スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成!! ピカピカに光る泥団子

2008-06-07 (Sat) 13:35[ 編集 ]
いよいよ完成です。

磨きの作業を30分~1時間くらい続けると
表面がつるつるになると思います。


白い粉がついていると思うのでジャージやストッキングなどで
汚れを取るように磨きながらふき取ります。


僕のお勧めはジャージをはいて直接磨くことです。

ジャージでこする


足の筋肉で、壊れるくらい強くやってしまうことはないです。
これならたったままできます。

動画(これは座ってますが・・・)



完成!!
atarasiikameranojikkenn 271


う~ん、今回はまだちょっと表面にざらつきがあるかな。
ブログ用に早急に作ったせいかな(←言い訳)。



ところで




鋭い方はお気づきだと思いますが、
ビニール袋に入れて水分をある程度出したと言っても
実はまだまだ泥団子の中には水分があるのです。

ですので、上の泥団子はこのままでは乾燥したときには
水分が表面を壊してしまって光を失ってしまうわけです。


だから、袋に入れてその後磨く、といった作業を何度か繰り返す必要があります。

水分が泥団子から完全に抜けるぎりぎりを見極める必要がありますね。

これができればいつまでも光を失わない、ぴかぴかの光る泥団子ができますよ。




コメント

感激しました~!

すっすごいですね~!本当にすごくきれいにピカピカテカテカ光るんですね(^^)泥団子って奥が深いんですね。ものすご~く作りたくなってきました!一度チャレンジしてみますね!教えて頂いてありがとうございます。

コメントありがとうございます。

グレープさんへ
作ってみたくなったとあればよかったです。
ここで紹介してるのは保育中にやっていたものです。
もっと集中すればもっといいものができるのかも・・・しれませんが、子どもを驚かせたいという思いが泥団子を光らせるのかも!?なんて。
できたら喜んで。失敗したら子どもと一緒に悲しんで・・・同じ目線に立てるのもこの泥団子のいいところかもしれませんね。

あんなにザラザラだったのに。
ピカピカですねv-352
不思議・・・。
最初に思いついた人は本当にすごい。
それを再現できる人もすばらしい。


・・・先生、半ズボンですか?
最初のイラストを見た後に映像だったので、てっきり長い丈のジャージかと・・・。
ちょっと、びっくりしました。

光るどろだんご、一時期流行りましたね。
バラエティー番組とかでもやってた。タモリとかウッチャンナンチャンが。

コメントありがとうございます。

kaoriさんへ
半ズボンですよ^^
裾を引っ張ってるのはしわをつくらないためです。
最初に思いついた人は確かにすごいですよね。

ふるしおんさんへ
子どもには流行とかあまり関係ないですよね。
好きなものがあればひたすらやる。
昔から伝承遊びがあったりするのは子どもの遊びに流行がないからだと思います。
ウッチャンナンチャンのは僕も見ました。ただ、「審査をしてできの悪いものはハンマーで壊す」という内容は製作者側が泥団子をまったく理解していなかったのがわかり見ていて不快でした。

はじめまして

今学校で泥だんごの課題が出ています。
いろいろな場所の土をブレンドして配合量を変えて作っていたのですがうまくいきません。
プリントを見たり、たくさんのサイトを参考にして作っていてもできなくて試行錯誤している最中です。
ここの土の様子を見ていたらふつうに家の前にあるものが一番適しているような気がしました。
また、土だけでなく、水分が多すぎるということにも気付きました。
最初土がべちゃべちゃに水っぽくなるまで水を含ませていて、必死に水分を抜きながらやってたのです。。
成形できても中の水分が多すぎて次の土をかける工程にいくとすぐ割れてしまっていました。(土も粘土質すぎたのでしょうか…)
水は土全体に行き渡るくらいでいいのですね。

写真の様子や表現がとてもわかりやすく、本当に参考になります。
GWはほぼ毎日何時間も泥だんご作りしていたのに、1個も成功せず、疲れ果てていたところだったので助かりました。
今日からは成功しそうな気がします!やる気がわいてきました!!

本当にありがとうございます^^

長文失礼いたしました。

コメントありがとうございます。

joyさんへ

僕のブログを参考にしてくださってありがとうございます。

「学校で泥団子の課題」
というのはどういう学校なんでしょうか。

ゴールデンウィーク中も泥団子を作っていたとのこと。
がんばりましたね!
ブログではわかりにくいので直接教えたいとも思いました。

泥団子は土が一番重要ですね。
多少水が多すぎても水を搾り取っていけば
土をかける段階で割れるということはないような気がします。
水を搾り取って丸めていく時にある程度の堅さがないと
この時点で土に問題があります。

僕は保育園の庭などの土をそのまま使っているので
配合とか実はよくわかってません。

僕は昨日も保育園の子どもたちと泥団子を作りました。

お忙しい中返事をくださってありがとうございます。

私が所属している大学の学部は児童なので、幼稚園教諭・保育士・小学校教諭などさまざな職種を目指している人がいます。
今回の課題はその授業の中で出されました。

ゴールデンウィークはお昼から始めたのにいつまにか夜になっていて…と毎日そんな感じで、1人でやっているのでかなり精神的にやられていました。(笑)
本当に先生に直接教えていただきたいくらいです。
小さい頃に光る泥だんごを作った経験がなく泥だんご作りも下手だったため、得意な方に助けを求めたくてすがる思いでいろいろなサイトを見ていました。

そういえば今まではいくら水を搾り取っても固くならず、丸くしたときにふにっとしていた気がします。
やはり粘土質が多すぎたんですね。
昨日家の前にある土でやってみたら一発で出来ました!
お陰さまでなんと5つも土をかけて丸くするところまでいきました!感無量です。
1日ビニール袋に入れて休ませたので、今からまた土をかける作業に入ろうかと思っています。

あまり深く考えない方がいいのかもしれません。
学校でいろいろ言われるとつい神経質になってしまって…。

子どもたちと泥だんご作り。
とっても楽しそうですね!
私も子どもたちと一緒にできるようしっかりマスターしたいです。

コメントありがとうございます!

joyさんへ

児童課の課題として出されたんですね。
どういった目的でこれをやるのでしょう。

ただ光る泥団子をつくるだけではなく、
実際にやってみて楽しさがわかり、
子どもと同じ気持ちになれること、
子どもの目線に立てること。
これが大事な気がします。

光る泥団子を作るというのは、
大人でもやってみたいと思うくらいの
魅力がありますね。

確かに深く考えないほうがいいかもしれませんね。
がんばってみてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuakira.blog74.fc2.com/tb.php/629-c1bfe5da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。