スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモリの妊婦さんのお腹(写真付き)

2008-05-04 (Sun) 17:03[ 編集 ]
注意!!

生物の写真があります。

苦手な方は見ないように

お願いします!!



このごろビオトープの記事が続きますが、
1日のことを何度かに分けてアップしてるからです。

さて、メダカは今日はどのくらい卵を産んだかな~
と、ホテイアオイを持ち上げると、
根っこに赤と黒いものが見え、それは水の中へ落ちました。

今のは…もしや!?

そして、水草の方を見てみると
メダカの卵に混じって大きな卵が。

atarasiiburoguyoudayo 070


こんなに大きな卵はメダカのものではない。

あいつに違いない!!

僕はビオトープの中を
手探りで探しました。


なかなかいません。
水草の中に混じっているのでしょう。

数分後…



いた!!

atarasiiburoguyoudayo 073


イモリです。

atarasiiburoguyoudayo 074


去年もいましたが、ここで越冬したのか、
それともどこからか来たのか…
いずれにしてもどこから来たのか不明です。

こういう生き物って水辺がわかるんですよね。
不思議です。

卵があったのでお腹を確認してみると…

やっぱり!

atarasiiburoguyoudayo 076


見事なお腹!!

妊婦さんでしたか。

さっき水草の中にいたのは卵を
産み付けていたせいだと思います。

イモリさん!失礼しました!

atarasiiburoguyoudayo 077


じゃあね!
元気な卵を産むんだよ~!

苦手な方には強烈な写真だったかな…?



コメント

大きくなあれ!

様々な生き物のみなさんがあきら先生のビオトープに住んでいるのですね。にぎやかな家族のようですね。
これからも楽しみです。

うわっっ

イモリ苦手・・・。
お腹赤いんだもの。
同じく赤っぽいお腹のカメムシもダメ。
全身赤だったらこんなにビックリしないのに。

先日、近所の温泉へ行き、久し振りに露天風呂にへ入ったら
「虫がいる!」と子供たちが大騒ぎ。
虫ではなく、トカゲでした。
浴槽の淵のお湯がザバザバかかる様なところに居たんです!
平気なんだなあ・・・。

コメントありがとうございます。

りんごさん
僕のすんでるとこは田舎ですが、周りは道路とか家が多い所です。
田んぼとかも近くにないので彼らが一体どこから来るのかが不明です。
でも、お客は大歓迎なのでまた新しいのがいたら紹介します。
でも、今年はヤゴ(トンボ)は遠慮してもらおうかな…。トンボの羽化とか感動しますが、なにぶんメダカが食べられてしまうので…。

kaoriさん
そうでしたね。
イモリのお腹が苦手だった前に言ってましたね。
よく写真見られましたね…。
って、あのタイトルじゃ「妊婦」ってだれのことかわかりませんか。タイトルをちょっと変えておきます。
トカゲも温泉に入りたかったっていうわけではないと思いますが、露天風呂のあの岩とか自分で体温を作れない動物なので暖かい所が好きだったと思われます。
岩場はトカゲが住むには最適なようです。よくひなたぼっこしてますしね。

思い出しました!

子どもの頃キャンプに行った時、そこの子ども達はイモリのことを「あかはら」って呼んでいました。私はザリガニやカメ、おたまじゃくしをとってきては飼っていましたが、イモリは飼い方がわからなくて家には持って帰りませんでした。そういえば、私があおむしを捕まえてきて飼った時には何も言わなかった祖母が、毛虫を捕まえてきた時には「逃がしてきなさい」って言いましたっけ。毛虫に刺されたら大変だからって。私は毛虫が刺すことも知らずにただただ蛾に孵したかったんです。私にもそんな無邪気な頃があったんですね~(^^)あおむしはちょうになったんですよ。

コメントありがとうございます。

グレープさん
「あかはら」っていいですね。でも妖怪みたい。ネーミングにもセンスが問われますね。
毛虫は、見た目がグロテスクでも実は安全なやつもいたりしますがおばあちゃんが心配するように中には電気虫のようにあぶないやつもいますから注意ですね。自分からあまり触ったりはなかなかしないと思いますが。見た目があまりよくないのは触るなって言う警告かもしれませんね。
あおむしの羽化は感動しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuakira.blog74.fc2.com/tb.php/579-51fcbc9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。