降りるにはこの道が一番良いでしょう。
otometokohide (276).jpg

そしてようやく下へ。
otometokohide (277).jpg

otometokohide (278).jpg

ここには名水が道の脇にありました。
otometokohide (279).jpg

otometokohide (280).jpg

名水を飲む奥様。
otometokohide (281).jpg

otometokohide (282).jpg

otometokohide (283).jpg

車道を歩いていくと、最初のキャンプ場に着きます。
otometokohide (284).jpg

良い登山でしたが、奥様はかなり疲れたようです。

がんばったね!


乙女渓谷を歩く。 岐阜県

2010-09-25 (Sat) 14:56[ 編集 ]
岐阜県、中津川市加子母にある乙女渓谷。

大きな地図で見る

いよいよ歩くことになります。

キャンプ場の管理棟。
otometokohide (18).jpg

otometokohide (19).jpg

乙女渓谷は小秀山の登山ルートである

「二の谷ルート」と呼ばれています。

乙女渓谷はたいした道ではありませんが、小秀山に登る場合はそれなりの装備が必要。
otometokohide (20).jpg

僕たちは小秀山にも登るのでしっかりした装備で行くことに。

管理棟の横には登山届けのポストが。
otometokohide (21).jpg

ここが乙女渓谷、二の谷ルートの入り口。
otometokohide (22).jpg

ワクワクする~!
otometokohide (24).jpg

地図。
otometokohide (27).jpg

これは小秀山の登山ルートの地図。
otometokohide (28).jpg

otometokohide (29).jpg

渓流沿いの道を歩きます。
otometokohide (30).jpg

道はこういった道があって歩くのは容易。
otometokohide (34).jpg

きれいな水!
otometokohide (35).jpg

otometokohide (37).jpg

乙女渕
otometokohide (42).jpg

otometokohide (43).jpg

ゆっくり景色を見ながら歩きました。
otometokohide (47).jpg

透き通った水がきれい。
otometokohide (53).jpg

otometokohide (58).jpg

所々崩れてるところもあるので注意。
otometokohide (60).jpg

otometokohide (61).jpg

otometokohide (66).jpg

otometokohide (70).jpg

otometokohide (73).jpg

所々に看板。
otometokohide (74).jpg

otometokohide (75).jpg

橋を渡ったり、渓流を右左歩きます。
otometokohide (78).jpg

otometokohide (111).jpg

otometokohide (112).jpg

しばらく歩いて着いた和合の滝。
otometokohide (120).jpg

滝の音っていいですね。
otometokohide (121).jpg

otometokohide (123).jpg

otometokohide (124).jpg

山道の途中にあった「声の泉」

乙女の声が聞こえるんだとか!?
otometokohide (126).jpg

僕たちはゆっくり歩いていたので後から来たほかの登山客が

どんどん追い抜いていきます。
otometokohide (127).jpg

otometokohide (129).jpg

はしご道。落ちないように注意。
otometokohide (133).jpg

otometokohide (135).jpg

ものすごい急坂!
otometokohide (137).jpg

!!!
otometokohide (138).jpg

otometokohide (142).jpg

天狗岩の看板
otometokohide (147).jpg

近くに展望台があるらしい。
otometokohide (149).jpg

これが展望台!?
otometokohide (150).jpg

ここから天狗岩がよく見えました。

修行をしてる天狗が見えるかな!?
otometokohide (153).jpg

夫婦滝の看板。
otometokohide (151).jpg

夫婦滝は二つの滝が見えるのですが・・・

お日様の向きがわるく、はっきりは見えませんでした。
otometokohide (154).jpg

日の向きがよければこんな風に見えるようです。
otometokohide (152).jpg

歩いていると小屋が見えてきました。
otometokohide (155).jpg

これは避難小屋のようです。
otometokohide (156).jpg

otometokohide (158).jpg

烏帽子岩の看板
otometokohide (160).jpg

これが烏帽子岩!

なんであんな形になるんだろう。不思議!
otometokohide (161).jpg

そろそろ乙女渓谷も終わりかな。
otometokohide (163).jpg

展望台とありますが・・・それは岩の上。
otometokohide (164).jpg

さっきより近いせいか、夫婦滝の二つの滝がよく見えます。
otometokohide (165).jpg

そしてさらに歩くと・・・
otometokohide (166).jpg

いよいよ、乙女渓谷の奥、

夫婦滝、「男滝」に到着!
otometokohide (169).jpg

落差80メートルの勇壮な滝です。
otometokohide (171).jpg

先ほど二つ見えたもう一つの滝は実はここからは見られません。
otometokohide (168).jpg

マイナスイオンを沢山浴びました!
P1040322.jpg

乙女渓谷、少し危ない場所もありますが、

ハイキングにオススメです!
P1040295.jpg

P1040308.jpg

しかし!!

僕たちはこれで終わりではありません。

はじめの方で述べたように、小秀山に向かうのです。

本格的な登山はこれからがスタートなんです!
otometokohide (173).jpg

がんばって登るぞ~!


乙女渓谷へ 岐阜県へ向かう

2010-09-25 (Sat) 14:21[ 編集 ]
岐阜県、乙女渓谷へ行くことになりました。

早朝、車を走らせます。
otometokohide (2).jpg

パーキングエリアで休憩。
otometokohide (6).jpg

上郷ではカレーパンが有名らしいです。

お昼用に買って行きます。
otometokohide (5).jpg

朝食はラーメン。
otometokohide (3).jpg

奥様はきしめんです。
otometokohide (4).jpg

中津川市、加子母にある乙女渓谷が近くなってきました。
otometokohide (8).jpg

otometokohide (9).jpg

キャンプ場があり、そこへ車を停めます。
otometokohide (13).jpg

9月はシーズン外で駐車料金はとられないようでした。
otometokohide (14).jpg

支度をして、乙女渓谷に向かいます!



