FC2ブログ

僕の彼女を紹介します

2008-11-22 (Sat) 06:07[ 編集 ]
いや、そういう意味じゃなく・・・。

僕の彼女を紹介します僕の彼女を紹介します
(2006/04/14)
チョン・ジヒョンチャン・ヒョク

商品詳細を見る


トレイラーこの曲は映画のオープニングで使われてますが
ある重要な場面でも使われてて、聞くだけで感動します。


コメディーとか、恋愛とかお笑いとかそしてファンタジー?
いろいろな要素が詰まってる・・・なんて単純なもんじゃありません。

やばいです。

かなり泣きました。


この映画の公開当時、
彼女のいなかった僕にとっては

これ以上ないくらいイヤミなタイトル。
だれがてめえの彼女なんかみるかよ!!

なんて思ってましたが(笑)、
ある方にすすめられて見てみました。

正直、そうでもなければおそらく死ぬまで見なかったと思う。

オープニングでいきなり主人公の女性が自殺しようとしています。

ビルから落ちる彼女・・・

話は前に戻る・・・。

警官である主人公の女性が後の恋人となる男性を誤って逮捕してしまう。

破天荒な印象を受ける彼女。
そしてちょっとふざけたような展開。
そしてつきあいはじめるふたり・・・。

こう見ているとオープニングがいっそう不可解なものに見えてきます。
それに感動するとも思えない・・・。

なぜああいう展開になるのか・・・?

最初に「彼女は何色にも染まらない」
なんて言ってますが、
なによりも強い印象をうける彼女のほうが彼のほうに惹かれていくさまが
とても印象です。

そしてあんなに強かった彼女がかわいらしく見える。


中盤から後半にかけて涙がたくさん出ました。

突然引き裂かれる二人、
そして自殺しようとする彼女。
彼女に訪れる奇跡とは・・・?


見終わった後も映画のいろいろな場面が
思い出されました。

その後DVDはそのままになってましたが再び映画がはじまり、
オープニングが始まるとまた泣けてきました。


この映画は賛否両論みたいで、
特に後半のファンタジックな展開は
受け入れられない人が多いみたいです。
特に男性からは。


でも

僕はとても好きです。


それにしても、あっちの国の女優さんはなんだか純粋な感じがしますね・・・。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuakira.blog74.fc2.com/tb.php/882-6f554166