スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒキガエル(蟾蜍)

2008-08-03 (Sun) 05:26[ 編集 ]
注意!!
両生類などの生物が苦手な方は閲覧をご遠慮下さい!
もし見たい場合は心臓に気をつけてください!





昔々のことです。



僕はカブトムシをとりに一人で真っ暗い山奥に行きました。



カブトムシを捕まえ、意気揚々と帰ろうとすると




どこからか視線を感じました。



こんな山奥に・・・



誰かいるのか!?



僕は視線の感じるほうを見ました。



そこには



















大きなヒキガエルが!!
テスト写真 504

こんなに大きなカエル!

カエルというと、アマガエルやトノサマガエルのような
小さなカエルしか知らない子どもたちに見せてあげようと
虫かごに入れて持って帰りました。

体長は15センチ以上!
テスト写真 502

のそのそ歩いて虫を食べていたようです。

ヒキガエルは山に住んでいて、
産卵の時以外は水のあるところには来ないそうです。

産卵というと、メスの上にたくさんの雄が競うように集まる
ヒキ合戦が有名ですね。
嫌いな人にはたまらない光景だと思います。

じっとして殆ど動きません。

体を膨らませて威嚇したり
体から毒を出して食べられないようにするみたいです。

このポーズ・・・貫禄ありますね。
テスト写真 505

天敵はヤマカガシと言われてます。

ヤマカガシというと猛毒があることで知られてますが、
ヤマカガシが毒があるのはこのヒキガエルを食べ、その毒を
体に蓄積させるからだと言いわれてます。

体も大きいし、毒もあるので飼うには難しいようです。

排泄物を見たら食べたと思われるコオロギのような虫やらなにやらが出てきました。
それがかなりの数だったので、ものすごくたくさん食べるんだと思います。
テスト写真 503


ヒキガエルというと油が薬になるとのことですが・・・。
どうなんでしょうね。


ところで

ヒキガエルって漢字で


「蟾蜍」こう書くんですね。

なんで「蛙」じゃないんだろう。
漢字って奥が深い。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuakira.blog74.fc2.com/tb.php/699-c1c1c4e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。