あきらは遊んでばかりいる?

2010-09-24 (Fri) 06:48[ 編集 ]
最近の僕のブログを見ている方は

出かけたり遊びまわってる人にしか見えないかもしれませんが、

保育士としての仕事もとてもいそがしいです。

ブログを書く時間を確保するのも大変なので、

以前でかけたところなどを記事にしていると、

どうしてもお出かけの記事ばかりになってしまいます。

それと、保育士の仕事を記事にすると、

記事の内容に関係なく

「保育士が子どものことをブログにしている」

といった通報もあったので怖い感じもします。

もちろん、子どもの個人情報などはないし、

職場の愚痴なども僕は一切記事にしたことはありません。

当時、沢山の方にメールなどで励まされ現在もこうして

ブログを続けることができました。

沢山の方々に、本当に感謝しています。

沢山の方々に支えられてきたこのブログを

これからも大切にしていきたいと思います。


おっぱいフルーチェ!

2010-09-23 (Thu) 08:16[ 編集 ]
先日、保育園のおやつにフルーチェが出ました。

ボール一杯に入ったフルーチェ。

おたまですくってお皿に入れて子どもにわけます。

一緒に組んでいる先生がやってくれたのですが、

「見て見て~!おっぱいみたい!」

とおおはしゃぎしていました。
DSCF0014.jpg

子どもたち大喜びでした。

潮騒橋と中秋の名月

2010-09-23 (Thu) 07:43[ 編集 ]
昨日は中秋の名月でしたね!

潮騒橋まで月を見に行ってきました!
DSCF0394.jpg

潮騒橋は掛川市の菊川の河口にある橋です。

これは昼の写真。
2008_1022おでかけ0023

今年は天気が心配でしたが、

予報より崩れるのが遅くなったようできれいな月が見られました。

明るいなあ~!
DSCF0397.jpg

DSCF0400.jpg

釣りしてる人はたくさんいましたが、

橋の上から月を見てる人はほとんどいませんでした。
DSCF0408.jpg

この橋は奥様と初めてのデートで来たところです。

一緒に来るのはその日以来。
DSCF0414.jpg

こうして2人の好きな月を眺めることができ、

最高に幸せな気持ちでした。


富士登山 御殿場口から下山

2010-09-18 (Sat) 04:43[ 編集 ]
御殿場口から下山します。
fujigotenbakara 252.jpg

昨年も御殿場口から下山しました。
fujigotenbakara 253.jpg

登りこそ大変な御殿場口ですが、

下山は足に負担をかけにくく、雄大な景色を眺めながら降りられます。
fujigotenbakara 254.jpg

富士山には登山道がいくつかあるので、間違えてしまわないように看板が。
fujigotenbakara 256.jpg

所要時間は3時間と書いてあります。登りの約半分。
fujigotenbakara 257.jpg

朝よりも雲が多くなってきた。
fujigotenbakara 258.jpg

fujigotenbakara 259.jpg

登りはあっという間で大変だったのに・・・。
fujigotenbakara 260.jpg

下山道以外は崖のようになっていました。
fujigotenbakara 261.jpg

はるか下からもまだまだ登山客が登ってきます。
fujigotenbakara 263.jpg

頂上の混みように比べ、この道はやっぱり人が少なくて快適です。
fujigotenbakara 265.jpg

fujigotenbakara 266.jpg

あっという間に八合目の山小屋、赤岩八号館に到着。
fujigotenbakara 267.jpg

山小屋、休む人、そして空。

僕はこの風景が好きです。
fujigotenbakara 268.jpg

僕は日帰り登山でしたが、

ここで宿泊、そして明け方山頂を目指してご来光を見る方も多いでしょうね。
fujigotenbakara 269.jpg

さらに降りていきます。

足は少し痛かったけど足取りは軽い。
fujigotenbakara 271.jpg

fujigotenbakara 272.jpg

そして、砂走館へ。
fujigotenbakara 273.jpg

ここからさらに降りたところに大砂走があります。
fujigotenbakara 274.jpg

工事中でした。
fujigotenbakara 275.jpg

fujigotenbakara 276.jpg

布団が干してありました。
fujigotenbakara 277.jpg

空が大海原のようです。
fujigotenbakara 278.jpg

fujigotenbakara 280.jpg

日の出館の近くに分岐点があります。

登山道と大砂走りへの分かれ道です。
fujigotenbakara 281.jpg

御殿場口での下山は是非大砂走ルートを選びましょう!
fujigotenbakara 282.jpg

fujigotenbakara 283.jpg

足元の岩がだんだん細かくなってきました。
fujigotenbakara 284.jpg

だんだん足取りが小走りになってきます。
fujigotenbakara 285.jpg

fujigotenbakara 286.jpg

fujigotenbakara 287.jpg

宝永山。
fujigotenbakara 288.jpg

宝永山へ向かうルートもあります。
fujigotenbakara 291.jpg

宝永山へも行きたかったのですが、

次のお楽しみにしたかったのでまたの機会に。
fujigotenbakara 292.jpg

fujigotenbakara 293.jpg

大砂走に向かいます!
fujigotenbakara 294.jpg

fujigotenbakara 296.jpg

fujigotenbakara 297.jpg

この辺にくると、登山客はみんな走ってます(笑)。
fujigotenbakara 298.jpg

これが大砂走!!

