FC2ブログ

千葉山の智満寺 島田市

2009-04-22 (Wed) 21:51[ 編集 ]
千葉山智満寺の10本杉
千葉山 048

以前、島田市の千葉山へサイクリングに行ったときのこと。
千葉山 015

千葉山の清清しい空気に感動した僕でしたが、
千葉山 022

山の上の

「智満寺」

というお寺にも心を惹かれました。

休憩所の近く
千葉山 023

智満寺の入り口があります。
千葉山 026

ここにあった地図です。
千葉山 027

智満寺の地図
千葉山 027-up

階段の脇にあった滝
千葉山 075

階段を登っていきます。
千葉山 028

お地蔵様
千葉山 029

けっこう急な階段でした。
千葉山 030

入り口に仁王像
千葉山 031

智満寺の本堂
千葉山 032

本堂でおまいり。
千葉山 035

智満寺の歴史だそうです。
千葉山 034

千葉山 034-up


千葉山 033

ここからさらに奥へ行きます。
10本杉があることは知ってましたので、ここにある木がその
10本杉の一本だと最初勝手に思ってました。
10本杉はもっともっと大きかったです!
千葉山 037

10本杉の地図
千葉山 036

この地図、写真に撮っておいてよかったです。
上の方に地図があるわけではないので、この地図を頼りに
杉の木を探しました。
千葉山 036-up

千葉山 036-up-setu

登っていきます!
千葉山 038

まず見えるのがこの

頼朝杉
千葉山 072

源頼朝のお手植えだと言い伝えられてるそうです。
千葉山 073

10本杉は周りの木と比べると風格が違います・・・
千葉山 071

さらに登ります。
千葉山 040

木々に囲まれた道はとてもきれいです。
千葉山 039

けっこう登っていくと・・・ここが山頂!?
千葉山 041

標高496メートル
決して高くはないです。
木に囲まれて景色はほとんど見えません。
千葉山 042

この山頂の近くに
奥の院というところがあって、この付近に10本杉がいくつかあるのです。
千葉山 050

10本杉のひとつ、

開山杉は・・・倒木してました。
千葉山 043

倒れた木が横たわってました。
長く生きた木の重みが感じられます。
千葉山 066

この木は・・・
千葉山 044

10本杉のひとつ、大杉です。
千葉山 046

大きい!!
千葉山 045

千葉山 047

大杉のすぐそばにあるこの木が

10本杉のひとつ、達磨杉
千葉山 048

根元の近くが太いからこの名前がついたのだとか。
千葉山 049

ここで引き返そうと思いましたが、
思い直して先ほどの地図を見ると・・・
ほかにも近くに杉の木があることがわかりました。

散策していると・・・みつけました!

10本杉のひとつ、雷杉
千葉山 051

木の形が雷神の怒りに似ているからこの名前がついたそうです。
雷神の怒りって・・・?わかりますか?
千葉山 052

雷杉のすぐ近くにあるのが

10本杉のひとつ、つねたね杉
千葉山 055

この木、幹の中が空洞になってました・・・。
木洞です。
千葉山 053

いつかは朽ちて倒れるときが来るのでしょうか・・・。
千葉山 054

つねもち杉(手前)と雷杉(奥)
千葉山 057

10本杉のひとつ、
「一本杉」
千葉山 058

周りに木が密集してる中にあるので
全体が写真では撮れませんでした。
千葉山 059

千葉山 060

10本杉のひとつ
「つねもろ杉」
千葉山 061

枝の形、生え方がすごかったです。
千葉山 062

千葉山 063

10本杉のひとつ、
「もっそう杉」
千葉山 064

実はちょっと山の中で迷いました。
木を目指して歩きました。
千葉山 065

10本杉のうち、9本しか紹介してません。

子持杉という1本は倒れて残されていないそうです。

開山杉とあわせて2本なくなっているわけです。

いつかはやってくる寿命ですが、ちょっと寂しい気もしました。

山を降りていきます。
千葉山 067

木々の隙間から差し込む光がきれいでした。
千葉山 068

千葉山 069

こういうところが好きな方がいるので、
またその人と来たいと思いました。
千葉山 070

千葉山から見た風景
千葉山 078






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuakira.blog74.fc2.com/tb.php/1107-0660b503