2012年01月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親を困らせる質問ベスト10発表」について

2012-01-22 (Sun) 20:26[ 編集 ]
ニュースを見ていたら

「親を困らせる質問ベスト10」というものがありました。

日本ではなく、イギリスでの調査らしいです。

ベスト10は以下のとおり。


1. なぜ昼間でも月が見える時があるのか。

2. なぜ空は青いのか。

3. 宇宙人を見つけられるか。

4. 地球の重さはどのくらいか。

5. 飛行機が空を飛ぶ仕組みは。

6. なぜ水はぬれているのか。

7. 割り算の筆算のやり方は。

8. 鳥やハチは冬にどこへ行くのか。

9. 虹の原理は。

10. なぜ地球には時差があるのか。


というもの。

なんかちょっと肩透かしした感じもします。

「赤ちゃんってどこからくるの?」

とかそういうものも絶対あると思ってた。

科学的には

この質問の返答についてはいろいろと意見があるようです。

もちろん、幼児にはそのままこたえてもだめだと思いますし

大きな子だからといってそのままこたえてもダメだと思います。

わからないことは調べてみようっていう気持ちも育てなきゃね。

幼児にあまり現実的なことを言ってもわからないかもしれません。

アルプスの少女ハイジのおじいさんがあんなに頑ななのに

ハイジの

「山が夕方になると真っ赤になるのはなぜ?」

といった質問に実にハイジに夢を与えるような言葉を投げかけています。

「明日もお前に会いたくて一日の終わりに一番きれいな姿を見せるから」

・・・といった感じだったかな?

保育園の3歳児の子が

「雲には乗れないよ。だって水で出来てるからってパパが言ってたもん」

・・・まあ、そうなんだけどさ。。


あんまり夢がないのもつまらない・・・と思うのは自分が大人だからでしょうか?

子どもって意外と現実を知りたいのかも。なんて思うこともあります。

ある意味、子どもって現実に貪欲なのかもしれませんね。

「夢のある答え」ってのも難しい気がする。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。