みわたすかぎりの大砂ルート!
fujigotenbakara 300.jpg

ジャンプするように歩け、

一歩3メートルと言われています。
fujigotenbakara 301.jpg

上を見ると・・・もう引き返すことはできないな・・・。
fujigotenbakara 303.jpg

fujigotenbakara 306.jpg

この景色。

この素晴らしい体験は、ここでしかできません。
fujigotenbakara 307.jpg

fujigotenbakara 308.jpg

fujigotenbakara 309.jpg

fujigotenbakara 310.jpg

大砂走りも終わり・・・。

駐車場へ向かって歩きます。
fujigotenbakara 312.jpg

fujigotenbakara 313.jpg

fujigotenbakara 314.jpg

大石茶屋に到着。
fujigotenbakara 315.jpg

登山で疲れた体を休める・・・。
fujigotenbakara 316.jpg

でも僕は休まずにそのまま駐車場へ。
fujigotenbakara 317.jpg

fujigotenbakara 318.jpg

fujigotenbakara 319.jpg

御殿場口入り口へ到着!
fujigotenbakara 320.jpg

また新しい富士山の一面を見ることができました。
fujigotenbakara 321.jpg

fujigotenbakara 322.jpg

fujigotenbakara 323.jpg

大変でしたが、他の登山道にはない達成感がありました。
fujigotenbakara 324.jpg



富士山登山道 御殿場口

2010-09-16 (Thu) 05:41[ 編集 ]
富士登山が簡単だと思っている方も多いと思います。

確かに、富士山は素人でも登れる山なのですが、

もっと高いレベルの富士登山を望むのなら、

御殿場口を登るのをオススメします!

僕も以前からこの富士登山道の中で最も難易度の高いと言われる

御殿場口を登ってみたいと思っていました!

早朝の富士山を登ります!
fujigotenbakara 001.jpg

朝、早く起きて御殿場口を目指します。
fujigotenbakara 002.jpg

天気は良さそうです!
fujigotenbakara 003.jpg

明るくなってきましたが、まだ日の出前のようです。
fujigotenbakara 006.jpg

fujigotenbakara 007.jpg

御殿場口登山道の看板。
fujigotenbakara 008.jpg

五合目に向かって走り、駐車場に着くと、いきなりの絶景が!
fujigotenbakara 010.jpg

日の出です!
fujigotenbakara 011.jpg

きれいだな~!!

今回の登山はこういったものを見られないと思ってたのでこれはうれしかったです。
fujigotenbakara 015.jpg

富士山の山頂に日があたります。
fujigotenbakara 016.jpg

駐車場で準備を整えます。
fujigotenbakara 017.jpg

fujigotenbakara 018.jpg

日も高くなってきました。
fujigotenbakara 019.jpg

fujigotenbakara 020.jpg

いよいよ登り始めます!
fujigotenbakara 021.jpg

五合目にあるトイレ。

絶対に立ち寄っておいてください!
fujigotenbakara 022.jpg

fujigotenbakara 023.jpg

fujigotenbakara 024.jpg

登山道の案内。
fujigotenbakara 025.jpg

時間とか書いてありますが、個人差がかなりあるそうです。
fujigotenbakara 026.jpg

ここからがいよいよ登山道です。
fujigotenbakara 028.jpg

富士山山頂まで10キロ以上もあるそうです。。
fujigotenbakara 029.jpg

そう、御殿場口は全ての登山道の中で最も距離があるのです。
fujigotenbakara 030.jpg

標高差もあり、富士山の五合目の高さは1440メートル。

富士宮口よりも1000メートルも下にあるのです。
fujigotenbakara 031.jpg

いきなりの急坂。

細かい石で足をとられます。
fujigotenbakara 033.jpg

五合目を登り始めてすぐに大石茶屋が見えてきます。
fujigotenbakara 035.jpg

fujigotenbakara 036.jpg

fujigotenbakara 037.jpg

大石茶屋。
fujigotenbakara 038.jpg

登ってすぐなので休憩はしませんでした。

7合目まで4時間と書いてあります。
fujigotenbakara 039.jpg

ここから3000メートルの7合目まで山小屋はありません。
fujigotenbakara 040.jpg

fujigotenbakara 041.jpg

fujigotenbakara 042.jpg

1年前、僕は結婚する前の奥様とここで休憩しました。
fujigotenbakara 043.jpg

登山道へ。
fujigotenbakara 044.jpg

先はかなり長い!
fujigotenbakara 046.jpg

後ろを振り返る。
fujigotenbakara 047.jpg

大石茶屋を出発すると次の次郎坊 標高1900mという場所まで

緩やかな傾斜の斜面が約2キロ続いています。
fujigotenbakara 048.jpg

緩やかと言っても、石に足をとられ、かなり歩き辛い。
fujigotenbakara 049.jpg

かなり暑い。

登っても登っても進んでる感じがしない。
fujigotenbakara 052.jpg

フジアザミもたくさん見られました。
fujigotenbakara 051.jpg

fujigotenbakara 053.jpg

富士山を登るトレーラー。
fujigotenbakara 054.jpg

fujigotenbakara 055.jpg

fujigotenbakara 056.jpg

僕は最初かなりペースがよく、どんどん他の登山客を抜いていきました。
fujigotenbakara 058.jpg

fujigotenbakara 059.jpg

fujigotenbakara 060.jpg

fujigotenbakara 061.jpg

月が沈んでいきます。
fujigotenbakara 062.jpg

後ろを振り返ると、確実に登ってきていることを実感。
fujigotenbakara 063.jpg

ようやく次郎坊へ。
fujigotenbakara 064.jpg

fujigotenbakara 065.jpg

これは大砂走り。

帰りはここを一気に駆け下ります。
fujigotenbakara 067.jpg

大砂走りを登るのは大変なので登山道を行きます。
fujigotenbakara 068.jpg

芦ノ湖が見えました。
fujigotenbakara 069.jpg

ここからがかなり大変!
fujigotenbakara 071.jpg

急なジグザグ道をひたすら登るのです!
fujigotenbakara 072.jpg

雄大と言うにふさわしい景色。
fujigotenbakara 073.jpg

この困難な道があるので、登山客は

他の登山道に比べてかなり少ないです。
fujigotenbakara 074.jpg

あえて困難な道、それから混雑を避けたい方に人気があるそうです。

やっと標高2000メートル。
fujigotenbakara 076.jpg

え・・・まだ2000メートルなの?とこの時思いました。
fujigotenbakara 077.jpg

大砂走りの方になにか建物が見える。
fujigotenbakara 081.jpg

この道、いつまで続くんだろう・・・。
fujigotenbakara 082.jpg

はるか向こうに人が見える。
fujigotenbakara 083.jpg

fujigotenbakara 084.jpg

双子山や駐車場があんなに小さく・・・。

結構登ってきた。
fujigotenbakara 086.jpg

fujigotenbakara 088.jpg

ブル道を横断。
fujigotenbakara 091.jpg

ブル道をブルドーザーが登ってきます。
fujigotenbakara 092.jpg

fujigotenbakara 094.jpg

山頂がはるか遠くに見える。
fujigotenbakara 096.jpg

新六合目の看板の山小屋に×印。
fujigotenbakara 098.jpg

山小屋!
fujigotenbakara 100.jpg

・・・と思いきやここはもう閉館。
fujigotenbakara 101.jpg

fujigotenbakara 102.jpg

もうやってないようです。
fujigotenbakara 103.jpg

ここでようやく朝食。
fujigotenbakara 104.jpg

パンを食べました。
fujigotenbakara 105.jpg

見下ろすと今まで登ってきたジグザグの道が・・・。

よくこんなの登ってこれたな・・・。
fujigotenbakara 107.jpg

さらに進む!
fujigotenbakara 108.jpg

fujigotenbakara 109.jpg

休憩中なのか眠ってる方がいました。
fujigotenbakara 111.jpg

fujigotenbakara 113.jpg

fujigotenbakara 114.jpg

fujigotenbakara 116.jpg

fujigotenbakara 117.jpg

おや?
fujigotenbakara 118.jpg

六合目到着
fujigotenbakara 119.jpg

ここにはかつて山小屋があったようです。
fujigotenbakara 120.jpg

御殿場口は山小屋が少ないのも大きな特徴。
fujigotenbakara 121.jpg

fujigotenbakara 122.jpg

fujigotenbakara 124.jpg

fujigotenbakara 125.jpg

予報では晴れでしたが、時々雲が出ました。
fujigotenbakara 127.jpg

fujigotenbakara 128.jpg

fujigotenbakara 129.jpg

先を進みます。
fujigotenbakara 130.jpg

大きな岩
fujigotenbakara 131.jpg

え~!山頂までまだあんなに!
fujigotenbakara 132.jpg

お!やっと3000メートル。
fujigotenbakara 133.jpg

あともう少し!!
fujigotenbakara 134.jpg

な気がした。
fujigotenbakara 135.jpg

fujigotenbakara 138.jpg

山小屋が見えてきました。
fujigotenbakara 139.jpg

七合目の日の出館
fujigotenbakara 140.jpg

少しだけ休憩しました。
fujigotenbakara 141.jpg

fujigotenbakara 142.jpg

この色見てたらなんとなく、北岳の肩の小屋を思い出してしまった。
fujigotenbakara 144.jpg

fujigotenbakara 145.jpg

ここはわらじ館
fujigotenbakara 146.jpg

fujigotenbakara 148.jpg

景色がほんとうにきれい。
fujigotenbakara 149.jpg

fujigotenbakara 150.jpg

ここは工事中でした。
fujigotenbakara 151.jpg

これはある意味貴重な光景。
fujigotenbakara 152.jpg

砂走館
fujigotenbakara 153.jpg

2011年リニューアルオープンだそうです。
fujigotenbakara 154.jpg

砂走館にもトイレがあります。

バイオトイレ200円
fujigotenbakara 155.jpg

少し休んだら再び登ります。
fujigotenbakara 157.jpg

山頂・・・まだまだ遠い。
fujigotenbakara 158.jpg

このあたりにくると、他の登山客もかなり疲れてきている様子でした。
fujigotenbakara 159.jpg

fujigotenbakara 160.jpg

疲れていても、景色を楽しむ余裕はほしいですね。
fujigotenbakara 161.jpg

fujigotenbakara 163.jpg

空が透き通るようにきれい。
fujigotenbakara 164.jpg

fujigotenbakara 165.jpg

ここにも、かつて山小屋があったと思われるところが。
fujigotenbakara 166.jpg

山小屋は少ないけど、こういったところを目安に休む方も多いようです。
fujigotenbakara 167.jpg

岩が赤くなっています。
fujigotenbakara 168.jpg

fujigotenbakara 171.jpg

八合目、赤岩八号館に到着。
fujigotenbakara 172.jpg

富士山御殿場口、最後の山小屋となります。
fujigotenbakara 174.jpg

富士宮登山口の脇の道からも来ることができるらしく、

他の登山道よりもすいているので人気があるらしい。

なんと、宿泊客はカレーライスおかわり自由!
fujigotenbakara 175.jpg

山小屋の客室。

共同で二段ベッド。
fujigotenbakara 177.jpg

泊まるなら予約をしておいたほうがいいですね。
fujigotenbakara 178.jpg

メニュー表。

結構高いけど、こういうところで食べると美味しいんだろうな。
fujigotenbakara 179.jpg

少しだけ休憩。
fujigotenbakara 180.jpg

山頂を目指します!
fujigotenbakara 181.jpg

一歩一歩がきつい。
fujigotenbakara 183.jpg

大きく息を吸って体に酸素を取り入れます。
fujigotenbakara 184.jpg

ここにも山小屋のあと。
fujigotenbakara 185.jpg

登ってるはずなのに、山頂が近くならないように見えるのはなんでだろう。
fujigotenbakara 186.jpg

fujigotenbakara 187.jpg

標高3400メートル。あと少し!?
fujigotenbakara 188.jpg

fujigotenbakara 189.jpg

ここからがさらに過酷な道!
fujigotenbakara 190.jpg

山頂までジグザグ道が続きます。
fujigotenbakara 191.jpg

fujigotenbakara 193.jpg

fujigotenbakara 194.jpg

雲が登ってきました。
fujigotenbakara 195.jpg

予報は晴れだったけど、少し不安。
fujigotenbakara 196.jpg

fujigotenbakara 198.jpg

なんと!犬も登山していました!
fujigotenbakara 199.jpg

fujigotenbakara 201.jpg

ここまでくると、上から降りてくる登山客が

「あともう少しですよ、がんばってください」

と声をかけてくれるようになります。
fujigotenbakara 202.jpg

あと少しってどれくらいなんだろう・・・。
fujigotenbakara 203.jpg

大きな岩が目立つようになってきました。
fujigotenbakara 204.jpg

鳥居が見えてきた!!
fujigotenbakara 205.jpg

fujigotenbakara 208.jpg

おおお!
fujigotenbakara 209.jpg

ついに山頂到着!!
fujigotenbakara 210.jpg

fujigotenbakara 212.jpg

長い道のりでした!
fujigotenbakara 213.jpg

何度見ても富士山の火口は雄大ですごい!
fujigotenbakara 214.jpg

fujigotenbakara 215.jpg

fujigotenbakara 216.jpg

少し休みながらこれまでの道のりを振り返る。
fujigotenbakara 217.jpg

fujigotenbakara 218.jpg

fujigotenbakara 219.jpg

fujigotenbakara 220.jpg

この場所は、昨年奥様と登ったときに夜明けを待ったところです。
fujigotenbakara 221.jpg

fujigotenbakara 222.jpg

浅間神社へ。
fujigotenbakara 223.jpg

fujigotenbakara 225.jpg

富士宮口はかなり登山客が多い!

浅間神社の前も人がかなりいました。
fujigotenbakara 226.jpg

昨年、僕は

「山頂でプロポーズをします!うまくいきますように!」

とお願いしたので無事に結婚できたことを報告。

お願いしたら、ちゃんと報告しないといけませんね。
fujigotenbakara 227.jpg

無事に登ってこれたことに感謝し、無事に降りられるように祈願。

そして立派な家が建てられるようにもお願いしました。
fujigotenbakara 228.jpg

fujigotenbakara 229.jpg

最高峰の剣ヶ峰を目指します。
fujigotenbakara 231.jpg

他の登山道と全く違うと思ったのは、

高山病とかそういった症状が全然なかったことです。
fujigotenbakara 232.jpg

fujigotenbakara 233.jpg

fujigotenbakara 234.jpg

これが剣ヶ峰!
fujigotenbakara 235.jpg

fujigotenbakara 236.jpg

fujigotenbakara 237.jpg

この道がきつい!
fujigotenbakara 238.jpg

三角点までかなりの行列。
fujigotenbakara 239.jpg

fujigotenbakara 240.jpg

写真を撮ってる方がたくさんいるようで、行列はかなり長い。
fujigotenbakara 241.jpg

何度も行ってるし、天気も不安なので下山することにしました。
fujigotenbakara 243.jpg

本当は御鉢めぐりもする予定でしたが、

登るのに思った以上に時間がかかったのでやめました。
fujigotenbakara 244.jpg

少し広い所で昼食。
fujigotenbakara 245.jpg

富士山の上でおにぎりを
fujigotenbakara 247.jpg

fujigotenbakara 248.jpg

fujigotenbakara 249.jpg

fujigotenbakara 250.jpg

fujigotenbakara 251.jpg

再び、御殿場口の登山道に戻り、下山します。
fujigotenbakara 252.jpg

長くなってしまったので、

下山の報告はまた次に紹介します。



ガンダム地上に立つ! 静岡ホビーフェアに行ってきました!

2010-09-12 (Sun) 15:10[ 編集 ]
静岡市を走っていくと・・・

!?
gandamutokaex 005.jpg

なんだ!?

あの白いモビルスーツは!?

早速近くのグランシップのところにある駐車場に車を停めて行ってみます!
gandamutokaex 001.jpg

あれは・・・

ガンダム!!
gandamutokaex 008.jpg

そう、僕たちは静岡ホビーフェアにきているのです!

静岡ホビーフェアの期間は

2010年7月24日(土)~2011年3月27日(日)までです。
gandamutokaex 010.jpg

なぜ静岡でホビーフェア?

と思う方もいるかもしれませんが、

静岡には模型メーカーの大手

タミヤがあり、模型の町としても有名なんです。
gandamutokaex 002.jpg

会場の案内。
gandamutokaex 013.jpg

みどころはやっぱりこれでしょう!
gandamutokaex 012.jpg

実物大ガンダム!!
gandamutokaex 011.jpg

遠くから見ると

「あれ?こんなもの?」

なんて思うのですが、近くで見るとやっぱり大きい!
gandamutokaex 014.jpg

お台場ラーメンフェア?もやってました。
gandamutokaex 015.jpg

後でたべにこよっと!
gandamutokaex 018.jpg

ガンダムをもっと近くで見てみましょう。
gandamutokaex 020.jpg

少し高い所で写真を撮ってくれるサービスも。
gandamutokaex 021.jpg

ビームサーベル?(正式名称は知らない)も置いてありました。
gandamutokaex 022.jpg

いよいよガンダムの下へ。
gandamutokaex 025.jpg

gandamutokaex 026.jpg

でかい!!
gandamutokaex 027.jpg

gandamutokaex 028.jpg

顔が見えない。
gandamutokaex 030.jpg

gandamutokaex 031.jpg

足の一部。
gandamutokaex 033.jpg

後姿。
gandamutokaex 035.jpg

gandamutokaex 039.jpg

ガンダムってあんまり詳しくないけど、

そんな僕でもかっこいいと思いました!
gandamutokaex 040.jpg

gandamutokaex 041.jpg

近くの売店。
gandamutokaex 042.jpg

ガンダムカフェ。
gandamutokaex 043.jpg

gandamutokaex 044.jpg

ガラガラですが・・・普段はもっと人が来るそうです。

逆にあんまり混んでると僕はきたくない。
gandamutokaex 045.jpg

オフィシャルショップ。
gandamutokaex 050.jpg

ここでしか買えないやつもあるのだとか!?
gandamutokaex 046.jpg

gandamutokaex 047.jpg

gandamutokaex 048.jpg

gandamutokaex 049.jpg

さて、楽しみにしていたラーメンを食べましょう!
gandamutokaex 051.jpg

奥様が食べたのはせたが屋のラーメン。
gandamutokaex 052.jpg

僕は富山ブラック。
gandamutokaex 053.jpg

美味しかったです!

暑かったのに、スープのみほしちゃいました。
gandamutokaex 054.jpg

せっかくなので、ホビーミュージアムにも行ってみました。
gandamutokaex 078.jpg

模型の歴史とか、
gandamutokaex 055.jpg

昔の模型などが展示されてました。
gandamutokaex 056.jpg

写真の右側の「乳牛の秘密」というプラモデルにみんな注目してました。
gandamutokaex 057.jpg

gandamutokaex 058.jpg

戦車とか、そういった模型。
gandamutokaex 059.jpg

gandamutokaex 060.jpg

gandamutokaex 061.jpg

マジンガーZ
gandamutokaex 062.jpg

スターウォーズから、スターウォーズの偽者みたいなものまでありました。
gandamutokaex 063.jpg

なにかと話題の宇宙戦艦ヤマト。
gandamutokaex 064.jpg

キャラクターを見ると歴史を感じますね。
gandamutokaex 065.jpg

gandamutokaex 066.jpg

ナウシカの模型!?
gandamutokaex 067.jpg

gandamutokaex 068.jpg

gandamutokaex 069.jpg

プロの方が作ったプラモデルの展示もありました。
gandamutokaex 070.jpg

gandamutokaex 071.jpg

gandamutokaex 072.jpg

この大きなものも模型?
gandamutokaex 073.jpg

え!?宮崎駿監督が作ったプラモデル!?
gandamutokaex 074.jpg

かっこいい~!
gandamutokaex 075.jpg

タミヤといえば、ミニ四駆ですね。
gandamutokaex 076.jpg

gandamutokaex 077.jpg

ものすごく暑かったけど楽しかったです!

今年も大きなパフェを食べてきました。

2010-09-12 (Sun) 14:34[ 編集 ]
キャッツカフェで大きなパフェを食べてきました。
gandamutokaex 084.jpg

暑い夏でしたが、

パフェ好きの僕としては一年に一度は食べておかないと。
gandamutokaex 081.jpg

去年食べたものよりも一回り小さいものを頼みましたが、

十分でした。
gandamutokaex 082.jpg

冷たいアイスが最高に美味しかったです!
gandamutokaex 083.jpg


太平洋岸サイクリングロード 浜岡砂丘から袋井市まで

2010-09-12 (Sun) 08:18[ 編集 ]
久しぶりにサイクリングに行きました!

以前から行きたいと思っていた太平洋岸サイクリングロードへ!
natuhaba 006.jpg

水田の稲穂が金色に輝いていました。
natuhaba 007.jpg

natuhaba 008.jpg

浜岡砂丘に着きました。
natuhaba 010.jpg

natuhaba 011.jpg

せっかくなので砂丘も見てきました。
natuhaba 015.jpg

砂に足をとられて歩きにくい。
natuhaba 016.jpg

海がきれい。
natuhaba 018.jpg

natuhaba 019.jpg

それでは、再び自転車に乗り、

いよいよ太平洋岸サイクリングロードへ!
natuhaba 024.jpg

natuhaba 025.jpg

地図。
natuhaba 026.jpg

natuhaba 027.jpg

しばらく走っていくと海が見えてきます。
natuhaba 029.jpg

natuhaba 030.jpg

海だ!
natuhaba 031.jpg

こうして海を見ながら走るのは久しぶり。
natuhaba 032.jpg

natuhaba 033.jpg

風はありましたが気持ちよかったです。
natuhaba 035.jpg

natuhaba 036.jpg

時々、こうした砂の多いところがあって

走りにくいところもありました。
natuhaba 038.jpg

でも、車も来ないし、信号機もないので本当に快適!
natuhaba 039.jpg

natuhaba 041.jpg

natuhaba 042.jpg

しばらく走ると潮騒橋が見えてきます。
natuhaba 044.jpg

潮騒橋
natuhaba 045.jpg

この橋も歩行者、自転車専用です。
natuhaba 046.jpg

奥様と初めてのデートで来た思い出の場所でもあります。
natuhaba 048.jpg

舗装されてない道も・・・

僕の自転車はこういう道は苦手。
natuhaba 051.jpg

natuhaba 053.jpg

natuhaba 054.jpg

しゃちほこの置いてある橋。
natuhaba 055.jpg

しばらく走ったので、曲がって袋井市の方へ。
natuhaba 057.jpg

こっちの方もきれいな稲穂が・・・。
natuhaba 058.jpg

natuhaba 059.jpg

かなり暑かったです。
natuhaba 060.jpg

のどが渇いて死にそう・・・。
natuhaba 061.jpg

natuhaba 062.jpg

袋井市、エコパの近くです。
natuhaba 063.jpg

natuhaba 064.jpg

natuhaba 065.jpg

natuhaba 066.jpg

ものすごく暑かったけど、

久しぶりに良いサイクリングができました。


ピザの宅配サービス初体験!

2010-09-12 (Sun) 07:51[ 編集 ]
アパートに届いていたピザの広告。
natuhaba 001.jpg

僕はピザの注文ってしたことがありませんでした。

それに、今度引っ越すところはピザ屋が近くにないので

注文をするのは今しかない!

ということで、注文しました。
natuhaba 002.jpg

高いな~と思いましたが、

すごいおいしそう!
natuhaba 003.jpg

natuhaba 004.jpg

natuhaba 005.jpg

ピザってそんなに食べる機会もないしたくさん食べたいとも思いませんが、

たまにこうやって食べるとご馳走みたいでおいしいです。

EXILEのコンサートに行ってきました!

2010-09-12 (Sun) 07:44[ 編集 ]
子どもから親の世代まで、

幅広い年齢層で大人気の

EXILE
gandamutokaex 172.jpg

袋井市のエコパでコンサートがあるので行ってきました!
gandamutokaex 165.jpg

gandamutokaex 164.jpg

・・・と言ってもエコパの外だけですが・・・。
gandamutokaex 169.jpg

チケットが入手できませんでした。
gandamutokaex 171.jpg

エコパはもともとよく散歩に行くところですが、

その時にコンサートのことを知っただけです。
gandamutokaex 174.jpg

でも、せっかく散歩に行くコースだからコンサートの

様子だけでも見てみたい。

と思い、行ってみました。
gandamutokaex 176.jpg

エコパスタジアムから熱唱が聞こえてきました!

最高!
gandamutokaex 179.jpg

みんなコンサートに行っているから人はこれだけなんですが・・・。
gandamutokaex 180.jpg

夜になるとこの有様。
gandamutokaex 085.jpg

いつもは夜は車も殆ど通らないのにこの混雑のしよう。
gandamutokaex 089.jpg

時々クラクションや怒号が聞こえましたが、

せっかくコンサート楽しんだんだろうから楽しく帰ろうよ。
gandamutokaex 093.jpg

gandamutokaex 094.jpg

gandamutokaex 097.jpg

いいな~。

今度やるときは是非中で見たいです。





夫婦滝 川根本町

2010-09-12 (Sun) 06:04[ 編集 ]
塩郷の吊橋の近くに、夫婦滝というものがあります。

吊橋に行けば看板があるのでわかると思います。

近くの売店の脇を通っていきます。
gandamutokaex 126.jpg

この道に入っただけで体感温度がかなり下がり、涼しい。
gandamutokaex 127.jpg

gandamutokaex 129.jpg

川が見えました。
gandamutokaex 130.jpg

滝までは歩いてすぐです。
gandamutokaex 133.jpg

これが夫婦滝
gandamutokaex 135.jpg

gandamutokaex 138.jpg

二つの滝が仲良く流れていきます。
gandamutokaex 142.jpg

この日は猛暑でとても暑かったのですが、涼しい体験ができました。
gandamutokaex 154.jpg

gandamutokaex 155.jpg

gandamutokaex 156.jpg




塩郷の吊橋 恋金橋

2010-09-11 (Sat) 06:35[ 編集 ]
川根路と呼ばれる、大井川沿いの道を走り、

塩郷と呼ばれるところを通ると、

道路の上の方に吊橋があるのが見えます。
gandamutokaex 157.jpg

これが塩郷の吊橋。

恋金橋です。
gandamutokaex 125.jpg

この恋金橋という名前は少し前に決まったらしいのですが、

この名前に決まったのを知ったのはつい最近。

ナニコレ珍百景という番組でも紹介されましたが、

子どもの頃からこの橋を知っている僕は

「これのどこが珍百景なの?」という感じです。
gandamutokaex 104.jpg

川根はアウトドアなどで大人気なので、

結構立ち寄る方も多いらしく、ちゃんとした駐車場もできました。

車を停めて早速行ってみました。
gandamutokaex 105.jpg

gandamutokaex 106.jpg

揺れますが安全な橋。

手ぶらでだって渡れます。

民家の屋根の上を歩きます。
gandamutokaex 107.jpg

眼下には道路。
gandamutokaex 108.jpg

gandamutokaex 109.jpg

見えるのは塩郷ダム。
gandamutokaex 110.jpg

遠くから見るとたいしたことないように見えますが、

見下ろすと結構高い。
gandamutokaex 112.jpg

gandamutokaex 113.jpg

gandamutokaex 114.jpg

向こう側に着きましたが、特に何かがあるわけではない。
gandamutokaex 119.jpg

gandamutokaex 118.jpg

引き返します。
gandamutokaex 120.jpg

大井川にどう見ても誰かが放流したとしか考えられない大きな鯉がいました。

観光用に誰かが入れたものかもしれませんが・・・

不自然に見えるのでこういうの僕はあんまり好きじゃありません。

こういうのやって環境を悪化させた○○市の例もありますし・・・。
gandamutokaex 121.jpg

gandamutokaex 122.jpg

再び道路の上。

短いスカートの方は気を使うかもしれませんね。
gandamutokaex 124.jpg

近くに来たら、是非立ち寄ってみてください。
gandamutokaex 158.jpg


川へ泳ぎに行きました。

2010-09-11 (Sat) 06:07[ 編集 ]
今年の夏は暑かったですね。

川へ泳ぎに行ってきました!
gandamutokaex 100.jpg

海もいいけど川もいい!

結構川も混むのですが、僕は穴場スポットを知っている!

見てください!

このきれいな川!
natuhaba 120.jpg

とぉーくで釣りをしている方がいましたが、

誰もいない、きれいなプライベートな空間です。
natuhaba 119.jpg




ところが、後日きてみたら、

川はこうなってました。
gandamutokaex 103.jpg

雨が少ないせいなのか?川岸の付近に苔のようなものが

沢山生えていました。

潜っても苔が流れているのがたくさんみえました。

来年もまたきたいです。

憧れのキリギリス

2010-09-11 (Sat) 05:36[ 編集 ]
夜、奥様と散歩によく出かけます。

公園を歩いているときに、キリギリスが鳴きながら

歩いているのが見えました。

キリギリスは前から捕まえようと思っていたのですが、

声はよく聞こえるけど、なかなかどこにいるかわからず、

捕まえられませんでした。

これはチャンス!

ということで捕まえました。
natuhaba 122.jpg

保育園で飼われています。



迷い虫

2010-09-11 (Sat) 05:26[ 編集 ]
家にいるとき奥様が悲鳴をあげたので

行ってみたら虫がいました。
natuhaba 115.jpg

僕の奥様はかなり虫が苦手なので

こんなにちっちゃい虫でもかなり怖がります。

どこから入ったんだろう。

桶ヶ谷沼を早朝散歩 磐田市

2010-09-09 (Thu) 06:41[ 編集 ]
朝、早く目が覚めてしまったので、

自転車で磐田市の桶ヶ谷沼へ早朝サイクリング。

大きな地図で見る

桶ヶ谷沼ってバイパスからは見えるけど行ったことがない。
natuhaba 084.jpg

桶ヶ谷沼の近くにある桶ヶ谷沼ビジターセンター
natuhaba 085.jpg

ここでしか見られない珍しいトンボを紹介しています。
natuhaba 086.jpg

喫茶店のとんぼ茶屋
natuhaba 087.jpg

natuhaba 088.jpg

ビジターセンターに自転車を置いて散策します。
natuhaba 089.jpg

natuhaba 090.jpg

長い草が生えていて沼の中心の方が見えない・・・。
natuhaba 091.jpg

真ん中の方、亀が顔を出してます。

のどかに見えますが、これはアカミミガメで外来種。
natuhaba 092.jpg

小さいときはミドリガメと呼ばれてホームセンターなどに

大量に売られてますが、大きくなるとその辺に逃がしてしまう勝手な人が多いそうです。

この凶暴な亀が本来の日本の在来種を食べてしまい大問題になっています。
natuhaba 093.jpg

桟橋を歩きます。
natuhaba 094.jpg

あちこちでウシガエルの声がしました。
natuhaba 095.jpg

natuhaba 096.jpg

木の間を歩いていくと・・・
natuhaba 097.jpg

なにやら建物が。
natuhaba 098.jpg

ここで野鳥を観察することができるようです。
natuhaba 099.jpg

珍しいベッコウトンボの写真
natuhaba 100.jpg

natuhaba 101.jpg

桶ヶ谷沼ってこうなってたんだ。
natuhaba 102.jpg

たしかに、水鳥がたくさん見られました。
natuhaba 103.jpg

さらに奥の方に進んでいくと・・・
natuhaba 105.jpg

人がほとんど来ないらしく、

道が草ぼうぼうになってました。
natuhaba 107.jpg

僕はこういったところを歩く装備ではなかったので仕方なく戻ります。
natuhaba 108.jpg

natuhaba 109.jpg

natuhaba 111.jpg

早朝の散歩。気持ちよかったです。
natuhaba 112.jpg

natuhaba 113.jpg

トンボの羽化も見れるかななんて淡い期待もしてましたが、

羽化を見るには遅すぎたかな。

またお散歩に来たいです。



夕張メロンを大人食い!

2010-09-09 (Thu) 06:10[ 編集 ]
メロンを一個頂きました。
natuhaba 067.jpg

細かい網目が美味しそうです。
natuhaba 068.jpg

こういう機会って滅多にないですから・・・
natuhaba 070.jpg

ここは思い切って奥様と一緒に半分ずつ食べることに!
natuhaba 071.jpg

こういう食べ方はある意味夢ですね。
natuhaba 072.jpg

natuhaba 073.jpg

切ってから果汁がどんどんあふれてくる!
natuhaba 078.jpg

おいしかったです!
natuhaba 079.jpg

natuhaba 080.jpg


あきら結婚への道ep143 式が終わり、夢の後

2010-09-08 (Wed) 05:37[ 編集 ]
式が無事に終わり、アパートに帰ります。

持ち帰る荷物がたくさんあったので

花嫁のお父さんに頼み、車で送ってもらいました。

自分たちの持ち込み品のほか、

頂いた花束やいろんなものがたくさんありました。

アパートについて、荷物を整理。
kekkonnsikitoujitu 0492 (59).jpg

頂いたプレゼントも、本当にうれしかったです。
kekkonnsikitoujitu 0492 (60).jpg

花束もたくさん。

こんなに花束をいただけるときって

生涯この時しかないだろうな・・・。
kekkonnsikitoujitu 0492.jpg

アパートに戻って一息。

これまでの式の様子を花嫁様と振り返ります。

短い時間にいろんなことがあったな~!

準備期間、当日の夢のような時間。

そしていきなり引き戻される現実・・・。

結婚式なんて夢・・・というか絶対に自分はやらないと思っていた僕なので

奇跡のような一日でした。


花嫁と悩みながら、少しずつ準備をしてきました。

大変なときもありましたが、お互いの絆がより深まりました。


僕は本当に素晴らしい方と出会えたと思います。

僕とあう女性っておそらく世界中どこを探しても絶対に

いないと思います。

花嫁様と出会えた奇跡に感謝しています!


あきら結婚への道ep142 結婚式が終わって・・・

2010-09-06 (Mon) 17:47[ 編集 ]
結婚式が無事に終わりました。

夢のような時間があっという間に過ぎていきました。
kekkonnsikitoujitu 0492 (57).jpg

僕は友人たちに呼ばれ、いろいろと話をしました。

就職してから、友人たちとゆっくり話すことってそういえば

あんまりないかもしれないな。


控え室に戻り、きたときの服装に・・・。

なんだか、名残惜しい感じもしますが、

帰る支度をしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。